ナノ魔神
ナノ魔神

ぽち
ナノ魔神 33話34話35話について読んでみたので感想を書いてみたよ

時間を持て余して何か無料の漫画を読み始めようとは思っているものの、つまらない漫画を読んで時間を無駄にしたくないという方に今回紹介したい漫画は『ナノ魔神』!

今回は、人気の韓国漫画「ナノ魔神」の33話34話35話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

前回 いまここ! 次回
32話 33話34話35話 36話


>>「ナノ魔神」全話のネタバレはこちら!

ナノ魔神|33話までのお話

ナノ魔神のここまでをサクッと振り返っていきましょう!

魔道館での生活が始まり、武術の腕が全くなかった天黎雲が1段階試験をナノの力であっけなく通過し、周りから疑われないようにダメージを負い入院しました。

入院中にナノと師匠・葉猛の力で急成長を遂げ、2段階試験を突破するところまできました。

秘笈書斎の碑石から天黎雲しか解明できていない絶世招式を見つけ、最強の招式が自分だけのものになりつつあり、今後の成長から目が離せません!

ナノ魔神|33話のあらすじとネタバレ

33話は染芭が負けを認め約束通り情報を話そうとしますが、天黎雲がその前に手合わせを申し込んだ本当に理由を聞くところから始まります。

染芭は3段階試験は生徒本人で班を組み行われると言い、その上で天黎雲を班長として着いて行くのが吉か実力を測るために申し込んだと言います。

天黎雲は怪しいと思い、なぜ他の小教主候補じゃないのかと問います。

玄魔宗と剣魔宗の公子様たちに先に行ったが断られ、天黎雲に申し込んだと答えました。

それに同じ刀の道を歩んでいるので、という回答をしましたが、それに強い違和感を覚えました。

刀を極める者にも関わらず刀魔宗のことを隠しているため、嘘をついていると考えナノに顔面分析をさせると嘘である確率は62%でした。

天黎雲に断られた染芭は尻尾を巻いて帰っていき、次に現れた人物は天侑燦でした。

天侑燦に断られたことを伝えると、役に立たないと言われ自身の計画が失敗したため早く失せろと言い染芭はその場を去ります。

染芭を一撃で倒したことから2日前に見た天黎雲の実力より格段に成長していることを天侑燦が感じるところで33話は終わります。

ナノ魔神|34話のあらすじとネタバレ

34話は秘笈書斎でスキャンした内容をもとに天武錦のアバターとシミュレーションするとこらから始まります。

天武錦のアバターの首を攻撃すると3日前までは転ぶだけだったのに、修練を積み重ねたことで首が折れて死亡してしまい、戦いになりませんでした。

そこで天武錦のアバターを10体に増やすことにしました。

10体のアバターの攻撃を避けるためにジャンプしたら天井に頭突きしてしまい、天井を破壊してしまいました。

教頭に個人修練室の使用を禁止され、代わりに4段階試験に合格したものだけが使える個人修練室よりも広い修練室を特別に使用していいとのことでした。

天武錦のアバター10体と引き続きシミュレーションしようと思いましたが、医務室で葉猛の動きをスキャンさせていたことを思い出し、設定を葉猛に変更させました。

招式をあっけなく阻止され、アゴを手のひらで突き上げられるところで34話は終わります。

ナノ魔神|35話のあらすじとネタバレ

35話は葉猛のアバターには勝てないと思っていたものの一つの招式もかわせないことに衝撃を感じるところから始まります。

秘笈書斎の碑石に残されていた絶世招式を使うと、少しは通用したもののやはり突き飛ばされて負けてしまいます。

しかし葉猛のアバターの体に浅い切り傷があることに気が付き、致命傷は与えられていないものの攻撃が届いていることがわかりました。

そして3日後まで話は進み、大錬武場で李華明より3段階試験の内容の発表と魔龍丹が配布されました。

3段階試験の内容は芭蕉が言っていた通りで、合格条件は12名の剣陣で教頭を倒すという難しい条件でした。

みんなは教頭の腕前を知っており、絶頂の手練で中には絶頂の極に達した物までいるため混乱します。

そして班長の決め方は7日以内に教頭の名札を奪った者だと言いさらに混乱が大きくなります。

さらに李華明はもう少し揺さぶりをかけるために今すぐに教頭に挑んでもいいんだぞと言い生徒を煽ります。

1班の班長で玄魔宗の小教主候補者の天武練、8班班長の天黎雲そして毒魔宗の天鐘閃を倒して12班の班長になった白己の3人が手を上げ挑戦を申し出たところで35話は終わります。

感想と次回徹底予想

ぽち
ナノ魔神 33話34話35話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

やはり魔道館ではいろんな思惑がうごめきあっているなとあらためて感じた33話~35話でした。

天侑燦の本当の思惑がなんなのか、なんでこんな周りを使って天黎雲に揺さぶりをかけるのか、おいおい明らかになっていくのが楽しみです!

そして次回36話では、教頭から名札を奪うための戦いが描かれるでしょう。

強敵相手にどれほど3人の立候補生徒の実力が通用するのか、目が離せません。

まとめ

「ナノ魔神」33話34話35話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

33~35話は、天侑燦という小教主候補者の中でも最有力である男が何を企んでいるのか気にせずにはいられない回でした。

3段階試験のレギュレーションも発表され、ますます先が気になりますね!

前回 いまここ! 次回
32話 33話34話35話 36話


>>「ナノ魔神」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事