転生したら推しの母になりました
転生したら推しの母になりました

ぽち
転生したら推しの母になりました 4話について読んでみたので感想を書いてみたよ

無料漫画アプリ「ピッコマ」にて掲載されている

「転生したら推しの母になりました」のネタバレを含む紹介になります。

人気のファンタジー転生系の漫画ですが、転生先が“推し”の存在する世界、というユニークな設定が楽しめるストーリーとなっています。

前回 いまここ! 次回
3話 4話 5話


>>「転生したら推しの母になりました」全話のネタバレはこちら!

転生したら推しの母になりました4話の見どころ

3話では偶然の出会いにて少し話を交わすだけだったアベルとアイシャですが、今回はアベルの方から話しかけに来てくれます。

それだけではなく、なんとお手製の花冠のプレゼントを準備してきてくれたアベル。

その尊さに、アイシャがオタクを極めながら感激のリアクションを取るのが4話の面白いポイントですね。

4話の【ざっくり概要】

侍女のアンと一緒に散歩をしていたアイシャのところに、アベルが話しかけにきます。

何の用だろうと思うアイシャですが、アベルは贈り物のお礼にと手作りの花冠をプレゼントするのでした。

感極まって卒倒しかけるアイシャですが、アベルはさらに、アイシャの頭に直々に花冠をかぶせ、キレイだと褒めます。

オタ活の大成功を強く感じるアイシャでした。

一方、ハデスの元には伯爵が訪ねてきているようです。

ハデスの身勝手にも思える行動をなじる伯爵。

ともかく、明日には自身の妻であり、ハデスを育てた人でもある伯爵夫人がルバモント家に到着すると告げて去っていきます。

入れ違いでハデスの元を訪れたアベルは、和やかな雰囲気のなか、アイシャとの様子をハデスに話すのでした。

転生したら推しの母になりました|4話あらすじとネタバレ

ルバモント家にてアベルとの対面を果たしたアイシャ。

数日後に侍女のアンとふたりで散歩をしていると、アベルが話しかけにきます。

心の中でアベルを愛でつつも、表面上は冷静に接するアイシャ。

するとアベルは、僕のことが気に入らないとは思いますが、ご迷惑はおかけしませんので、と弱々しい態度です。

そしてアベルは、先日の贈り物のお礼だと言ってアイシャに手作りの花冠をプレゼントしようとします。

あまりの感激に耐えきれず、倒れかけるアイシャ。

今この瞬間死んだとしても、この花冠だけは棺桶に持って入ると興奮状態です。

手製の花冠なんてアイシャには似合わない陳腐なプレゼントだった、と花冠を渡すのをやめようとするアベルでしたが、アイシャは思わず全力で手を伸ばしストップをかけます。

花が大好きだ、大事にするということを伝えると、ずっと心配そうな表情だったアベルは笑顔でお礼を言うのでした。

そしてその花冠を、アイシャにかぶせてもいいかと問い、かぶせてあげるアベル。

妖精さんみたいでとてもキレイだと感想を伝えるアベルに、アイシャはまたもや卒倒しかけながら、明日死んでも悔いのない、完全無欠状態のオタクへと気持ちを昇華させたのでした。

一方、ルバモント家には伯爵が訪れていました。

相談なく結婚の話を進めたり、アベルに爵位を継がせたりすることが気に入らない様子の伯爵。

ハデスを息子のように育てたという伯爵の妻が明日ここに到着することを伝えます。

険悪な雰囲気の中、アベルが偶然ドアを開けると、伯爵は礼儀知らずの馬鹿者が、と捨て台詞を吐いてその場を去っていくのでした。

ふたりになったハデスは、アベルを抱き上げてアイシャとの話を聞きます。

いつの間にか自分よりアイシャと親しくなっていた息子に少し複雑そうな表情も見せながらも、プレゼントはどうだったかと聞くと、とても喜んでくれて、お花が大好きなんだと思った、と安らいだ表情を見せるアベルでした。

4話のポイント

4話でポイントとなるのは、アベルとアイシャのコミュニケーションかと思います。

脳内で浮かれまくっているものの、表面上は冷静にふるまうアイシャ。

まだアイシャの人となりを知らないアベルは、他の大人がそうであるように、冷たく嫌われるんじゃないかと内心心配していたのではないでしょうか。

しかし、そんな心配もよそに、アイシャと楽しく会話が出来た様子のアベル。

ハデスに喜んで報告するところにはキュンとしましたね。

ハデスに続き、アベルにも好感を持たれだしたようなアイシャ。

次の相手である、伯爵夫人との対面に期待が高まります。

4話を読んだ感想と次回5話の徹底予想!

ぽち
転生したら推しの母になりました 4話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

オタクの願いを遂げたと見える、アイシャの反応がとにかく面白いストーリーでしたね。

可愛らしくまだ幼いアベルですが、どこか卑屈で弱々しい様子が垣間見えます。

前回の回想シーンや、伯爵の態度を見るに、やはり、これまでの不遇な扱いで委縮してしまっているのだろうという悲しさを感じます。

ハデスの前で見せるような、活発な様子で笑顔を見せるアベルがこれから自然と出していけるようになればいいですね!

物語の後半では、伯爵と呼ばれる年配の男性がハデスを訪れていました。

あふれる日頃の不満をぶつけるのが目的かと思いきや、自身の妻が訪れるということを伝えに来たようです。

まだ描写されていない伯爵夫人ですが、シルエットからは何やら厳しそうな雰囲気が…。

アイシャはこの女性とうまくやっていけるのでしょうか?次回の登場に期待です!

まとめ

今回は、「転生したら推しの母になりました」4話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

いかがでしたでしょうか。

4話では、待望のアイシャとアベルとの絡みを見ることが出来ました。

尊さと感激の嵐に見舞われるアイシャとは違い、少しだけおどおどしているアベルの様子が気になりましたね。

次回は、伯爵の妻なる人物がルバモント家を訪れる様子。

ハデスやアイシャとこの人物の関わり合いが気になるところですね!

前回 いまここ! 次回
3話 4話 5話


>>「転生したら推しの母になりました」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事