その脇役王子私がいただきます
その脇役王子私がいただきます

ぽち
その脇役王子私がいただきます 37話38話39話について読んでみたので感想を書いてみたよ

人気の韓国漫画「その脇役王子私がいただきます」の37話38話39話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

前回 いまここ! 次回
36話 37話38話39話 40話


>>「その脇役王子私がいただきます」全話のネタバレはこちら!

その脇役王子私がいただきます|36話までのお話

リヒトの母国についたピオニエですが、別々の部屋に案内されてリヒトを探すことに、、。

そこで見たのは、仲良さそうなリヒトとミハエルとヘスティア。

さらにはリヒトの復権について話している様子。

そこで明らかになるのが、リヒトとヘスティアの出会いです。

ミハエルが連れてきた田舎娘のヘスティアを、リヒトは受け入れることが出来ません。

リヒトにとってヘスティアは、障害物でしかないからです。

そんな時、一人涙を堪えるヘスティアの姿を見てしまったリヒト、、。

その脇役王子私がいただきます|37話のあらすじとネタバレ

泣いているヘスティアに、我慢ばかりしていると、涙の代わりに血を流すことになる、と言いました。

この程度の顔なら元縁談相手と同等なのに、なぜヘスティアを選んだか、聞かせてもらおうと続けます。

わかりません、と言うヘスティア。

私には何もない、剣に興味があったが、剣を振るう妻を望む男がいるか、と父に言われ、剣を握らせてもらえなかったと、、。

常に他人に良く思われるための人生だったというヘスティア。

ミハエルだけが、ヘスティアの好きなものや、したいことを知ろうとしてくれたと言います。

城に戻る前日、すべて打ち明けてくれて、それでミハエルと一緒に戦うことを決めた、とヘスティアは続けました。

なので、この程度の嫌がらせに負けるわけにはいかないと、、。

そこにヘスティアを呼ぶ声が、、。

社交会のバラと呼ばれ、多大な影響力を持つホープマン公爵と、天体観測の約束をしていたようです。

その後、ヘスティアは社交界でも注目を浴び、リヒトもヘスティアの騎士を忠実に果たしていました。

しかし一連の事件を通し、リヒトは報われない恋心と、不信感を抱くことになります。

その脇役王子私がいただきます|38話のあらすじとネタバレ

ミハエルは、成人式後にヘスティアと正式に婚約し、いつの間にか嫌がらせもなくなりました。

そんな時、リヒトを呼び出したヘスティアは、最近妙な気配を感じる、と言いました。

そこへいきなり飛んでくる矢。

リヒトはヘスティアを守ります。

この日以降、ヘスティアの命は何度も狙われることに、、。

それは決まって、ミハエルとリヒトのどちらかと一緒にいる時でした。

リヒトはすべての攻撃からヘスティアを守りましたが、ミハエルにはできませんでした。

犯人はラガーだと思い、リヒトは怒鳴りこみに、、。

そんなリヒトに、今もヘスティアの命が狙われているかもしれない、とラガーは言います。

急いで戻ると、そこには何者かに襲われているヘスティアの姿が、、。

その時、心底この女を守りたい、とリヒトは思います。

さまざまな感情が渦巻く中、ヘスティアを守れなかったミハエルに、リヒトの中で怒りだけがはっきりするのでした。

ヘスティの命が狙われる理由は、リヒトに皇位を望ませるためです。

ラガーは、ミハエルが皇帝の資格がないと気づけば、リヒトが皇位を望むようになると考えているのでした。

その脇役王子私がいただきます|39話のあらすじとネタバレ

ラガーの策略通り、リヒトはヘスティアを守れるのは自分だけだと思いました。

リヒトは、ヘスティアに対する自分の気持ちを否定します。

そんな中皇帝が亡くなり、ミハエルに権限が、、。

ラガーと手下は幽閉され、ミハエルの支持者たちは要職に就きます。

そこに新たな壁が、、、。

ラガーの故郷であるミスティスが、ラガーを皇太后として復権させることを要求してきたのです。

ミハエルはこの要望には応えず、反乱が起こります。

それと同時に内乱も起こり、リヒトも戦争に、、。

そして数年後、勝利を手にしたリヒトは戻ってきました。

そこには流産し、衰弱し切ったヘスティアの姿が、、。

支持者の中にどうやらラガー側のスパイがいたようです。

俺がお前の夫だったらこんな姿にはさせない、と思ったリヒト。

ミハエルには皇帝の資格がない、とリヒトは思いました。

ここまでがピオニエが知っている小説の内容です。

ミハエルとヘスティアは、本気でリヒトが反逆を考えていたことは知らないようでした。

どうしても愛する二人を傷つけられなかったんだ、と思ったピオニエ。

明かされなかった外伝は、犠牲の話でした。

感想と次回話40の予想

ぽち
その脇役王子私がいただきます 37話38話39話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

リヒトの切ない感情が浮き彫りになりましたね。

最初は嫌いだったヘスティアが、ギャップから想いを寄せることに、、。

ヘスティアは、兄の婚約者です。

リヒトの中での心の葛藤が、聞こえてくるかのようですね。

ヘスティアとはうまくいかなかったリヒトですが、自分ばかりが犠牲になるのではなく、幸せになってほしいです。

そんなリヒトが大好きなピオニエ、どうにかリヒトの心の闇を救ってほしいと思います。

ピオニエが、今後どう動くのかが見所です。

まとめ

「その脇役王子私がいただきます」37話38話39話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

嫌いだったヘスティアを、ギャップから好きになってしまうリヒト。

兄の婚約者であるため、自分の気持ちを否定し続けます。

さらには、ミハエルとヘスティアから復権の話まで飛び出し、、。

断るリヒトですが、この先どうなっていくのでしょうか。

前回 いまここ! 次回
36話 37話38話39話 40話


>>「その脇役王子私がいただきます」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事