その脇役王子私がいただきます
その脇役王子私がいただきます

ぽち
その脇役王子私がいただきます 13話14話15話について読んでみたので感想を書いてみたよ

人気の韓国漫画「その脇役王子私がいただきます」の13話14話15話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

前回 いまここ! 次回
12話 13話14話15話 16話


>>「その脇役王子私がいただきます」全話のネタバレはこちら!

その脇役王子私がいただきます|12話までのお話

ピオニエを監視するため、マリーを再びピオニエの侍女にします。

監視のためだとは知らず、素直にピオニエは喜びました。

そしてリヒトのために野イチゴをとるため、マリーと山に登るピオニエ。

今年はまだ出ていないそうですが、山にはオオカミが出ると言われています。

山まで登る途中、休憩しているピオニエとマリーの背後から物音が、、。

オオカミです。

ピオニエの手を取りマリーは走って逃げます。

ピオニエが山に入ったことを知ったリヒトは、ピオニエを追いかけ、山へ向かうのでした。

その脇役王子私がいただきます|13話のあらすじとネタバレ

リヒトがオオカミかと思ったのが、実はガルテン姫でした。

姫は、リヒトが危ないと思って反射的に体が反応したのでした。

そんな姫に、なぜ山に入ったか聞くリヒト。

しどろもどろに説明する姫に、黙れ、聞きたくない、と言うのでした。

姫に何かあれば俺が困る、と言うリヒト。

期待するピオニエに、友好国の姫だからな、とビジネス上の話をしました。

山を下りるぞ、と言うリヒトに、脚の力が入らないピオニエ。

ピオニエを抱っこして、リヒトは山を下ります。

怖がるピオニエに、しっかり掴まれ、とリヒトは言います。

最後はリヒトはピオニエを抱えるように山を下りるのでした。

城へ帰ったのち、今回の件でアンディとマリーを呼び出すリヒト。

お互いかばい合い、罰は自分が受けると言い合います。

さらに最後にアンディは言いました。

気に入られようと必死な姫の助けをしたマリーを咎めても、姫の行為を無下にしたことをなかったことにできません、と、、。

その脇役王子私がいただきます|14話のあらすじとネタバレ

全ての責任は私にあります、と姫が割り込みます。

責任を問わないと言った覚えはないと言うリヒト。

領主が領主内で起きたことを同じことを繰り返さないように、厳重に注意しようとしたのは筋違いなのか、と言うリヒト。

さらにアンディに、大切なものを守るために自分を犠牲にする奴は、罰しても意味がない、今回は見逃してやる、と言うのでした。

ブツブツ言うマリーに、行くよう促すピオニエ。

マリーとアンディは、今までの行動を思い、大公についていろいろ考えます。

そこにピオニエが、謝りに来ます。

マリーはピオニエに、これからも喜んでお供します、と伝えました。

そしてピオニエに、お風呂を沸かします。

さらに薪がないようなら、毛布を余分にお持ちしましょうか、と提案するのでした。

コツをつかんだので大丈夫だと言うピオニエ。

さらにはマリーの心配までします。

少し後ろめたい気持ちになるマリーでしたが、その時来客が来ました。

なんと、姫の寝室に薪が運ばれてくるのでした。

その脇役王子私がいただきます|15話のあらすじとネタバレ

ボーっとするピオニエに、マリーは二人の恋を発展させようと頑張ります。

ピオニエのために、ドレスをお色気たっぷりにアレンジします。

冷血大公の欲求に火をつける作戦だそうです。

リヒトがそんないやらしいわけないでしょ、と言うピオニエ。

お色気が通じない男はいない、と言うマリー。

大公を落とそうと思っていないと思わず言うピオニエに、マリーは戸惑います。

推しを生で見れることに頭がいっぱいで、その先のことを何も考えていなかったピオニエ。

ピオニエは、ヘスティアのための脇役であるリヒトに胸を打たれたのです。

そんなリヒトが私を好きになったとしたら、変な感じがすると思うピオニエ。

マリーが結婚したら、床も共にするんですよ、とさらに続けます。

大公が好きなら何としてでも射止めないと、と追い打ちをかけるマリー。

マリーの言うとおりだと思った瞬間、ピオニエの胸に鈍い痛みが走ります。

そのままうずくまる姫。

一方のリヒトは、姫がいつものように現れないことに不安を感じます。

その頃アンディは、泣きそうになっているマリーとぶつかるのでした。

感想と次回16話の予想

ぽち
その脇役王子私がいただきます 13話14話15話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

ピオニエを抱えて山を下りるリヒトの姿には感動しました。

二人の心が、少しづつですが近づいてきましたね。

ツンデレなリヒトですが、少しづつピオニエが気になっている様子です。

一方のピオニエは、小説での推しがリヒトなだけであって、まだ具体的にどうしたいのかは明確ではありません。

そんな天然なピオニエがとっても可愛いですね。

病弱なピオニエが、最後胸を押さえて倒れこみます。

リヒトも、いつもの時間に来ないピオニエを心配している様子。

次回で何か大きく、二人の関係が変わっていきそうですね。

まとめ

「その脇役王子私がいただきます」13話14話15話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

いかがでしたでしょうか。

拒否され続けたピオニエが、初めてリヒトに少し近づきます。

抱っこされながら山を下りる二人の姿が、印象的でした。

少しづつピオニエに対して態度が変わっていくリヒト。

最後ピオニエは倒れてしまいましたが、リヒトが今後どう動くのかが、見所です。

前回 いまここ! 次回
12話 13話14話15話 16話


>>「その脇役王子私がいただきます」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事