ダンジョンリセット

ぽち
ダンジョンリセット の7話、8話、9話について読んでみたので感想を書いてみたよ

今回は無料漫画配信アプリ「ピッコマ」で配信されている「ダンジョンリセット」の7話~9話についてネタバレ紹介していきたいと思います。
自分の失敗が原因で1番恐れていたモンスターとついに遭遇してしまった奏多が、この危機をどうやって乗り切るのでしょうか。

前回 いまここ! 次回
6話 7話8話9話 10話


>>「ダンジョンリセット」全話のネタバレはこちら!

ダンジョンリセット|7話までのお話

自分が作り出した池のノルマ達成報酬として池に魚が住み着く事となった奏多は、ゲーム案内役の提案に乗り、持っていた魔物の肉も合わせて焼き料理にチャレンジします。
腹が満たされた満足感とゲーム案内人への親近感もあり、その場で眠ってしまった奏多の元に食材の匂いに釣られたイノシシ型のモンスターが現れます。
モンスターに遭遇してしまった奏多は、航から教わったモンスターとの対峙方法を思い出しながら、現状の打開策を探っていきます。

ダンジョンリセット|7話のあらすじとネタバレ

食材を焼くという失敗が原因でイノシシ型のモンスターと遭遇してしまった奏多は、航に教えてもらったモンスターとの対峙方法を思い出しながら必死にモンスターの攻撃を凌いでいました。
このイノシシ型のモンスターは、恐るべき力と硬さを誇っており、ステージ1の最強モンスターと言われているだけあり、スキルレベルの上がった「泥だんご職人!」で作った固い土壁をいとも簡単に破壊されてしまい、予想以上の強さにモンスターの動きを止める事が出来ません。
モンスターが暴れる事で、動きを止めるどころか周囲の土壁まで破壊され地下水が再びあふれてくるかもしれない状況となり、奏多は一撃必殺の「土玉」を繰り出そうとしますが、あまりの重さに失敗してしまいます。
モンスターを倒す策が思いつかず逃げまどっていたその時、モンスターが土壁を破壊した衝撃により奏多は吹き飛ばされてしまいます。
モンスターを倒す打開策も浮かばず万事休すの状況下で、奏多は「脂の乗った肉を使った焼肉パーティー」を開催させるため反撃にでます。
スキル「泥だんご職人!」で作った罠にモンスターを上手く誘い込んだ奏多は、時間を掛けて作った土のオブジェや地下通路を破壊された恨みも込め、モンスターの頭上から無数の土玉を落下させ、モンスターを生き埋めにする事で倒す事に成功します。
全く役に立たないスキルしか持っていない奏多が、スキルの応用によって強敵モンスターを討伐する一部始終を隠れながら見ていたゲーム案内人は、奏多の役立たずスキルの不思議な程異常な応用力は危険であると考え、改めて奏多は危険な存在であると認識します。

ダンジョンリセット|8話のあらすじとネタバレ

奏多が脱落してしまったステージ1をクリアする生存者の多くはスキルレベルが「3以上」である事が多く、スキルを頻繁に使う事でレベルアップするので召喚者達は危険を侵してモンスターと戦う事で、自身の生存確率を上げる事に繋がります。
その中でも奏多のように地下を掘り進めた事で「泥だんご職人!」というスキルを手に身につけた用に、特定の条件を満たした者のみが新たなスキルを手に入れる事が出来ます。
ゲームの案内人は、奏多の「泥だんご職人!」のスキルレベル6というのは異常ではあるものの、戦闘に関するスキルでもなく、暇さえあれば常に使用しているのでレベルが上がっても仕方がないと考えるが、それでも奏多が異常な存在である再認識します。
イノシシ型のモンスターを何とか撃退した奏多は、新鮮な肉を使って焼肉パーティーを開催する為、モンスターの肉を解体し始めます。
解体作業の中、独り言が多い奏多でしたが、ゲーム案内人も一人である事が多く、奏多の気持ちが分かってしまい、初めて2人が共感し合えた瞬間が訪れます。
またモンスターがやってくるぞ、と解体したモンスターの肉と脂身を使って調理を開始した奏多に脅すような事を言うゲームの案内人に対し、奏多はある秘策を打ち明けます。
その秘策は、奏多が最初に掛かった罠である「生存率0%の罠」を再現する事で、食材の焼ける匂いに釣られてやってきたモンスターが罠に掛かり、身の安全と食糧問題が解決するという策でした。
あからさまな罠に掛かるモンスターはいないとゲーム案内人が断言した次の瞬間、食材の匂いに釣られた1匹のイノシシ型モンスターが奏多の設置した罠に掛かってしまいます。
その後もイノシシ型のモンスターが定期的にイノシシ型のモンスターが掛かり、奏多のモンスターからの身の安全と食糧問題は一気に解決する事となります。

