ゴッドオブブラックフィールド
ゴッドオブブラックフィールド

ぽち
ゴッドオブブラックフィールド 55話56話57話について読んでみたので感想を書いてみたよ

無料漫画アプリ『ピッコマ』で公開している人気の韓国漫画、

「ゴッドオブブラックフィールド」の55話56話57話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

前回 いまここ! 次回
54話 55話56話57話 58話


>>「ゴッドオブブラックフィールド」全話のネタバレはこちら!

ゴッドオブブラックフィールド|54話までのお話

ダエルを京極と一緒に救出に向かう恭弥。幸い、ダエルの居場所は京極の部下に付けている発信機によって居場所を特定できました。

ダエルの元に単身で救出に向かった恭弥は、森の中で宙吊りにされているダエルを発見します。

ダエルが宙吊りにされて何時間が経過しているかわかりません。

このまま放っておくと危険な状態であるダエルを見た恭弥は、罠とわかっていても姿を表します。

案の定、恭弥は大勢の敵に囲まれてしまいます。

恭弥は多勢に無勢なこのピンチを切り抜けダエルを救出することができるのでしょうか。

ゴッドオブブラックフィールド|55話のあらすじとネタバレ

恭弥は大勢の敵を相手に、京極から借りた軍用ナイフで戦いを挑みます。

次々と倒していく恭弥ですが、あまりにも敵の数が多すぎです。

頭に強打を喰らってしまった恭弥は一度倒れてしまいます。

常人ならノックアウトなのかもしれません。

しかし、恭弥は立ち上がり戦闘を再開します。

この時の恭弥は、前世の能力を発揮できている戦闘モードに入っていると思われます。

今までもピンチの時には必ず前世の傭兵部隊長であったゴッドオブブラックフィールドの異名を持つ『西恭弥』の感覚が蘇る状態がありましたね。

恭弥はその能力を存分に発揮して再び敵をなぎ倒していきますが、本来の目的を思い出しダエルを救出するために”敵の殲滅”から”ダエルの救出を最優先”に切り替えました。

恭弥の作戦は成功し、京極も部下を連れて応援に駆けつけ形勢は変わろうとしています。

ダエルも参戦し恭弥の仲間が増え、恭弥たちの逆襲が始まろうとしています。

ゴッドオブブラックフィールド|56話のあらすじとネタバレ

この戦闘の中で一番冷静に状況を見ているのは京極です。

恭弥が負っているダメージと疲労。ダエルは強がっていますが立っているのがやっとの状態で、自分の部下もまだ戦闘慣れしていません。

敵の状態や心理もよく読んでいます。

恭弥陣営に仲間が増えたことで、包囲網を維持するのみで襲ってきていません。

京極は敵のリーダーと話し合いを試みることに。

京極の目的は恭弥たちの警護です。

その目的を達成するための最善の方法と考えたのでしょう。

京極はうまく敵のリーダーを説得し、敵は撤収を始めます。

もし敵のリーダーが中国マフィアではなく山本組系の暴力団だったなら、こうはいかなかったかもしれませんね。

なぜなら、恭弥への恨みは相当なもので残っている敵側の人数から考えてもまだ優勢なことは間違いありません。

被害を顧みず戦闘を継続した場合、恭弥たちが全滅している可能性が高かったのではないでしょうか。

恭弥はまだ戦闘モードに入っているため、戦う気満々ですが、何とか京極が本来の目的を諭し納得したようです。

戦闘モードでなくなった恭弥は、その場で倒れてしまい意識を失ってしまいます。目覚めた時には病院のベッドの上でした。

ゴッドオブブラックフィールド|57話のあらすじとネタバレ

病院で意識を取り戻した恭弥は京極が居ることに気付きます。

今回の件で京極とはかなり親しくなったように思えますね。

京極も敬語で話さずタメ口で話すようになっています。

京極は一旦仕事に戻るため病室を一時的に離れた合間を利用して、恭弥は自分の携帯にかかってきていた不在着信の後処理を始めます。

その時、見知らぬ電話番号から電話がかかってきました。

相手はシャフランです。恭弥の予想していたとおり、脅迫メッセージの犯人はシャフランでした。

シャフランが受けた傷はかなり深く死んでいてもおかしくなかったはずです。

恭弥の誘いにも乗らず、再会を断っているところをみるとまだ傷は癒えていないのではないでしょうか。

シャフランは恭弥の近親者をこれからも狙うようです。一人の力じゃ守れない。

この時恭弥はこのことを痛感しています。

感想・次回58話の予想

ぽち
ゴッドオブブラックフィールド 55話56話57話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

今回の話では、恭弥は京極に身辺警護を依頼して本当に良かったと感じる点がたくさんあったように思います。

恭弥も冷静さにかけてはどんな時でも最善の手を尽くし解決してきましたが、今回の件では京極なしでは生還することはできなかったのではないでしょうか。

シャフランに対抗する組織を作らなければならないと強く感じている恭弥は、京極をその組織に組み込むために動きそうですね。

まとめ

「ゴッドオブブラックフィールド」55話56話57話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

ダエルを救出するために向かった先には敵の罠があり、大勢の敵に囲まれてしまいました。

流石に今回は恭弥もかなり苦戦した印象が強かったように思います。

脅迫メッセージの犯人がシャフランだったことから、恭弥一人の力で太刀打ちできないと判断する恭弥。

恭弥に新たな仲間が増えそうな予感がしますね。

前回 いまここ! 次回
54話 55話56話57話 58話


>>「ゴッドオブブラックフィールド」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事