異世界の皇妃
異世界の皇妃

ぽち
異世界の皇妃 5話について読んでみたので感想を書いてみたよ

今回は『異世界の皇妃』の5話についてのネタバレを紹介していきたいと思います。
カトレアに暗殺者一味の可能性が高いと疑われ地下牢に連れて行かれそうになりますが、共犯者のクレンシアはなぜか助けてくれません。
自分でどうにかしなければと思い、沙良は犯人の顔を見たと証言して、何とか身の潔白を晴らそうとするのです。

前回 いまここ! 次回
4話 5話 6話


>>「異世界の皇妃」全話のネタバレはこちら!

異世界の皇妃5話の見どころ

皇妃に選ばれたことで、今まで沙良に無関心だったカトレアの態度が一変します。

実の息子か分からないクレンシアが皇帝になり、15番目の側室で来た沙良が翌日第一皇妃になるなんて話は面白くないですよね。

沙良が今にも殺されそうな剣幕で迫ってくると感じるほどに変わっていくカトレアの表情などに注目して頂きたいです!

5話の【ざっくり概要】

クレンシアは父の仇を討つため、沙良に力を貸すよう依頼をしました。
そして協力すれば褒美をやろうと付け加えたのです。
その言葉の可能性を信じて嘘の証言をし、犯人とは全く別の顔の似顔絵を描かせました。

これで手がかりが掴めたと感謝し、その後なぜか沙良を第一皇妃にすると宣言したのです。
これにカトレアは猛反対。
沙良本人がどうしたいのか意思確認をしてきました。
どちらかを選ばなけらばいけない状況になってしまった沙良ですが、求婚を受け入れ皇帝クレンシアに付くことを決めたのです。

異世界の皇妃|5話あらすじとネタバレ

犯人の顔を見たと言ったあと、クレンシアの反応を見ます。
ここで沙良が本当に捕まってしまい、拷問などされたらクレンシアのことを犯人だと口を割ってしまう可能性があり、助ける必要があると考えたからです。
するとクレンシアは沙良が犯人逮捕に協力するなら、褒美を与えると言いました。
これは皇帝を暗殺した日にも聞いた言葉です。

その言葉の可能性に賭けてみた沙良は嘘の証言と、犯人と全く違う痩せたパッとしない中年男性の似顔絵を描かせました。
クレンシアはこれで手がかりが掴めたと感謝し、その見返りに沙良を第一皇妃にすると宣言したのです。

周りがざわつく中、もちろんカトレアは猛反対。
ですが、そこにいた宰相と聖女が沙良は皇帝と初夜を迎えてはおらず、法的に婚姻は成立していないと助言します。
一旦納得したように見えたカトレアですが、最後に沙良本人の意思を確認してきました。
詰め寄ってくる彼女の表情は、沙良の答えによっては今にも殺してしまいそうな剣幕です。
怯えている沙良をかばうようにクレンシアが前に立ち、一方的に結婚を宣言したことを謝罪し、改めて甘い言葉で求婚します。

どちらかを必ず選ばなければいけない状況です。
悩んだ末、出した答えとは…クレンシアの求婚を受けることを選んだのです。
これで沙良を取り巻く構図が決まりました。

5話のポイント

  • 沙良は犯人の顔と全く違う似顔絵を描かせた。
  • クレンシアは沙良を第一皇妃として迎えると宣言した。
  • 先代皇帝と初夜を共にしていないので婚姻は成立していない。

5話を読んだ感想と次回6話の徹底予想!

ぽち
異世界の皇妃 5話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

5話目を読んだ感想ですが、褒美とはクレンシアの第一皇妃となることだったんですね!
聖女や宰相の後押しもありましたが、妙に協力的な部分が気になります。

さて次回6話ですが、クレンシア側に付いたことにより誰が敵なのかはっきりしました。
その敵に立ち向かわなければいけないのですが、果たしてお互い信頼し協力できるのでしょうか?

まとめ

異世界の皇妃5話のネタバレを書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?
沙良の気持ちとは裏腹に権力争いの渦中に巻き込まれてしまいます。
クレンシアを選んだ沙良ですが、彼の思惑とは一体なんなんでしょうか。
気になる6話も目が離せません!

前回 いまここ! 次回
4話 5話 6話


>>「異世界の皇妃」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事