捨てられた皇妃
捨てられた皇妃

ぽち
捨てられた皇妃 の6話について読んでみたので感想を書いてみたよ

漫画アプリ「ピッコマ」に掲載されている「捨てられた皇妃」は韓国発の漫画で、画iNA氏、原作Yuna氏の翻訳版漫画です。
捨てられた皇妃|6話のネタバレと感想をまとめてみました!

前回 いまここ! 次回
5話 6話 7話

>>「捨てられた皇妃」全話のネタバレはこちら!

捨てられた皇妃6話の見どころ

父親であるモニーク侯爵が、皇后襲撃事件の黒幕として拘束されてしまいました。
アリスティアは必死に父親を救おうとしますが・・・!?
それでは「捨てられた皇妃」6話のネタバレをしていきます!

6話の【ざっくり概要】

何者かに襲撃された美優は流産してしまいました。
その事件の黒幕とされたのは父親のモニーク侯爵。
父親を信じるアリスティアは、ルブリスに命だけは助けてくれるよう懇願しますが・・・!?

捨てられた皇妃6話あらすじとネタバレ

皇后美優が何者かに襲撃され、流産してしまいました。
その事件の黒幕として、父親であるモニーク侯爵が拘束されたことを知り、アリスティアは急いでルブリスのもとに走ります。
父を信じているアリスティアは、ルブリスにどうか助けてほしいと懇願しました。
その必死の様子を見たルブリスはニヤリと笑い、助けてほしいならひざまずいて靴を舐めろと要求してきたのです。
皇后になるよう教育を受けてきたアリスティアには、高いプライドがありました。
しかし、家に連れて帰ると約束してくれた父のために、アリスティアはプライドや皇室の威厳などを捨て、それを実行に移したのです。
何よりも父の命を助けるために・・・!
するとその姿を見たルブリスは面白そうに、すでに今朝処刑したと言い放ちました。
美優に危害を加え、子を殺した者を生かしておくはずがないだろう、と。
あまりのことに、驚き言葉もでないアリスティア。
救いの手を差しのべてくれた唯一の希望だった父を殺され、心の中で何かが切れてしまいました。
すべてを奪ったあんたを絶対に許さない!!
わきあがった憎悪を止められず、かんざしを引き抜くとルブリスのお腹めがけて突き刺してしまったのです・・・!
側近が騒ぎ出す中、自分の血まみれの手を見て我に返るアリスティア。
一気に寒気がおそい、自分のしたことの重大さに気づくのでした。
処刑台で斬首刑を言い渡されたアリスティアの目に映ったのは、笑みを浮かべるルブリスの姿。
断頭台の刃が落ちる中、アリスティアは誓うのです。
生まれ変わっても二度とあなたを愛したりしない、と・・・。

捨てられた皇妃|6話のポイント

  • 父のモニーク侯爵が美優襲撃事件の黒幕とされ、処刑されてしまう。
  • 父のために命乞いをするアリスティアに対し、非情な仕打ちをするルブリス。
  • アリスティアがルブリスを刺してしまい、処刑台へ送られる。

6話を読んだ感想と次回7話の徹底予想!

ぽち
捨てられた皇妃 の話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
6話面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

ルブリス、最低。
不快度指数MAXなんですけど。
父のために必死に命乞いをする姿を面白がるとは、皇帝どころか、もう人として失格レベルですよ、コイツは。
モニーク侯爵が黒幕だったという話もあやしく思えてしまいました。
アリスティアをおとしめたいがために、憶測で黒幕に仕立て上げたのではないかと疑ってしまいます。
こんな非情な仕打ちをされて、壊れてしまったアリスティアには同情しかありません。
怒りのあまり、暴挙に出るのは当然だと思います。
なんてことをしてしまったのだろうとアリスティアは後悔していたようですが、そんな必要ないから。
そしてプロローグの処刑台の場面へとつながるわけですね。
ある意味ここまでが長いプロローグで、転生した次回からが本当の物語の始まりといったところでしょうか。
これから始まるアリスティアの復讐劇が楽しみです!

まとめ

今回は漫画「捨てられた皇妃」6話のネタバレ、感想をご紹介しました。
皇后襲撃事件の黒幕として、父のモニーク侯爵が処刑されてしまいました。
それを知ったアリスティアは憎悪のあまり、ルブリスを刺してしまいます。
そして斬首刑となってしまったアリスティアは、たとえ生まれ変わったとしても、二度とルブリスを愛さないと誓うのでした。

前回 いまここ! 次回
5話 6話 7話

>>「捨てられた皇妃」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事