ガラスの温室の公爵夫人
ガラスの温室の公爵夫人

ぽち
ガラスの温室の公爵夫人 1話2話3話について読んでみたので感想を書いてみたよ

人気の韓国漫画「ガラスの温室の公爵夫人」の1話2話3話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

いまここ! 次回
1話2話3話 4話

>>「ガラスの温室の公爵夫人」全話のネタバレはこちら!

ガラスの温室の公爵夫人|概要

ヴィノシュトの小領土の父と、母の間に生まれたレイナの幼少期は、愛情たっぷりの幸せそのものでした。

そんなレイナの人生は、母の死によって絶望に変わります。

父からも、呪われていると虐れ、ついには離れの屋敷に移されることに、、。

そこに人生の光として現れたのがエドハール。

レイナはエドハールと結婚することができましたが、彼には冷たくされ、せっかく生まれた子供も奪われることに、、。

そして最後、レイナは死を迎えます。

すべてに絶望し、諦めたとき、エルを身ごもった過去に戻るレイナ。

今度こそは、自分と子供を守ると誓うレイナですが、、。

ガラスの温室の公爵夫人|1話のあらすじとネタバレ

レイナはいつも夢を見ていました。

過去の夢を、、。

実はレイナ、1回死んでまた同じ時間を繰り返しているのです。

今いるのは、エルを身ごもった過去の時間です。

唯一違うのは、精霊であるウンディーネがいることでした。

レイナの子供時代は、とっても幸せでした。

ヴィノシュトの小領土の父と、母の間に生まれ、たくさんの愛情を注がれて育てられました。

毎日幸せを感じるような日々、、。

そんなある日、おじいさまの誕生日のことです。

レイナは大好きなおじいさまのために、手作りのプレゼントを作りました。

とってもキレイで、弟が見とれるほどでした。

プレゼントをおじいさまにあげるのを楽しみに、馬車に乗っていた時のことです。

突然グラッと馬車が傾きました。

次の瞬間、せっかく作ったプレゼントが壊れてしまったのです。

そう、この瞬間からレイナの運命は大きく変わります。

レイナにはこの時、幸せが壊れる大きな音が聞こえるのでした。

ガラスの温室の公爵夫人|2話のあらすじとネタバレ

レイナの母はこの事故で死に、弟は片腕が不自由になりました。

唯一レイナだけが助かったのです。

そんなレイナを父は虐げました。

呪いがかかっていると、、。

レイナはついに離れの屋敷に追いやられます。

それはまだ我慢できました。

さらには、レイナの大好きなおじいさまが他界しました。

それもなんとか耐えれました。

ただ、夜は眠ることが出来なかったので、薬に頼ることにはなりましたが、、。

時々、レイナは過去を思い出します。

みんなが仲良く食卓を囲んでいたころを、、。

そんなある日、レイナの誕生日のことです。

父が突然帰宅したと知らせを聞きました。

レイナは、私のことを忘れていなかったと喜びます。

すぐに父に会いに行くレイナ、、。

そこで父はレイナに言いました。

呪われた分際で、何様のつもりだ、と、、。

レイナは、深く傷つきます。

ただ、どうしたら許してもらえるか聞きたかっただけなのに、、。

その言葉を飲み込み、誕生日は終わっていくのでした。

ガラスの温室の公爵夫人|3話のあらすじとネタバレ

小領主になった弟のお祝いの席なのに、姉のレイナの姿が見当たりません。

お姉さまはどこか、と客人が聞きます。

体の具合がよくないので欠席しているが、まっ先にお祝いしてもらっていると応える弟のヴィノシュト卿。

一方のレイナは、部屋で一人ボーっとしていました。

宴会の準備で忙しいのか、誰もレイナの食事を用意してくれません。

食堂まで直接行くしかない、とレイナは思いました。

黒いドレスのまま、食堂に向かいます。

その姿を見た客人たちは、お祝いの日に黒いドレスだなんて、と噂しました。

仕方なく、食堂に行くのを断念するレイナ。

彼女が向かったのはガラスの温室です。

そこにいたのは知らない青年、、。

名前を聞くと、青年はヒスビリアン公爵の次男のエドハール・ヒスビリアンです、と答えます。

青年はアンナに言いました。

死は取り戻せない、忘れるしかないと、、。

さらに彼はアンナに言いました。

訳もなく、振り回されて人に奪われるのではなく、あなたの人生を生きなさいと、、。

妙にアンナの心に響きました。

この時、初めて人生の光を見つけたと、思ったのです。

そしてアンナは家を去り、エドハール・ヒスビリアンと結婚するのでした。

感想と次回4話の予想

ぽち
ガラスの温室の公爵夫人 1話2話3話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

レイナの突然訪れた不幸に涙しますね。

今まで幸せに暮らしていたレイナ。

事故で母を失い、さらには父には虐げられるレイナ、、。

突然のどん底人生です。

普通の人なら、堪えしのぐことが出来ません。

レイナはとっても強いと思いました。

誕生日さえ祝ってくれない父親。

どうしたら許してもらえるかだけが聞きたいと思っているレイナに、涙が出そうです。

最後、レイナは人生の光を見つけました。

せめてこれからはレイナに幸せになってほしいと思うのに、レイナの幸せを願うことは、無謀なことなのでしょうか。

まとめ

「ガラスの温室の公爵夫人」1話2話3話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

両親から愛されて育ったレイナが、突然母をなくしてからのどん底人生。

レイナの幼少時代から結婚するまでの過程が描かれていました。

どん底人生の中に、ようやく見えた人生の光であるエドハール・ヒスビリアン。

彼と結婚できたレイナでしたが、このまま幸せを手にすることが出来るのでしょうか。

いまここ! 次回
1話2話3話 4話

>>「ガラスの温室の公爵夫人」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事