ゴッドオブブラックフィールド
ゴッドオブブラックフィールド

ぽち
ゴッドオブブラックフィールド 40話41話42話について読んでみたので感想を書いてみたよ

無料漫画アプリ『ピッコマ』で公開している人気の韓国漫画、

「ゴッドオブブラックフィールド」の40話41話42話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

前回 いまここ! 次回
39話 40話41話42話 43話


>>「ゴッドオブブラックフィールド」全話のネタバレはこちら!

ゴッドオブブラックフィールド|39話までのお話

普段の日常を取り戻した恭弥は、再び学校に通いだします。

ただ、ダエルに言われたことでこれからの恭弥の生き方について考え込んでしまいます。

高校生の『西恭弥』としての人生か。フランスの傭兵部隊にいた頃の『西恭弥』に戻るべきなのかに迷う恭弥。

そんな恭弥に一通の脅迫メールが届きます。

恭弥は気にすることでもないと判断し一度はスルーしますが、ダエルの携帯にも同じような脅迫メールが届いていることを知ります。

少し考えた恭弥ですが、まだ実際に危害を加えられていないため現状では様子見するしかありません。あまり大事にならなければ良いのですが。

ゴッドオブブラックフィールド|40話のあらすじとネタバレ

恭弥の父・誠司が経営する会社『西モータース』とフランスのゴント社の取引や、スミセンの保護を約束したことで得られたお金の分配など、日常生活に戻りつつも忙しい毎日を過ごしている恭弥。

ミシェルにも手伝ってもらい人を紹介してもらって手続きを進めていきます。

恭弥の口座には多額のお金が振り込まれていて、一般の高校生が持つには大きすぎるため恭弥は実感がありません。

そんな中、ゴント社の新車発表会が開かれました。スミセンはゴント社の日本支社の代表取締役に就任することになっています。

スミセンは結構頭の悪いキャラとしてイメージがあるため「大丈夫なのか?」と感じてしまいますね。

開かれた新車発表会に参加している人の中に、恭弥に興味を持っている人物がいます。

不敵な笑みを浮かべている描写があり何か含みのある感じがしました。この人物は一体何者なのでしょうか。

ゴッドオブブラックフィールド|41話のあらすじとネタバレ

新車発表会に家族と共に出席した恭弥に声をかけた人物がいます。

代表取締役に就任したスミセンです。

恭弥とスミセンの関係は伏せられているので、気軽に声をかけてきたスミセンに恭弥は機嫌を悪くします。

「余計なことをじゃべるなよ!」と忠告しますが、きわどい発言を繰り返すスミセンはやはり頭悪いイメージが合っていますね。

そこに新たに声をかけてきた人物がいます。前述で出てきた不敵な笑みを浮かべていた人物で、実はフランスの在日大使でした。

フランスの大使が恭弥に興味を持っていることに家族は驚きを隠せない様子です。

フランスの在日大使であるラノックに席を代えて話すことになった恭弥は少し警戒しています。

話の内容は、シャフランのことでした。

フランスを代表する企業でもあるゴント社が麻薬取引に関与していたこと。

その一連の取引をシャフランが取り仕切っていたようでそれを潰した恭弥に礼が言いたかったようです。

礼を言うのと同時に謝礼をいくつか提案された恭弥ですが、反面で釘を刺されました。

このことを口外しないことです。恭弥はこのラノックという人物とは合わなさそうです。

ゴッドオブブラックフィールド|42話のあらすじとネタバレ

新車発表会には雑誌の取材でミシェルも会場に来ていました。

新車の傍にいるモデル以上の魅力を持っているミシェルに注目が集まる中、恭弥の姿を見つけたミシェルは駆け寄ってきてフランス流のスキンシップをしてしまいます。

日本では馴染みのないフランス流のスキンシップに恭弥の母・花恋はビックリです。

恭弥はミシェルは白井と何かしら被る一面があるようで、苦手意識があるのかもしれません。

というよりも自分が生きてきた傭兵としての人生観のせいで、白井やミシェルには壁を作ってしまっているようですね。

高校生の身体に転生し、平和な日常生活を送れるようになった恭弥ですが、一度沁みついてしまった戦場での経験は拭い去ることはできないのかもしれません。

だからかもしれませんが、身体を鍛えるということは止められずトレーニングしている恭弥の描写がありました。

感想・次回43話の予想

ぽち
ゴッドオブブラックフィールド 40話41話42話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

シャフランの麻薬取引を潰したことで、フランス政府にも感謝されることになった反面、忠告を受けてしまった恭弥。

暴力団の神代同様に、力のある人間の興味を惹く傾向があるようです。

今回の件では作戦において計略や戦闘に頭の良さと実力を発揮させる恭弥ですが、学校の勉強は嫌いで勉学には全く興味がないというギャップに恭弥の魅力の一面を見ることができたと思います。

無事に新車発表会も終え、次回はいよいよ脅迫メッセージの問題が発展しそうな予感がします。

送り主はもう作中に出てきているのでしょうか。

まとめ

「ゴッドオブブラックフィールド」40話41話42話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

今回のまとめ記事では、日常生活に戻った恭弥がこれからの人生をどう生きるのかを決断する時が迫っています。

思い悩む恭弥は白井やミシェルに壁を作ってしまっていますね。

今の高校生である恭弥の日常生活は、前世でいた世界観とは大きくかけ離れていて未だに慣れていないのかもしれません。

戦闘をしている時や計略を練っている恭弥の方がイメージとしても合っている気がします。

父親・誠司との人生相談で、フランス留学を考えていることを誠司に話していることもあり、ひょっとしたら心の中では答えが出ているのかもしれませんね。

前回 いまここ! 次回
39話 40話41話42話 43話


>>「ゴッドオブブラックフィールド」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事