ある日、お姫様になってしまった件について
ある日、お姫様になってしまった件について

ぽち
ある日、お姫様になってしまった件について の3話について読んでみたので感想を書いてみたよ

ある日、お姫様になってしまった件について のネタバレ含む紹介です。
3話では、アタナシアがロマンス小説の内容を思い出すシーンです。
なぜなら、アタナシアの名前が小説の脇役姫と全く同じなうえに、父親の名前まで同じだからです。

自分の名前だけではなく父の名前まで同じとなると、どうしても気になって仕方ありません。
ハッピーエンドのお話ですが、脇役姫と同じ名前のアタナシアの運命は、ハッピーエンドではないのです。

アタナシアは、濡れ衣で殺されてしまう姫なのです。
しかも主人公ではなく脇役の姫なので、存在感がありません。

これは同じ姫なのにあんまりではないかと、涙するアタナシア。
そんなことを知らないリリーは、わけもなく泣きじゃくるアタナシアにびっくりします。

前回 いまここ! 次回
2話 3話 4話


>>「ある日、お姫様になってしまった件について」全話のネタバレはこちら!

ある日、お姫様になってしまった件について3話の見どころ

3話の見どころといえば、やはり明らかになった妹のジェニットです。
容姿端麗で天使のような心を持つジェニット。

一方で、姉である姫のアタナシアは、気弱で暗い姫として描かれています。
出生直後にクロードに知らされましたが、後宮に閉じ込めて放置されました。

9歳の誕生日に初めて父であるクロードに、偶然アタナシアは出会います。
愛情に飢えているアタナシアは、父であるクロードに気に入られようと努力します。

才芸に秀でた優雅な姫として生まれ変わりますが、一番欲しかったクロードの愛は手に入れられませんでした。
それに引き換え、特に努力をしなくても父の愛を手に入れたジェニット。

父クロードは、英雄として称えられていますが、実は王位が欲しいために兄を殺した冷酷な殺人者。
クロードの冷酷さとアタナシアの悲惨な運命が今回の見どころではないでしょうか。

3話の【ざっくり概要】

3話は前世で読んだネット小説の内容を、赤ちゃんに生まれ変わったアタナシアが思い出すシーンです。
主人公は容姿端麗で天使のような心を持つ姫ジェニット。

ジェニットは、氷のような冷血な皇帝である父クロードの心を溶かします。
父クロードの心だけでなく、全大陸の人々に愛されます。

ジェニットも、最初はクロードに愛されているわけではありませんでした。
存在すら知らされていませんでした。

それがいつの間にか、クロードの心を動かし、結婚相手のアルフィアス公子と共に幸せに暮らすというハッピーエンドのお話です。
その話を読んで、アタナシアが涙します。

ある日、お姫様になってしまった件について|3話あらすじとネタバレ

ネットのロマンス小説の主人公は、容姿端麗で天使のような心を持つ侍女のジェニット。
そんなジェニットの父は、英雄として称えられていますが、実は王位が欲しいために兄を殺したクロードです。

クロードがジェニットの存在を知ったのはジェニットが14歳の時です。
ジェニットの母は、クロードに婚約解消され、お産中に亡くなりました。

クロードから守るために、ジェニットは出生を隠して他で育てられていたのです。
隠されたジェニットの存在を知ったクロードは、最初はジェニットに冷たく当たりました。
でも、容姿端麗で天使の心を持つジェニットに、次第に心を溶かしていきました。

一方で同じ姫であるアタナシアは、妹のジェニットのカップに毒を盛ったという濡れ衣を着せられてしまいました。
ジェニットを大切にしていた父クロードは、真相を確かめずにアタナシアを殺してしまいました。

真相が明らかになっても、クロードはアタナシアを殺したことに罪悪感を持つことはありませんでした。
一方でジェニットは、罪悪感を持ちましたが、恋人に支えられて乗り越えたというお話です。

なぜアタナシアが殺されなければならなかったのでしょうか。
理不尽でしかありません。

3話のポイント

3話でのポイントは、二人の姫の扱いの違いです。
ロマンス小説の主人公の姫は、侍女のジェニットであって、長女のアタナシアは脇役でしかありません。
要は、ジェニットの引き立て役として描かれています。

ロマンス小説の主役であるジェニットは、まるで天使のように描かれています。
それに比べてアタナシアは、気弱で暗く、ジェニットとは対称的な姫です。

もちろん氷のような父クロードの心を溶かしたのもジェニットです。
ジェニットのことを、心から大切にしていた父クロード。

皇帝というのは、ある意味で冷血でなけらば務まりません。
誰にも弱い部分が見せれないのです。

そんな時にジェニットの存在が、クロードの癒しになったのでしょう。
やはり、クロードも親ですね。

3話を読んだ感想と次回4話の徹底予想!

ぽち
ある日、お姫様になってしまった件について の3話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
3話面白かったね〜^^さぁ〜次4話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

ロマンス小説に出てくる姫の名前と同じ名前のアタナシア。
小説の中では、悲運な運命をたどってしまいます。

アタナシアは、そんな悲運な姫が自分だと感じています。
せっかく生まれ変わったのに、なんて悲惨な話なのでしょう。

その運命を知っているからこそ、アタナシアにはできることがあるのではないでしょうか。
アタナシアは、自分の運命を変えることができるのでしょうか。

4話では、アタナシアが運命を変える作戦をたてることに期待します。
父クロードの愛情を受ける作戦をたてるのか、それとも城から逃げて生き延びる作戦を立てるのか気になります。

私は、父クロードの愛情を勝ち取ってほしいものです。
幸せな姫となって、小説の内容を書き換える日を望みます。

まとめ

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」の第3話のネタバレを紹介していきました。
ロマンス小説の父クロードの手で殺されてしまう姫と同じ名前のアタナシア。
このままだと、小説通りになってしまいます。

結末を知っているからこそ、アタナシアには運命を変えることができるのではないのでしょうか。
1話1話から、目が離せなくなってきました。

自分の運命に奮闘する姿がとても印象的に描かれています。
希望としては、父クロードの心を動かしてほしいものです。

前回 いまここ! 次回
2話 3話 4話


>>「ある日、お姫様になってしまった件について」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事