できるメイド様
できるメイド様

ぽち
できるメイド様 21話22話23話について読んでみたので感想を書いてみたよ

韓国漫画「できるメイド様」の21話22話23話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

キエルと再会したマリは、キエルが親衛隊の団長だと知り、驚きを隠せません。

建国際では、大式典の直前、騒ぎが起こり、メイド仲間が無実の罪で牢獄へ連れていかれます。

そしてマリはまた新しい夢を見ました…!

前回 いまここ! 次回
20話 21話22話23話 24話


>>「できるメイド様」全話のネタバレはこちら!

できるメイド様|21話までのお話

クローヤン王国の最後の血筋である女王モリナは、クローヤン王国を滅ぼした敵国である、東帝国のメイドとして、マリという名前で身を隠して生活を送っています。

なんのとりえもない彼女ですが、何事も前向きに努力します。

マリは、とある囚人の祈りのおかげで、夢に出てきた人物と同じ能力が自身に宿るようになりました。

万能なメイド、天才彫刻師、天才ピアニストの力がマリに宿ります。

そして新たにマジシャンの夢を見ました。

キエルと再会したマリは、同時に幼いオスカー殿下とも出会います。

寂しい思いをしているオスカーに、マリはマジックを披露し、オスカーを元気づけるのでした。

できるメイド様|21話のあらすじとネタバレ

ラエル皇太子は、パーティー会場へ向かう途中、マリの姿を見つけとっさに身を隠します。

マリはオスカー殿下にマジックを披露していました。

料理の腕も優れていて、マジックまでできるマリのことを、本当に有能なメイドだと感心しながら見守ります。

そして、いまだ見つからず、天使の仕業と噂されている、彫刻や楽譜の一件のときも、マリが近くに居たこと思い出していました。

するとマリの元へ、キエルが近寄り話かけます。

ラエルは何の話をしているのか気になってしょうがありません。

キエルは、オスカー殿下にお気遣いいただきありがとうとマリにお礼の言葉をかけます。

そして、やはり優しくて可愛い方だとマリを褒め称えます。

顔を真っ赤にして照れるマリ。

そしてキエルは、誰からも相手にされず、寂しい思いをしているオスカーを、受け入れてくれたマリに感謝していると伝えました。

その時マリは、ふと思いました。

どうしてキエルさんが、オスカー殿下の世話役なのか…。

マリはキエルに、フルネームを教えていただけないかと申し出ます。

キエル息を飲みましたが、キエルハーン・ド・セイトンですと名乗りました。

その名を聞いたマリは愕然とします。

そして、今までの無礼をお許しくださいと、膝をつき深々と頭を下げました。

私たちは友達だから今まで通りでいいとキエルが言うも、マリは頭を下げたまま、すみませんとだけ言いました。

キエルは、無理強いはしないが、マリとの出会いを無駄にしたくないと言います。

マリとは心が通じ合うような気がして、一緒にいると心地よかったと続けました。

マリもまた、同じ気持ちでしたが、メイドと帝国の大貴族が仲良くできるわけがないと考えていました。

そこでキエルはマリに提案します。

今までみたいに接するのが難しくても、心の中では友達でいてくれないかと手を差し伸べながら伝えました。

マリは一瞬躊躇しましたが、顔を上げ、キエルが差し伸べた手に自分の手を添えました。

キエルとマリのやり取りを終始見ていたラエルは、イラ立ちを隠せません。

マリをひざまつかせたことも気に食わず、拳に力が入ります。

冷静になれと自分に言い聞かせ、二人が仲良くしている姿を後に、ため息をつきながら去ってゆくラエルでした。

できるメイド様|22話のあらすじとネタバレ

マリは仕事の途中、バーハンさんに会いました。

正式に団長になったバーハンに祝福の言葉をかけます。

しかしバーハンは、楽譜を完成させてくれた方を差し置いて、自分が団長になってよかったのかと告げ、それを聞いたマリは少し胸が痛みました。

今日の大式典での演奏の準備をしていたバーハンですが、演奏家のみんなが楽器をとりにいったまま、なかなか戻ってきません。

その時、マリは他のメイドに呼び出され、バーハンと別れました。

マリが頼まれものを取りに、暗い部屋に入り探していると、仮面舞踏会で使う美しい仮面を見つけます。

そして同じ部屋に、古いピアノが置かれていることに気付きました。

