ある日、お姫様になってしまった件について
ある日、お姫様になってしまった件について

ぽち
ある日、お姫様になってしまった件について 100話101話102話について読んでみたので感想を書いてみたよ

人気の韓国漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」の100話101話102話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

前回 いまここ! 次回
99話 100話101話102話 103話


>>「ある日、お姫様になってしまった件について」全話のネタバレはこちら!

ある日、お姫様になってしまった件について|99話までのお話

ジェニットに本当のことを言ったアタナシア。

今まで自分が臆病だったために、ジェニットに嘘をついていたことを謝ります。

さらには自分の前世がアタナシア自身だったことも思い出します。

全てを知ったうえで、クロードのために世界樹を使う決心をしたアタナシア。

もしアタナシアが戻らなかった時は、ジェニットにオベリアを託します。

そして闇に落ちていくアタナシア。

アタナシアを襲う聞きたくない雑音、、。

頭が割れそうになります。

その時、光が差しアタナシアを引き上げる手が、、。

皇室で横たわるクロードとアタナシアにも、同じく光がさしているのでした。

ある日、お姫様になってしまった件について|100話のあらすじとネタバレ

ママ、と呼ぶアタナシア。

一人でよく頑張ったね、と声をかけ、ずっと会いたかったとダイアナは抱きしめます。

自然と涙が溢れだし、泣きじゃくるアタナシア。

死んだら生まれ変わるのに、ママは生まれ変わることが出来なかったの、とアタナシアは心配しました。

アーティと陛下のことが心配で、心がちょっと残っちゃったみたい、と言います。

パパが苦しんでいるからもう行かなきゃ、と言うアタナシアに、意識を失ってからずっと私と一緒にいたから大丈夫、とダイアナは言いました。

外で起きたこともアーティの置かれていた状況もすべてわかっていると、、。

私がアーティと二人きりで話したくて来たと言うダイアナ。

娘がパパを救うために、ここまで来てくれたことに陛下は感動されていた、と伝えました。

心配で離れることができなかったけど、もう大丈夫だとダイアナは言います。

そして持ってきたものをあそこへ、と呪いの中を指さすのでした。

最後にアタナシアを抱きしめるダイアナ。

直接抱きしめて育てることはできなかったけど、一瞬たりともあなたを愛さなかったことはない、とダイアナは言いました。

さらに愛している、アタナシアと、、。

ある日、お姫様になってしまった件について|101話のあらすじとネタバレ

今さら誰かを失うのが怖いとはバカバカしい、と言いながらアタナシアを見るルーカス。

まだ俺が守っているから大丈夫、と思います。

その時、呪いが割れる音が、、。

クロードが目覚めました。

しかし、アタナシアは眠ったまま、、。

クロードがシーッとルーカスに言います。

アタナシアはというと、、。

幼少期のクロードになったようです。

熱でうなされるクロードを心配するアナスタシウスがいます。

ごめんな、と謝るアナスタシウス。

そのあとは、アナスタシウスに卑怯者呼ばわりされるクロード。

幼少期に仲の良かった二人ですが、いつしかクロードをアナスタシウスは憎むようになります。

体の弱いクロードの母にも、心配させないように振る舞います。

どうやらクロードは、アナスタシウスが本当の兄弟だと思っていたようです。

そんなクロードは、婚約者にも裏切られ、いつしか悲しみ、諦め、怒りを抱くように、、。

どうやらクロードの強烈な場面だけを見ているようです。

パパの気持ちが痛いほど伝わってくるアタナシア。

ついにアナスタシウスを返り討ちに、、。

ようやくクロードが陛下になり、ダイアナと出会うのでした。

ある日、お姫様になってしまった件について|102話のあらすじとネタバレ

ダイアナとの記憶が、まぶしく映し出されるクロードの記憶。

その後急に真っ暗になり、胸が張り裂けそうな痛みの後、すぐに収まります。

ママを失った苦しみに耐えれなくなって、黒魔法で感情を殺したんだ、とアタナシアは思います。

それからは白黒の色褪せた世界に、、。

再びまぶしく色を持ったところに現れたのは、アタナシアです。

アタナシアの成長する姿が映し出される中、湖で溺れるアタナシア。

溺死させればいいのに、クロードは助けます。

目障りだと思いながらも、アタナシアをそばに置きたい気持ちが大きくなるクロード。

アタナシアの魔力の暴走の時には、クロードの中で何かが壊れる音がしました。

苦しむアタナシアに、何でもするから苦しまないでくれ、とアタナシアを抱きしめます。

さらに次の魔力の暴走では、フィリックスが止める中、自ら飛び込むクロード。

ダイアナのことを思い出します。

自分に何かあっても自分たちの子供は守りたいという言葉を、、。

すまない、ダイアナ、やっとお前のことを理解できたよ、と、、。

その後、アタナシアは目を覚ますのでした。

そこには先に目を覚ました優しい表情のクロードが、いるのでした。

感想と次回103話の予想

ぽち
ある日、お姫様になってしまった件について 100話101話102話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

鮮明によみがえるクロードの記憶が、つらく悲しいものでした。

その中の希望がダイアナでしたが、その希望さえもクロードはなくします。

何もやる気がしないクロード。

一番大切な人を失ったらと考えると、いたたまれない気持ちになります。

黒魔法で気持ちを封印したいのもわかります。

それだけダイアナのことを愛していたんでしょうね。

そんな時に、ダイアナそっくりのアタナシアが現れると、憎しみも沸きます。

忘れたくて黒魔法で存在を消したのに、、。

しかし、クロードを救ったのもアタナシアです。

そろそろ過去にとらわれず、ダイアナも願うように、アタナシアと幸せになってほしいです。

まとめ

「ある日、お姫様になってしまった件について」100話101話102話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

ついに知ってしまうクロードの悲しい過去、、。

それでもダイアナのことは、心底愛していたようです。

クロードの心の痛みを受け止めながらも、ついにアタナシアがクロードを目覚めさせました。

これで一気にハッピーエンドに向かいそうですね。

あとは、アナスタシウスとルーカスの動きが、今後の鍵を握りそうです。

前回 いまここ! 次回
99話 100話101話102話 103話


>>「ある日、お姫様になってしまった件について」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事