ダンジョンリセット

ぽち
ダンジョンリセット 22話23話24話について読んでみたので感想を書いてみたよ

今回は無料漫画配信アプリ「ピッコマ」で配信されている
「ダンジョンリセット」の22話〜24話をちょっとネタバレを入れながら紹介していきます。
21話にてゴーレムを2体作った事で大幅な戦力強化を図った奏多でしたが、モンスターが大量にいる地上は危険だと判断し地下へ避難を試みますが、突如目の前に岩石層が現れた事で進めなくなってしまいました。
そんな奏多が、今後どうやって次のステージエリアへ行くのか注目の22話となっています。

前回 いまここ! 次回
21話 22話23話24話 25話


>>「ダンジョンリセット」全話のネタバレはこちら!

ダンジョンリセット|22話までのお話

次のステージへ向かう為、死の山脈に来た奏多はステージ1の外側に足を踏み入れ、ステージ1のボスモンスターを倒して手に入れた「土ゴーレムの核」を使い、6足歩行のゾウ型ゴーレムを作成します。
その後奏多はさらなる戦力アップを図る為、再びボスモンスターを倒し「土ゴーレムの核」を手に入れ2体目のゴーレムとしてゴリラ型ゴーレムを作り出します。
ダンジョンがリセットされた事で、大量のモンスターが奏多達に襲い掛かってきますが、ゴーレム達と共に展望台から安全にモンスター達を倒していった結果、奏多のスキルがレベルアップしていきます。
戦力はアップしたものの地上を移動するのは危険だと判断した奏多は、ネズミの群れを回避しながら地下を移動する為、穴を掘り進めていきます。
順調に穴を掘り進めていた奏多でしたが、目の前に突如岩石層が現れました。

ダンジョンリセット|22話のあらすじとネタバレ

地上はモンスターが多く危険だと考えた奏多は、地下を移動して先へ進もうと考え地下を掘り進めていましたが、岩石層が障害となり先へ進む事が出来なくなった為、1度地上へ戻る事を決めます。

地下を移動せずにネズミの群れを避けるには、展望台を作りながら移動するしか方法が無いと考えた奏多はネズミの群れに対抗する為、新たにゴーレムを増やして戦力の増強を図ろうと考えます。

奏多はダンジョンリセットにより新たに出現したステージ1のボスモンスターを再び倒して「土ゴーレムの核」を手に入れ、それを使って2体目となるゴリラ型ゴーレムを完成させます。

ゴーレムが増えた事とマスターレベルとなったスキル「泥だんご職人」によって大きさと重量がアップした土塊を作れるようになった事で、奏多の戦力はさらに強化されていきました。

地下と違う地上の想像以上の寒さに耐え切れなくなった奏多は、モンスターの攻撃を防ぐ安全性と寒さ対策を兼ねてゾウ型ゴーレムの改造を始めます。

寒さ対策としてゾウ型ゴーレムの内部に床暖房の機構を取り入れた事で「床暖房を作りました」のノルマを達成し、スキル「床暖房」を手に入れました。

その後も奏多は、ダンジョンがリセットされる度にボスモンスターを倒し「土ゴーレムの核」を手に入れゴーレムを増やし続け、2ヵ月程経過した頃にはゾウ型ゴーレム1体とゴリラ型ゴーレム4体の計5体にゴーレムが増え、大幅な戦力増強に奏多は成功しました。

ダンジョンリセット|23話のあらすじとネタバレ

険しい山脈を移動する為、改造したゾウ型ゴーレムに乗りながら死の山脈を進んでいき、遂に奏多は頂上に到達します。
頂上に到達した奏多が周囲を見渡すと、ステージ1のボスモンスターが居た場所と似た遺跡を発見し、ダンジョンのエリア外にも関わらずなぜ遺跡があるのか疑問に思いながら奏多は遺跡へと向かいます。

遺跡に来た奏多は不安を感じながらも、5体のゴーレムがいるという安心感から遺跡へと足を踏み入れます。

遺跡の入口にはステージ1の遺跡には無かった変わった色の石像があり、奏多がその石像を気にしながら遺跡へと入った時、突然石像が動き出し奏多に襲い掛かります。

ゴーレム達に足止めを指示するも、想像以上に強い石像を相手に土のゴーレム達では全く刃が立たずにやられてしまいます。

ゴーレム達が回復している間、奏多が石像に向けて土塊を投げつけ時間を稼ごうと試みますが、マスターレベルで強度もアップしているはずの土塊でも石像にダメージを与える事が出来ませんが、時間を稼ぐ為に必死で土塊を投げ続けます。

