デイジー~公爵の婚約者になる方法~
デイジー~公爵の婚約者になる方法~

ぽち
デイジー~公爵の婚約者になる方法~ 6話7話8話について読んでみたので感想を書いてみたよ

この記事では、漫画「デイジー~公爵の婚約者になる方法~」の6話7話8話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

デイジーと侯爵の本格的な交渉がいよいよ始動していきます!
その気になる内容とは…?

以下、この記事にはネタバレを含みますのでご注意ください。

前回 いまここ! 次回
5話 6話7話8話 9話


>>「デイジー~公爵の婚約者になる方法~」全話のネタバレはこちら!

デイジー~公爵の婚約者になる方法~|6話までのお話

父の借金がきっかけで一度は不運な運命を辿ってしまったデイジーたち三姉妹。

ですが、デイジーは愛する人に裏切られ殺されてしまった前世の記憶を持ったまま、なぜかもう一度すべての始まりである「エッセル侯爵との出会いの日」に戻ってきます。

未来を変えるため、「エッセル侯爵を公爵にしてみせる」と宣言し、侯爵と交渉をすることになったデイジー。
ところが、前世では無かったはずの父の借金がさらに増額してしまった事実が新たに発覚!

デイジーと侯爵の交渉は、侯爵がより優位な立場となってしまいました。
6話以降は本格的な交渉が進んでいくようですが、一体デイジーはどうなってしまうのでしょうか…?

デイジー~公爵の婚約者になる方法~|6話のあらすじとネタバレ

侯爵が優位であるままに、本格的な交渉がスタートしました。

緊迫した雰囲気の中、侯爵は「デイジーの予言のお陰で事件に対処することができた」と言います。

デイジーが予言した「橋が落ちる」「トラが現れる」という2つの事件は、前世では新聞記事の一面に掲載されていたのですが、今世では二面に掲載されていました。
未来が変わっていたのは、侯爵が対策を行なったことが原因だったようです。

「なぜ未来が分かったのか?」と問う侯爵に、デイジーは自分にも切り札が必要なので話すことはできないと伝えます。
そしてデイジーは前世で見た記憶を頼りに、侯爵の望みは「公爵の爵位を取り戻すこと」「愛に溺れないこと」であると言い当てます。

「愛に溺れないこと」が望みの一つである理由は、これまでのシルベステン公爵家の成り立ちが関係していました。
シルベステン公爵家は、なんと代々女性問題によって破滅していたのです。
よって世間からは「天下を手に入れても、愛のために破滅するシルベステン公爵家」と言われていました。

侯爵もシルベステン公爵家の血筋です。
そのため、愛に溺れるのが怖いはずなのです。

そんな侯爵は、前世にて兄弟を殺して公爵の地位を取り戻しました。
そんなやり方よりも、平和で容易な道があると主張するデイジー。

その方法とは、遺言状の内容の通り「愛のある結婚をすること」でした。
お見合い相手を紹介するデイジーですが、侯爵はどの相手を見ても不服な様子。
そんな公爵に対してデイジーは、姉のローズが条件的にぴったりだと提案します。

デイジーよりもローズはマシなのかと問う侯爵に対して、デイジーは「自分と姉ではレベルが違う。それに自分は独身主義者だ」と伝えます。
「独身主義者である」という主張に対し、侯爵は動揺している様子。

前世では愛する人に裏切られ、殺されているデイジー。
愛は信じておらず、お金さえあれば結婚なんて必要ないと本音を話しました。

デイジー~公爵の婚約者になる方法~|7話のあらすじとネタバレ

デイジーは、お金がたくさんあり一人で生きていけるなら結婚はしなくても結構だと話します。

その話を聞いた侯爵は、デイジーが話した遺言状の内容を信じると言いました。
思いのほか簡単に信じてくれたことに呆気にとられるデイジー。
父の借金をどうするかについては後日聞くこととなりました。

場面は変わり、ローズと公爵になったキリアンが結婚する場面に…。
お祝いを言うデイジーに、三女のジャスミンが「デイジー姉様も結婚するじゃないの」と言います。
驚いたデイジーが振り返ると、そこには前世の婚約者アレンがいました。

