その脇役王子私がいただきます
その脇役王子私がいただきます

ぽち
その脇役王子私がいただきます 49話50話51話について読んでみたので感想を書いてみたよ

人気の韓国漫画「その脇役王子私がいただきます」の49話50話51話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

前回 いまここ! 次回
48話 49話50話51話 52話


>>「その脇役王子私がいただきます」全話のネタバレはこちら!

その脇役王子私がいただきます|48話までのお話

ついにデートした二人ですが、急いで帰ることに、、。

リヒトは、そんなに急いで帰る必要はなかったとピオニエに謝ります。

次第に惹かれあう二人、、。

部屋の前、ピオニエはリヒトにキスします。

リヒトも本気でピオニエとの結婚を、考えるのでした。

さらには本格化するリヒトの復権話。

ミハエルは本気でリヒトの復権に力を注ぎます。

完璧たるミハエルの周到な用意に、リヒトも心が動きます。

ピオニエの方も、キーマンとなるホープマンの集まりに招待されることに、、

その脇役王子私がいただきます|49話のあらすじとネタバレ

復権を決意するリヒト。

何があっても守り続ける、と誓います。

一方のピオニエは、公爵邸に行く予定でしたが疲れがたまっているので、シブシブ諦めることに、、。

そこにリヒトが訪ねてきました。

公爵邸に行く代わりに自分が護衛すると、、。

あと1時間弱で用意しなければならないピオニエは、大忙しです。

ピオニエの部屋を後にしたリヒトは、何やらプレゼントを持っている様子。

そしてついに公爵邸。

デボンに調査中に何か発見したらすぐに報告しろ、と言います。

そこにピオニエが、リヒトの元へクッキーを持ってきました。

手作りかと聞くリヒトに、女性の手作りにロマンがあるタイプかと聞くピオニエ。

戻ったら久々にクッキーを焼いてあげますよ、とリヒトに言うのでした。

ふと見ると、ピオニエの背中のボタンを掛け違えていることに気づくリヒト。

リヒトにボタンをかけなおすのをピオニエは頼みます。

ドキドキするリヒトは、姫に話がある、と言いました。

そこへマリーの呼ぶ声が、、。

公爵邸から戻ったら改めて話す、とリヒトは言うのでした。

その脇役王子私がいただきます|50話のあらすじとネタバレ

ホープマンのバラ園をヘスティアと一緒に訪れたピオニエは、ヘスティアの人気にビックリしました。

そこへ、ピオニエのことを不思議そうに見ている婦人がいて、ピオニエは挨拶します。

ガルテンに興味を持ってくれる婦人たち。

バラ会のスイーツを食べにさっそくお茶することになります。

ヘスティアは挨拶周りが終わってないからと、ピオニエだけが行くことになりました。

よく見て、よく聞いて答える質問は選ぶのよ、と言うヘスティア。

お茶会に参加したのはいいけど、悪口ばかりの婦人達に、ピオニエはゲンナリしました。

それでヘスティアはそんなことを言ったんだ、と思うピオニエ。

よく考えると、もしや社交界デビューしたんでは、とピオニエは思います。

絶対変なことは言えない、とピオニエは思ったところに、お相手はいるの、と質問が飛んでくるのでした。

一方のリヒトは、ヘスティアからピオニエへ送る婚約指輪を託されていました。

幸せそうで良かった、と指輪を渡すヘスティア。

この前まで想像できなかったのに、不思議な女だ、とピオニエのことを思います。

その時、木陰から物音が、、。

止める騎士たちをよそに、リヒトは追いかけるのでした。

その脇役王子私がいただきます|51話のあらすじとネタバレ

ピオニエの婚約者の話に、納得がいく答えが出るまで引き下がらない様子の婦人達。

困ったと思っているところに、さっきのヘスティアの言葉を思い出し、話題を変えました。

自分の事業にプライドを持っている婦人の自慢話にすり替えます。

終わらない婦人の話に、少し持ち上げすぎた、とピオニエは思うのでした。

その時、助け舟を出してくれた婦人が、、。

もしかしてホープマン公爵ですか、と聞くピオニエ。

ホープマン公爵というと、デビューを控えた令嬢たちが必ず挨拶するという習慣があります。

ヘスティアが皇室に来た時も、指導を頼んだ人です。

そのホープマン公爵と二人で話をするピオニエ。

さらにバラを渡されます。

婦人達の注目を浴びているところにヘスティアが、、。

今日私をバラ会に連れてきてくれたのは、皇室社交界に入らせるためかと、ヘスティアに聞きます。

大公が復権するとか、と続けるピオニエに、本人に聞くようにヘスティアは言いました。

もしかしてリヒトがさっき言いかけたのは、正式なプロポーズかと、ピオニエは思います。

一方のリヒトは、怪しい人物を追い詰めます。

追い詰め剣を交わした相手は、何とデボンでした。

感想と次回52話の予想

ぽち
その脇役王子私がいただきます 49話50話51話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

ホープマン公爵に気に入られた様子のピオニエ。

皇室の社交界デビューもうまくいきそうですね。

ピオニエの人柄は、どんな人からも受け入れられると思います。

こんなに純粋で前向きな姫はなかなかいないものです。

さらには人のことを気遣う心を持ち合わせています。

いつの間にか、たくさんの人がピオニエの虜に、、。

リヒトが無事に復権して、このままハッピーエンドに突き進んでほしいです。

不審な動きをしていたのが、デボンっていうところが気になりますが、、。

まとめ

「その脇役王子私がいただきます」49話50話51話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

復権を決意するリヒト。

ピオニエにもプロポーズすることに、、。

一方のピオニエも、無事にホープマン公爵に気にいられ、皇室社交界デビューできそうです。

ただ、怪しいデボンの動きが気になります。

デボンは誰かの指示で、動いているのでしょうか。

リヒトのことを裏切っていないといいのですが、、。

前回 いまここ! 次回
48話 49話50話51話 52話


>>「その脇役王子私がいただきます」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事