ある日、お姫様になってしまった件について
ある日、お姫様になってしまった件について

ぽち
ある日、お姫様になってしまった件について 103話104話105話について読んでみたので感想を書いてみたよ

人気の韓国漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」の103話104話105話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

前回 いまここ! 次回
102話 103話104話105話 106話


>>「ある日、お姫様になってしまった件について」全話のネタバレはこちら!

ある日、お姫様になってしまった件について|102話までのお話

ついにクロードを救うため、アタナシアは世界樹を手に、呪いに立ち向かっていきます。

そこにはアタナシアを心配するダイアナの姿が、、。

そしてクロードの救出に成功し、目を覚ますクロード。

アタナシアはというと、クロードの強烈な記憶の中をさまよっています。

初めて知るクロードとアナスタシウスとの関係。

さらにはクロードの怒りや悲しみ、孤独を痛いほど味わいます。

そして、クロードのアタナシアへの気持ちを知った時、アタナシア自身も目覚めます。

そこには優しい顔したクロードが、そばにいるのでした。

ある日、お姫様になってしまった件について|103話のあらすじとネタバレ

どうしてあんな危険なことをした、とクロードは聞きます。

パパこそ、どうして無理して魔力の暴走に巻き込まれたのかを、尋ねるアタナシア。

お前を助けたかった、それしか方法がなかった、とクロードは言いました。

さらに未練のせいで、曖昧に命がつながってお前を苦しめてしまったと、、。

外の状況はすべて把握している、俺を捨てればすぐに解決できたのに、なぜ我慢した、と続けます。

待って、と言った瞬間、そう言ったらダイアナが怒り出した、とクロードは小さくなります。

アタナシアも、私すごく傷ついた、とクロードに言いました。

自然と涙がこぼれ、許してくれ、と言うクロード。

アタナシアも、パパのバカ、と号泣し始めました。

クロードの黒魔法疑惑の解決方法に、アタナシアはルーカスを使うと言い出します。

塔の魔法使いであるルーカスが、パパの潔白を証明すれば何も言えなくなると、、。

アタナシアに賛成したルーカスは、よし、そろそろ仕返しに行くか、と言うのでした。

ある日、お姫様になってしまった件について|104話のあらすじとネタバレ

アナスタシウスの部屋に、イゼキエルが訪ねます。

公爵の体調が優れないので、休息をとらせたいと、、。

アナスタシウスは、自分と公爵を引き離しにかかっているのかと考えます。

もうすぐクロード皇帝の黒魔法の検証手続きが行われるから、その後で休息をやろう、と言います。

検証はどのように行われるのか、と尋ねるイゼキエル。

煩わしく思いながら、検証方法をアナスタシウスは話します。

その瞬間、何かを持っていることに気づくアナスタシウス。

親子で同じマネするとは、と言ってイゼキエルを捕えます。

面倒なことになる前に洗脳しようと首を絞め、血が出たとき、イゼキエルから魔力が、、。

実は、ルーカスから触れると発動する魔力を託されていました。

イゼキエル自身も危険にさらされるけど、自分にも姫様にとってできることがあって良かったと、、。

ぶつかり合う二つの魔力。

こんなもので捕らえられると思うな、とアナスタシウスが殴りかかった時、結界に穴が開きます。

そこから出てきたルーカス。

痛くないのか、と挑発しながらアナスタシウスの前に立ちはだかるのでした。

ある日、お姫様になってしまった件について|105話のあらすじとネタバレ

子孫の体を借りて暴れまわるのは醜いと思わないのか、と尋ねるルーカス。

皇宮の魔法使いが皇族の体に傷をつけるとは、とアナスタシウスは返します。

傷なんてどこにもない、欲しいものが手に入ったから行こう、とルーカスはアナスタシウスに言いました。

そして皇宮に集められた家主たち。

今からクロードの黒魔法の検証をすると、アタナシアは言います。

意見しようとする貴族たちに、魔法を使うルーカス。

塔の魔法使いが姫の味方をしているのに驚きが隠せません。

アナスタシウスは、ここで何をしようがルーカスに阻止されると思いました。

さらにルーカスが出歩いて、アタナシアが皇帝代理をしているということは、クロードが目覚めたと、、。

クロードの血で黒魔法の潔白を証明したアタナシア。

いきなりアナスタシウスも、黒魔法の検証にかけられます。

真っ黒に染まるアナスタシウス。

黒魔法の追従者として地下の監獄に拘禁されることに、、。

全く抵抗しないアナスタシウスに、ルーカスを恐れているのかと思いました。

そして検証を終え、貴族たちは騒ぎ始めます。

一番大きな火種は消えた、とアタナシアは思うのでした。

感想と次回106話の予想

ぽち
ある日、お姫様になってしまった件について 103話104話105話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

イゼキエルがここにきてすごく頑張ってくれました。

父親を洗脳され、妹のようにかわいがっていたジェニットもとられ、すごくやつれている様子のイゼキエル。

どうしていいのかわからなかった様子が窺えます。

自ら危険なことを引き受けてくれて、アタナシアの味方をしてくれて頼もしかったですね。

やはりまだアタナシアのことが好きなんだと確信しました。

イゼキエルの勇気ある行動で、アナスタシウスを捕えることが出来ました。

この先、アナスタシウスはこのまま大人しくしているのでしょうか。

まさか、アナスタシウスの体から出て、他の人に憑依しないといいですが、、。

まとめ

「ある日、お姫様になってしまった件について」103話104話105話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

ついに目覚めるクロード。

アタナシアと涙の再会を果たします。

さらに追いつめられるアナスタシウス、、。

ルーカスに何やら恨みがありそうな感じですね。

アナスタシウスは、大人しくこのまま拘束されるのでしょうか。

次回、アナスタシウスの動きが気になります。

前回 いまここ! 次回
102話 103話104話105話 106話


>>「ある日、お姫様になってしまった件について」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事