ダンジョンリセット|9話のあらすじとネタバレ

生存確率0%の罠を再現した事で1日に1匹以上のイノシシ型モンスターを撃退し、解体と食事を繰り返していたある時、とあるスキルを手に入れます。
時を同じくしてステージ1をクリアし、次のステージへと進んでいた航達は、モンスターとの戦いに苦戦をしながらも着々と成長を繰り返していました。
航も一角イノシシと呼ばれるイノシシ型モンスターを100匹倒し「一角イノシシの刺客」というノルマを達成した事で「一角イノシシの気」というスキルを手に入れます。
持続時間10秒でスキルを連続で使用する為のクールタイムが100秒必要という制限があるものの、身体能力が2倍になるという破格のスキルを手に入れた航は、これまでの実績もあり仲間達から絶大な信頼が寄せられています。
航が討伐した大量の一角イノシシを前に仲間の一人である拓海が「こんな時に浄化スキルを持った奏多がいてくれたら」と呟いてしまいます。
これまでは戦闘関連のスキルを持たない奏多はグループのお荷物的な存在で、「浄化」スキルを使ってモンスターの肉に含まれる毒を浄化できる食事係程度の存在でしたが、奏多がいなくたった事で、モンスターの肉に含まれる毒を浄化する事が出来なくなった事で食糧不足に悩まされており、奏多の存在がどれだけ重要であったかが浮き彫りとなりました。
そんな奏多を航だけが、当時からグループにとってとても重要な存在であり仲間だと信頼しており、奏多が居た事で戦いに専念出来ていたと断言し、仲間と共に奏多の存在がいかに重要だったか改めて認識します。
一方その頃、ゲームの案内人は罠に掛かった一角イノシシの解体を始めようと一角イノシシの巨体を持ち上げた奏多を見て驚きます。
奏多が再現した「生存確率0%の罠」によって仕留められた一角イノシシの数が100匹を超えた事で、航と同じノルマ達成報酬としてスキル「一角イノシシの気」を奏多も身につけていました。

ダンジョンリセット|口コミ・感想こっそり紹介

7話~9話の感想としては、初の戦闘シーンという事もあり、どのような展開となるか気になっていましたが、戦闘系のスキルを持っていない事もあり、あまり派手な展開ではなく少し残念でした。
しかし奏多が新たに戦闘系のスキルを身につけた事で、今後はモンスターとの戦闘シーンにも期待が持てるのではないかと思います。

ダンジョンリセット|次回10話を勝手に徹底予想

ぽち
ダンジョンリセット の7話、8話、9話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
7話、8話、9話面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

9話の終わりで奏多がノルマ達成報酬として「一角イノシシの気」という有用な戦闘系のスキルを手に入れた事で、ついに罠を脱出するのではないかと予想します。
これまで罠を脱出する最大の問題点として地上にいるモンスターの存在が挙げられていましたが、ステージ1で最強の一角イノシシを自身の能力で倒したという実績と、新たに身につけた戦闘系スキル「一角イノシシの気」の効果で身体能力が2倍になる効果を得られる事もあり、モンスターへの恐怖心が無くなる事で、罠脱出を決意するきっかけとなるのではないかと考えます。
また罠脱出までに「一角イノシシの気」のスキルレベルがアップしている可能性もあり、今後奏多の戦闘面の強さも磨きがかかってくるのではないかと考えます。

ダンジョンリセット|7話8話9話ネタバレのまとめ

漫画「ダンジョンリセット」の第7話、8話、9話のネタバレを紹介していきました。
奏多が初めてモンスターと戦い勝利し、その事がきっかけとなり戦闘系のスキルである「一角イノシシの気」を習得するという重要なイベントが発生しました。
またステージ1クリア後の航達の状況が判明し、奏多の「浄化」スキルがゲームを生き残る為にどれだけ重要なスキルかが描かれ、奏多の重要性が分かる展開でした。
今後は戦闘系のスキルを身につけた奏多が地下からいつ脱出するのかと、航達といつ合流するのかが気になるポイントとなってきます。

前回 いまここ! 次回
6話 7話8話9話 10話


>>「ダンジョンリセット」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事