デイジー~公爵の婚約者になる方法~
デイジー~公爵の婚約者になる方法~

ぽち
デイジー~公爵の婚約者になる方法~ 12話13話14話について読んでみたので感想を書いてみたよ

この記事では、漫画「デイジー~公爵の婚約者になる方法~」の12話13話14話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。
デイジーとキリアン侯爵の新婚カップルはどんな運命を辿っていくのでしょうか?

以下、この記事にはネタバレを含みますのでご注意ください。

前回 いまここ! 次回
11話 12話13話14話 15話


>>「デイジー~公爵の婚約者になる方法~」全話のネタバレはこちら!

デイジー~公爵の婚約者になる方法~|12話までのお話

キリアンは公爵になるため、デイジーは父の借金を無くすため。
二人はそれぞれの目的を達成するために、「契約」として結婚することとなりました。

様々な契約内容を話し合いで決定させていくうちに、お互い心を開いた様子を少しだけ伺うことができた12話まででした。

キリアンはデイジーが過去に恋人からひどい扱いを受けていたことを察して、デイジーの婚約者は自分であると示すために大きな宝石を婚約記念品として贈ることとしました。

そんなことは想像もしていないデイジーは、いったいどんな反応を見せるのでしょうか?

デイジー~公爵の婚約者になる方法~|12話のあらすじとネタバレ

キリアンが用意した婚約記念品を届けるため、デイジーの家にキリアンの執事・ジェドがやってきました。

キリアンが用意したのは最高級のピジョンブラッドルビー(別名:太陽の宝石)という、大きな宝石のついたアクセサリー一式でした。
なんと、今年の競売で最高値を更新したものを急いで取り寄せたというのです。

デイジーは受け取ったその宝石の置き所に迷います。
宝石が父に見つかったら売りさばかれてしまい、ローズに見つかったらくれとねだられると思っているためです。

迷ったデイジーは、やはり隠しておくことに決めました。
ですが、そんなところを姉のローズに見られてしまいます。

ローズは知人とのお茶会で、キリアンが求婚相手に宝石を買っていたことを聞いていました。
また、ローズはキリアンの婚約者がデイジーだなんてその場で絶対に言うことができませんでした。
そんなことが知れてしまえば、デイジーの方に関心が集まってしまうに違いないのです。

ローズはデイジーのもとを訪れ、なぜ婚約記念品をもらったのに見せないのか、分け合おうと思わないのかと責め立てます。

「強欲だ」と言うローズに、抵抗するデイジー。
ですが、隠していた宝石が見つかって取り上げられてしまいます。

ひどいことを言われ続けたデイジーは、ローズにキリアンを諦めるようにはっきりと言いました。
「キリアンは自分と結婚する」「彼はローズには興味はない」と…。

言い争いが続き、ローズが「彼を私に譲って」と言ったそのとき。
「断る」と言ったのは、デイジーではなくていつの間にか後ろで話を聞いていたキリアン本人でした。

デイジー~公爵の婚約者になる方法~|13話のあらすじとネタバレ

突然現れたキリアンに、驚くローズとデイジー。
玄関のドアが開いていて、2階から大声が聞こえたので泥棒でも入ったのかと思い駆けつけたようでした。

キリアンはローズをにらみつけ、「外から入った泥棒ではなさそうだな」と言います。

はっきりと「自分が欲しいのはデイジーだ」と言い、ローズの気持ちを断ったキリアンですが、ローズは食い下がりません。

「デイジーがあまりに下品だから叱っていただけで、自分のことをよく知ってもらえれば誤解は解ける」と色仕掛けをするローズ。

それに対してキリアンは「婚約者に宝石を返してくれ」「それともそうやってコート掛けやスタンドのように宝石を持っているのがお前の仕事か?」ときつく言い放ちました。
そのうえ、「私はローズのことをよく知りたいとは思わない」とはっきりと告げます。

絶望するローズの前でキリアンはデイジーに宝石のついたアクセサリーを着け、そのままディナーへと向かいました。

キリアンが予約していたディナーのお店は、予約が取れないと噂のレストラン「フォルスタ」。
キリアンが所有するお店だったので、二人の使用するフロアは貸切にされていました。

キリアンが「もともとあのような面白い家族なのか?」と問うと、デイジーは飲んでいたワインを吹き出してしまいます。
そんなデイジーに、キリアンはハンカチを差し出してくれました。

