捨てられた皇妃
捨てられた皇妃

ぽち
捨てられた皇妃 の5話について読んでみたので感想を書いてみたよ

漫画アプリ「ピッコマ」に掲載されている「捨てられた皇妃」は韓国発の漫画で、画iNA氏、原作Yuna氏の翻訳版漫画です。
捨てられた皇妃5話のネタバレと感想をまとめてみました!

前回 いまここ! 次回
4話 5話 6話

>>「捨てられた皇妃」全話のネタバレはこちら!

捨てられた皇妃5話の見どころ

倒れたことにより流産してしまったアリスティア。
その身体の回復を待つことなく、さらなる悪夢がおそってきて・・・!?
それでは「捨てられた皇妃」5話のネタバレをしていきます!

5話の【ざっくり概要】

流産したことを冷静に受け止めるアリスティアでしたが、思いがけず使用人たちの噂話を聞いてしまいます。
そのあまりにも辛すぎる内容に、アリスティアは正気を失ってしまうのでした。

捨てられた皇妃5話あらすじとネタバレ

目覚めたアリスティアは医師から流産したことを知らされます。
そして、もう二度と妊娠することはできないということも・・・。
それを冷静に受け止めるアリスティア。
しかしその事実よりも、自分をおいて美優を追いかけて行ってしまったルブリスの背中を思い出し、胸を痛めてしまうのでした。
自分は冷たい人間だ、子を持つ資格などないと自分を責め、納得させるしかありません。
そんな冷静過ぎるアリスティアや、訪ねてもこない父親のモニーク侯爵を見て、使用人たちは残酷な一族だと噂するのでした。
数週間たったある日、すっかり不眠症になってしまったアリスティアは、仕事をしようと部屋のドアに手をかけました。
そのとき思いがけず、使用人たちの噂話を耳にしてしまいます。
それは皇后美優が妊娠したというもの・・・。
しかも大喜びのルブリスや、神殿のお祝いのムードの様子までがどんどん耳に入ってきます。
自分が妊娠したときと比べるとあまりの違いに、アリスティアは気がつくと正気を失っていました。
高笑いが止まらないのです。
とまどう使用人たちにもかまわず、アリスティアは美優が懐妊したと言いながら大笑いを止めることができません。
そこへモニーク侯爵が現れ、壊れた人形のようになったアリスティアを正気に戻します。
厳格な父を前に反省するアリスティアに対し、モニーク侯爵は「結婚させるべきではなかった」と口にしました。
驚いてしまうアリスティア。
今まで皇室に反発することのなかった父がさらにこう続けます。
急用を済ませたらうちに連れて帰るので、もう少し辛抱してほしい、と。
本当は父が自分を気にかけてくれていたのだと知って嬉しくなったアリスティア。
しかしその場を去って行く父の背中を見て、なぜか不吉な予感が胸をよぎるのでした。
そして事態は思わぬ方向へ・・・。
その3日後、美優が外出の際に何者かに襲撃されてしまったのです!

捨てられた皇妃5話のポイント

  • アリスティアは流産してしまったが冷静に受け止めた。
  • 美優が妊娠する。
  • この結婚に対し後悔を口にした父親のモニーク侯爵が、アリスティアを家に連れて帰ると約束してくれた。

5話を読んだ感想と次回6話の徹底予想!

ぽち
捨てられた皇妃 の話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
5話面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

本当に最低なヤツですね、ルブリスは。
苦しむアリスティアを置き去りにして美優を追いかけるなんて・・・開いた口が塞がりませんよ。
わざとじゃないにせよ、ルブリスが押したせいで流産してしまったというのに!
アリスティア、ほんとに男の趣味が悪すぎるのよ。
ここまでされてまだ好きとか・・・しっかりしなさい!
美優の妊娠を聞いて壊れてしまったアリスティアに少しびっくりしましたが、それだけ日常において自分を抑えているということですよね。
モニーク侯爵の行く末には嫌な予感しかしませんが、もし亡くなってしまったりしたら、心のよりどころを失ったアリスティアは一体どうなってしまうのでしょうか。
そして最後に急展開が起きます。
妊娠している美優が何者かに襲撃されてしまいました。
その事件にモニーク侯爵が関係しているという方向に話が進みそうで怖いです・・・。

まとめ

今回は漫画「捨てられた皇妃」5話のネタバレ、感想をご紹介しました。
流産し、もう子供を望めない身体となってしまったアリスティア。
その状態で美優の妊娠を受け入れるのは難しいことでした。
そんなアリスティアを父親のモニーク侯爵は、家に連れて帰ると約束をしてくれたのですが・・・。
その後、美優が何者かに襲撃されてしまって!?
次回、急展開です!

前回 いまここ! 次回
4話 5話 6話

>>「捨てられた皇妃」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事