転生したら推しの母になりました
転生したら推しの母になりました

ぽち
転生したら推しの母になりました 3話について読んでみたので感想を書いてみたよ

無料漫画アプリ「ピッコマ」にて掲載されている

「転生したら推しの母になりました」のネタバレを含む紹介になります。

人気のファンタジー転生系の漫画ですが、転生先が“推し”の存在する世界、というユニークな設定が楽しめるストーリーとなっています。

前回 いまここ! 次回
2話 3話 4話


>>「転生したら推しの母になりました」全話のネタバレはこちら!

転生したら推しの母になりました|3話の見どころ

今回の一番の見どころは、なんといっても生の推しを見たアイシャの反応です。

想像以上の可愛さに完全にノックアウトされてしまったアイシャは、アベルの母というポジションに大きな魅力を感じ、断るはずのプロポーズを受け入れることにするのでした。

ハデスも評していたように、今後の付き合いでアベルも徐々にアイシャに懐いていくことが予想されます。

その際のアイシャの反応も楽しみですね!

3話の【ざっくり概要】

ルバモント家でついに推しのアベルに会うことが出来たアイシャ。

あまりの尊さにポーっとしてしまい、ハデスに心配される始末です。

結婚は断ろうと思っていたアイシャでしたが、アベルの母というポジションにひかれ、求婚を受け入れることにします。

しかし、「ペルソナ」の展開上、近いうちに死亡する運命が決まっているハデス。

それまでなら何とかなると思いつつ、しばらくはアベルの母だけでなくハデスの妻としても役割を果たそうと思うアイシャでした。

一方、ハデスの屋敷には、黒髪に赤い目の刺繍が施されたハンカチが落ちています。

製作者のアイシャはアベルの顔を意図してしますが、似たようないでたちのハデスはどうやら自分の刺繍ではないかと誤解しているかのようなそぶり。

アイシャのことを、変わっているが面白い女だと感じるのでした。

転生したら推しの母になりました|3話あらすじとネタバレ

ルバモント家でハデスに面会するアイシャ。

そこに現れたのは何と、幼さの残るアベルでした。

あまりの尊さに卒倒しそうになるアイシャ。

アベルは父に促され、いきなり入室した非礼に対するお詫びと、アイシャの贈り物への感謝をぎこちなく述べて退室するのでした。

アベルの可愛さに恍惚となるアイシャのことを体調不良かと心配しつつ、ハデスは結婚について何か気になることがあるのかと問いかけます。

母上、と呼びかけるアベルの姿がアイシャの脳裏をよぎり、これ以上ないオタ活ポジションだ、と気づいたアイシャは、ハデスの手を取り「良き妻になります」と宣言するのでした。

自分の家に戻り、侍女のアンにアベルの可愛さを存分に伝えるアイシャ。

侍女に突然の心変わりを指摘され、たしかに想定外の状況だと考えこみます。

しかし、「ペルソナ」において、1年後のハデスの死は、主人公であるアベルを救い、急成長のきっかけになることからも展開上避けられない様子です。

気の毒ではあるけれど、ハデスは死ぬ運命。

まずはそれまでの間、アベルの母だけでなくハデスの妻としてのポジションもこなさなきゃと思うアイシャでした。

アベルに渡す予定の、アベルの顔の刺繍入りハンカチを完成させようと思うアイシャ。

しかし、そのハンカチは無くしてしまったようです。

残念に思いつつも、アベルの為なら何だってできると決意を固めます。

一方、アイシャが無くした刺繡入りハンカチは、ハデスの部屋に落ちていました。

見ようによってはハデスの顔にも見える刺繍を手でなぞりながら、変わっているが面白い女だ、と物思いにふけるハデスでした。

3話のポイント

ついに推しのアベルと対面し、会話を交わすことができたアイシャ。

そのあまりの尊さゆえに、2話での決意をひっくり返してプロポーズを受け入れるのは驚きの展開でしたね!

「ペルソナ」では、ハデスの死や、その出来事によって性格が変わるアベルが描かれているようです。

アイシャがハデスの妻になることによって、変化は訪れるのでしょうか?

また、自分の顔の刺繍入りハンカチを持ち歩いていると勘違いしたようにみえるハデス。

第一印象からも、アイシャのことは変わってはいるけれども気に入っているようです。

これからのハデスの動き方にも注目ですね。

3話を読んだ感想と次回4話の徹底予想!

ぽち
転生したら推しの母になりました 3話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

いきなり話をしに来たアイシャを迎え入れ、アイシャの住む地方のお茶も出してくれたハデス。

そっけないように見えて、意外と気を遣ってくれているのが分かりますね。

そして、推しのアベルの魅力にすっかりやられたアイシャは、アベルの母もといハデスの妻になることを決めます。

「ペルソナ」に描かれているように、ハデスはアベルを守って命を落とし、唯一の気を許せる存在を失ったアベルは冷たい人物へと成長します。

しかし、物語に描かれていないアイシャが加わることになりました。

ある意味ハデス以上にアベルを大切に思っており、行動力にもあふれているアイシャ。

彼女の存在がふたりの運命を変えることになるのではないかと予想します!

まとめ

今回は、「転生したら推しの母になりました」3話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

いかがでしたでしょうか。
3話では、アベルの尊さにノックアウトされたアイシャが、ハデスの妻になることを宣言しました。

「ペルソナ」で描かれているように、少し先の未来で亡くなる運命が定められているハデス。

それまではアベルの母だけでなく、ハデスの妻としてもやっていく決意を固めます。

4話からは、あらためて家族となるハデスやアベルとの関係性がどうなっていくのかが楽しみですね!

前回 いまここ! 次回
2話 3話 4話


>>「転生したら推しの母になりました」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事