かりそめの公爵夫人
かりそめの公爵夫人

ぽち
かりそめの公爵夫人、4話について読んでみたので感想を書いてみたよ

【かりそめの公爵夫人】4話の感想、ネタバレをしていきます。
今までのイヴォナは、ガスパルに頼り切り、自分からは何も行動しませんでした。
そのため彼に利用され、卑下されても「いつか愛が伝わり、2人で幸せになれる」と信じていました。
しかし、今のイヴォナはガスパルと離れ、自分の人生を切り開こうとしています。
急に態度が変わった彼女に対し、とまどい怒るガスパルたち。
小気味よい4話をお楽しみください。

前回 いまここ! 次回
3話 4話 5話


>>「かりそめの公爵夫人」全話のネタバレはこちら!

かりそめの公爵夫人4話の見どころ

ガスパルとの遠征を断ったイヴォナ。
しかし彼女の召喚術なしに功績をあげられない彼は、金銭的援助を打ち切ります。
ガスパルとしては、イヴォナが援助欲しさに泣きついてくるはずでした。
しかし、婚約破棄を希望している彼女からすれば好都合な展開。

男女の思惑がすれ違う今回。さあ、どうなる?

4話の【ざっくり概要】

ガスパルにはもう協力しないと伝えたイヴォナ。これに対し怒り心頭のガスパルは、彼女が泣きすがり謝罪するまで援助を打ち切ります。

しかし、今のイヴォナは自分のための人生を生きようとしています。

すがることで得られる援助より、魔力アップに必要なアイテムを集めはじめます。
そこへ、援助を切られて困ったイヴォナの父と、2人が仲違いするとガスパルと会いづらくなるトリスタンの2人がやってきます。

2人の目的は同じく、イヴォナをガスパルへ謝罪させ今まで通りの状態に戻すこと。

それぞれの思惑の行方は‥。

かりそめの公爵夫人|4話あらすじとネタバレ

今までガスパルの言うことならなんでも聞いてきたイヴォナでしたが、彼との訣別を決め、遠征への同行を断わります。

初めて反抗されたことに驚き、

腹を立てたガスパルはボルト家への金銭的援助を打ち切ります。

彼女にとってこれは想定内のことでしたが、焦ったのは彼女の父親です。
彼は援助される資金を自分の趣味嗜好のために使い倒していました。
これが途絶えれば、借金に苦しむことになります。

どうやら娘がガスパルの機嫌を損ねたらしいと知った彼は、憤慨して彼女のもとへ向かいます。

その時、ちょうどトリスタンと出会います。2人とも、イヴォナとガスパルが仲違いしてしまうと都合が悪い者同士です。

一方のイヴォナは、これからの新しい人生のため、今できることに精を出していました。
一年後の状況を知っているので、今のうちにと『キリダンの試薬(魔力アップアイテム)』の原料を集めていました。

彼女は、生まれて初めて自分のために生きていることに喜びを感じました

そこに帰ってきたイヴォナの父は、彼女の行動を怒鳴りつけます。
日焼けなどしたら価値が下がる!ガスパルに嫌われたらお前は無価値だ!援助が切られたらオレの借金はどうなるんだ!と、たたみ掛けます。

これに対し、イヴォナは『借金は自分のせいだから私には関係ない』と突っぱね、彼女の父親は怒りが爆発します。

殴りかかってきた彼とイヴォナの間にトリスタンが割って入ります。

仲裁するかと思いきや、彼女に告げた言葉は『君が我慢しろ』と。

4話のポイント

イヴォナは、彼女を散々利用してきた人たちからの離別を決意。

これからは自分が幸せになれるようにがんばろうと前を向きます。

ですが、今まで彼女のおかげでおいしい思いをしてたガスパル、トリスタン、彼女の父親の3人が難癖をつけてきます。

世の中はギブ&テイクですよ?欲しがるばかりでは、与えられなくなるのは当たり前です。
彼らに対するイヴォナからの反撃に、乞うご期待。

4話を読んだ感想と次回5話の徹底予想!

ぽち
かりそめの公爵夫人 4話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

頭の回転が早く、特別美人ではなくても魅力的な身体つきな上、周りのことをよく見て気遣いもできるイヴォナ。
彼女には充分自信を持つべきところはたくさんあるのに、自己評価が低すぎます。

母親がおらず、暴力的な父親の元で「かわいそうな子」として育てば、なかなか自己肯定感がもてないのは仕方がないのかもしれませんが‥。

こんな魅力的な彼女を見下してきた3人に、次こそ何かしら罰が下るのではないかと思います。
いや、むしろ下ってほしい。

イヴォナをずっと裏切っていたトリスタンには、特に!

か弱い女性(しかも幼なじみのいとこ)が父親から暴力を受けているところを目撃したら、普通ならかばうはずです。

それを、耐えろ、我慢しろと言ってくる時点で味方ではないですよね。

一矢報いる話になることでしょう。

まとめ

この記事では、漫画「かりそめの公爵夫人」の第4話のちょっとネタバレ含むを紹介してみました。

このまま協力しなければ、ガスパルから婚約破棄され、父親からも縁を切られることでしょう。
しかしトリスタンとの縁切りは、なかなか手強そうです。

彼は、幼い頃からイヴォナに優しく声をかけ、心配してくれていましたが、最終的には『君が我慢すべきだ』と助けてはくれません。

今回のガスパルとの関係も、身近にいたイヴォナにすらバレないように続けてきています。

自分の立場が悪くならないように立ち振る舞い、相手を懐柔し、あしらっていたことを考えれば、相当な策士だと思います。

イヴォナには、2度目の人生という利点を生かして、これらの人をうまく交わしていって欲しいと思います。

前回 いまここ! 次回
3話 4話 5話


>>「かりそめの公爵夫人」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事