作戦を考える時間を確保する為、回復したゴーレム達で一斉攻撃を仕掛けますが、石像に簡単に振り払われてしまいピンチに陥ったその時、ゴリラ型ゴーレム4号が石像の動きを封じようと掴みかかりました。

ダンジョンリセット|24話のあらすじとネタバレ

石像を相手に全く歯が立たなかった奏多は、ゴリラ型ゴーレム4号を犠牲にして石像から逃げる決断を下します。

遺跡を離れると石像は追って来ず何とかピンチを脱した奏多は、なぜこんな所に遺跡があるのか考え始めます。
遺跡周辺にはネズミ達が全くいない事や、遺跡の中の石像がモンスターとしてマップに表示されない事等から、あの遺跡には秘密があると考えた奏多は、その秘密を暴く事を決意します。

それから1か月後、石像を相手に手も足も出なかった奏多は、石像に復讐を果たす為の準備をする為、死の山脈の中腹で巨大な岩の塊を割っていました。

奏多がなぜ巨大な岩の塊を割っているのか、それは石像から何とか逃げ通した1カ月前、石像との戦いから土では岩には勝てないと痛感し、石像に近い材質の武器が必要だと考えていた時、偶然「メタルハンマー」を見つけた奏多はこれを活用してゴーレム専用の武器を作ろうと考えます。

メタルハンマーを使い巨大な岩を地道に削っていき、新たに追加したゴリラ型ゴーレム1体の分も含めた5つの握斧を作っていた奏多は、新たにノルマ「石割りの達人!」を達成した報酬として「石割り」のスキルを手に入れます。

スキル「石割り」により握斧の製作スピードが格段に上がり、あっと言う間に目標数の握斧を作った奏多は、スキル「石割り」の特徴を把握する事に成功します。

その過程でメタルハンマーだけで岩を叩くと岩が粉々に割れる事を発見した奏多は、何度もハンマーで叩いていき岩を粉々にしていきます。

ハンマーで何度も叩き、まるで砂鉄のような細かさになるまで岩を粉々にした奏多は、粉々にした岩に対してスキル「泥だんご職人」を発動させます。

ダンジョンリセット|口コミ・感想こっそり紹介

  • 22話では圧倒的な戦闘力を誇るゴーレムが増産され過ぎてゴーレムのありがたみを感じられない状態となり、奏多が無双し出すのも近いのではと感じました。
  • 23話では強力なゴーレム達がいとも簡単にやられてしまい絶対絶命のピンチとなり、ここから奏多がどうやって石像を倒すのかとてもワクワクする展開でした。
  • 24話では新たに岩を材料とした武器を作っていく中、粉々になった岩に「泥だんご職人」のスキルを使ったシーンで終わったので次の回が非常に楽しみです。

ダンジョンリセット|次回25話の徹底予想

ぽち
ダンジョンリセット 22話23話24話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

24話で石像から逃げる為に失ったゴーレムの補充と岩を使ったゴーレム専用の武器を作った事で以前よりも奏多の戦力がかなり上がり、これだけでも石像と十分戦えるようになったのではないかと考えますが、24話のラストで粉々に砕いた岩にスキル「泥だんご職人」を使うシーンがあり、これにより岩も土塊のように様々な形状に変化させる事が出来るようになるのではないかと予想しています。
もしこれが出来れば、様々な武器作成だけでなく、岩で出来たゴーレムも作れるようになる展開がありそうなので、奏多の戦力がさらにアップする事になります。
ただこれまで使っていたのは「土ゴーレムの核」なので、岩で作ったゴーレムには使えないのではないかとも考えられるので、以前敗北してしまった石像との戦いがこれからの展開に重要なポイントとなりそうです。

まとめ

今回は、「ダンジョンリセット」 22話23話24話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!
次のステージへと向かう奏多でしたが、岩石層に阻まれ地下での移動が出来ず地上からの移動を迫られますが、新たなゴーレム作成とゾウ型ゴーレムの改造をする事でネズミ達の脅威を防ぐ事に成功します。
死の山脈山頂付近で見つけた遺跡で石像との戦いになり、圧倒的な戦力だと思っていた土ゴーレム達が手も足も出せずにやられてしまい、ゴリラ型ゴーレム1体を犠牲に奏多は何とか石像から逃げる事に成功します。
石像に復讐を果たす為、偶然見つけた「メタルハンマー」を使いゴーレム達専用の握斧を作る過程でスキル「石割り」を手に入れ、奏多は握斧の量産に成功します。
「石割り」スキルの実験をする中、ハンマーで岩を叩くと粉々になる事を発見した奏多は何度も岩をハンマーで叩き、まるで砂鉄のような細かさになった岩に対し「泥だんご職人」のスキルを発動させます。

前回 いまここ! 次回
21話 22話23話24話 25話


>>「ダンジョンリセット」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事