姉はそんなに悪い人ではないと言うデイジーですが、姉を愛しているのかと聞かれるときっぱりと「そうではない」と言い切ります。

なぜキリアンはそんなことを聞いたのでしょうか?
それは、キリアン自身が弟たちのことを殺してしまいたいほどよく思っていなかったからでした。

殺してしまっても問題ないと言うキリアンに、デイジーは「生かしておくのも悪くはありません。公爵になって幸せに暮らす姿を見せるのも復讐でしょ」「生涯敗北感を味わわせながら生かしておくのも悪くないでしょう」と言います。

デイジーが話すのを見守ったうえで、キリアンはついにデイジーへ質問しました。
「遺言状の内容はどうやって知った?」と…。

デイジー~公爵の婚約者になる方法~|14話のあらすじとネタバレ

遺言状の内容をどうやって知ったのか聞かれたデイジー。

デイジーは「なぜ知っているのかは教えられない」とはっきり伝えました。
自分は預言者ではないので未来をすべて言い当てられるわけではない、偶然いくつか知っていることがあるだけだと…。

するとキリアンは、祖父であるシルベステン公爵から「結婚をしなければ遺産は渡さない」「キリアンのような男を受け入れてくれる女がいたらすぐに結婚しろ」と言われていたことを明かしました。

それなのにキリアンが結婚しなかったのはなぜでしょうか。
それは、女嫌いだからではありませんでした。
キリアンは「愛に溺れた男」が嫌いであるため、これまで結婚しなかったのです。

キリアンの父は、不倫した後にキリアンの母を殺してしまいました。
キリアンは、自分にもし愛する人ができれば父と同じような人間になってしまうのではないかと心配していたのです。
それ以外にも、キリアンの先祖には愛に溺れて死んだ人がたくさんいました。

それを聞いたデイジーは、自分も同じであることをキリアンに伝えます。
「愛という不確かな感情で人生を無駄にしたくない」と…。

価値観がぴったりと合ったデイジーとキリアン。
二人は、3年間だけでもお互いがいいパートナーになれることを確信します。

何か不安はないのかと問うキリアンに対して、結婚後の夫婦関係が不安だとデイジーは正直に伝えました。
男性にときめいた経験もない、キリアンも女性があまり好きではない…。
そんな状況で、相性が良くないと大変だと心配するデイジー。

するとキリアンは、「一度試してみるか?婚前交渉を望んでいるのだろう?」と言います。

淫らに思われてしまったと嘆くデイジーに、キリアンは次々と提案します。
キスならどうか、触るだけならどうかと…。

それを聞いて「触るだけなら…」と言うデイジー。
キリアンはデイジーを体ごとテーブルの上に上げ、脚を少しずつ触っていきます。

キリアンがデイジーの脚の間に入るような体勢になり、二人の体はかなり近い距離に。
ドキドキするデイジーでしたが、気づかれないように「大丈夫」と言います。

キリアンの「続けよう」という言葉で、14話は終了します。

口コミ・感想こっそり紹介

デイジーとキリアンが、心も体も急接近してしまう12〜14話でした!

慎重なデイジーに対して、キリアンが無意識ながらにグイグイと距離を詰めていく姿がとっても印象的でした。
ひどいことを言うローズに対しても、自分の婚約者であるデイジーを守るためはっきりと要件を伝える姿が魅力的ですよね。

14話の最後では、まさかの急展開。
距離が近いキリアンに、デイジーはときめきが隠せない状態に!
読んでいるこちらまでドキドキしてしまいました…!

次回15話の徹底予想

ぽち
デイジー~公爵の婚約者になる方法~ 12話13話14話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

距離が大接近しているデイジーとキリアン。
15話では、グイグイと攻めるキリアンにデイジーが耐えられなくなってしまい、距離を置いてしまうのではないかなと予想します。

この急接近を機に、デイジーも自分の気持ちに気がつきキリアンに少しずつアプローチしていくのではないでしょうか…!?

まとめ

今回は、「デイジー~公爵の婚約者になる方法~」12話13話14話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!
急展開が起こった12話〜14話。
契約結婚である二人ですが、しっかりと愛を育んでいるような気がします。
これからのラブラブな展開に期待です!

前回 いまここ! 次回
11話 12話13話14話 15話


>>「デイジー~公爵の婚約者になる方法~」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事