一気に顔色が悪くなるデイジー。
ジャスミンに呼ばれる声で目を覚まし、それが夢であったことに気付きます。

しかし、様子のおかしいジャスミン。
なんとキリアン侯爵がデイジーに求婚書を送ってきたのだと言います。

浮かない顔を浮かべる姉のローズと、焦るデイジー。
求婚の承認は、本人ではなく父親に権利があります。
求婚を取り消してもらうため、デイジーはすぐにエッセル侯爵の元へ向かうため馬車に乗りました。

キリアン侯爵が自分のことを利用しているのだと思ったデイジーは、キリアン侯爵に対する憎しみを募らせます。
前世の婚約者・アレンと結局は同じ男であったのだと…。

デイジー~公爵の婚約者になる方法~|8話のあらすじとネタバレ

キリアンの祖父である先代公爵の遺言は「どんな女でも愛がある結婚をすればいい」というものでした。

侯爵はその話をすぐに信じ、行動してくれたのですがなんとその求婚相手はデイジーだったのです。

門番へ「キリアン・ド・エッセル侯爵に会いにきた」と伝えるデイジーですが、約束をしていないなら通すことができないと言われてしまいます。
ですが、デイジーは諦めずに「あなたの婚約者のデイジーが会いたがっている」と伝えてもらうように頼むとあっさりと通してもらうことができました。

応接室に通され、侯爵と再会したデイジー。
挨拶を交わすと、キリアン侯爵は「求婚書が気に入ったようだな」と口にします。

信じられないという様子で「なぜ自分に求婚したのか」と問い正すデイジー。
結婚なんてもうしないという気持ちでいたはずが、僅かにときめいてしまいます。

侯爵は「デイジーが自分を公爵にして借金まで返せる方法を選んだ」と言います。

怒りを隠せない様子のデイジー。
「なぜ自分が求婚相手なのか」と問います。

すると侯爵は「自分にしか決定権が無いデイジーとの関係が気に入ったからだ」と回答しました。
そして「自分と価値観が似ているところも気に入った」と…。
独身主義者で愛を信じていない部分が似ていると感じたようです。

侯爵はデイジーへ、「結婚後爵位を手に入れたら離婚する。デイジー本人も承諾し、正常な合意離婚をしたときは首都にある住宅一軒家と中心地にある建物を数軒、そして金貨5万枚を支払う」と記載されている誓約書を手渡しました。
これだけのお金があれば、ジャスミンを養ったとしても十分な暮らしをすることができます。

このまま申し出を断り、家に帰ったとしてもいつ父に売られてしまうかわかりません。
ですが、侯爵と結婚をすればそんな状況から逃れられることができます。

加えて、子供ができた場合はさらに優遇する旨の条件が誓約書には記載されていました。
さらにもし子供ができたのなら侯爵が全責任を持つと言うのです。

そんな侯爵に対し、デイジーは「私が離婚したいときはどうすればいいか」と質問するのでした。

口コミ・感想こっそり紹介

家族のために問題を解決していくデイジーの勇気が光る6〜8話でした。
自立を目指すデイジーの頑張りを応援したくなります…!

キリアン・ド・エッセル侯爵の求婚の提案や条件は、デイジーにとってはとても好都合なものに思えます。
侯爵がデイジーを気に入っているように、今はいがみ合うことも多い二人ですが実は相性がとってもいいのかもしれませんね。

ですがここで忘れてはならないのが、三姉妹全員の幸せです。
デイジーが結婚することによって、ジャスミンを養っていく道は確保することができそうですが果たして姉のローズはどうなってしまうのでしょうか…?

キリアン侯爵のことを好きなローズも、救われる道があってほしいですね。

デイジー~公爵の婚約者になる方法~|次回9話の徹底予想

ぽち
デイジー~公爵の婚約者になる方法~ 6話7話8話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

デイジーが離婚したくなった時はどうしたらいいのかと聞かれた侯爵。
好条件ばかり提案していた侯爵なので、まさかこんな質問をされるとは思っていなかったはずです。

「離婚したいとデイジーが思わないように努力する」なんて、優しいセリフを冷血な侯爵の口から聞けるんじゃないかな…と期待しています!

まとめ

今回は、「デイジー~公爵の婚約者になる方法~」6話7話8話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!
6〜8話では、少しずつお互いの価値観を共有することができたのではないかと思います!
次回9話では、交渉を通してさらに距離が近づいていくのかもしれません。
ここからの甘々な展開に期待です!

前回 いまここ! 次回
5話 6話7話8話 9話


>>「デイジー~公爵の婚約者になる方法~」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事