マリは一音弾いてみます。その音は部屋中に大きな音で響き渡りました。

マリは弾きたくてたまらないですが、自分で自分を制し、部屋を後にします。

頼まれたものを届けに会場に戻ると、他のメイドから火事があったことを教えてもらいました。

楽器の保管庫が火元のようです。

バーハンさんが頭を悩ませている姿が見えました。

大式典は帝国中の貴族や外国からのお客様でいっぱいで、他の楽器を準備するために開始時間を遅らせるわけにはいきません。

とりあえず何でもいいから演奏するんだと、ラエル皇太子から指示が飛びました。

マリはさっきの部屋へ走ります。

そして古いピアノに向かい、奇跡を起こしてくださいと神様に願いながら、弾き始めました。

ピアノの音色は会場まで届き、その素敵な曲を会場にいるみんなが称賛します。

同じく、会場にいたラエルは、水晶宮殿で聞いたピアニストによる演奏だとすぐに分かりました。

マリは、バレたらどうしようと、内心焦りながらピアノを弾いています。

序章だけで終わらせて、続きはバーハンさんに託そうと考えました。

曲を弾き終えたマリは、急いで会場へ戻ります。

2階で仕事をしていたことにしようと思い、扉をあけた時でした。

ラエル皇太子がこちらへ向かってくるのが見えました。

できるメイド様|23話のあらすじとネタバレ

ラエル皇太子は古いピアノが置いてある部屋に着きました。

しかしそこには誰もいません。

しかもそのピアノは古くて音が響きません。

一体誰が、どうやって演奏したのか…あたりをくまなく探します。

演奏を終えて会場に降りてきたなら、自分と鉢合わせたはずなので、この階にまだいると踏んだラエル。

一方物置に隠れていたマリは、誰もいなくなったのを確認しながら顔を出し、急いで会場へと戻りました。

会場では、オーケストラの演奏も良かったけど、最初のピアノの演奏が最高だったという話で持ちきりです。

また天使の仕業じゃないかという噂話に、マリは聞き耳をたてます。

バラ庭園の彫刻も、オーケストラが演奏する曲を仕上げたのも、天使が宮殿に舞い降りて授けてくれたという内容でした。

そんな噂が出回っていることを知らなかったマリは、びっくりします。

その時、メイド長がマリを呼び、メイド仲間のジェーンが牢獄に連れていかれたことを教えてくれました。

昨日の火事の原因が、ジェーンがろうそくの火を消し忘れたことによるものだとなったからです。

マリは牢獄へ走りました。

牢獄では、ジェーンが泣きながら、ろうそくは全部消したとマリに訴えます。

ジェーンは仕事ができるメイドだったので、マリはジェーンの話す事を信じました。

そして、ろうそくを消したのにも関わらず起こった火事を、ただの火事ではないと考えました。

式典が始まる直前に、オーケストラの楽器の保管庫で火事が起こったことも、怪しいと思いました。

そしてマリは、夢で見た探偵の言葉を思い出します。

証拠は現場にある。隅々まで確認することが、証拠を見つける近道だと。

マリはジェーンに、必ず助けてあげると言い残し、火事が起こった現場へと向かいました。

ジェーンを助けるために、新しい証拠を見つけたいマリ。

しかし、保管庫は立ち入り禁止で、皇室親衛隊の騎士が見張りをしていました。

どうにか中へ入れてもらおうとしますが、決して入れてくれません。

さっさと帰れと言われ困っているところに、キエルが現れました。

口コミ・感想こっそり紹介

  • キエルとマリがいい感じでラエルに同情したくなります!
  • ラエルが隠れて見ているシーンが多くて面白いです!
  • 探偵マリの名推理が楽しみです!

次回24話の徹底予想

ぽち
できるメイド様 21話22話23話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

火事の犯人はいったい誰なのか気になりますね!

マリは探偵の力でこの騒ぎを収束できるのでしょうか!

そして、マリがピアノの部屋から出ていく様子をラエルに目撃されたようです!

次回、マリはこのピンチをどう乗り越えるのか、目が離せませんね!

まとめ

今回はできるメイド様第21話、22話、23話のネタバレを書いてみました!

マリはキエルが親衛隊の団長だとわかりましたね!

これからは心の友達になったわけですが、前より親密になった感じがします!

それを見ていたラエルは当然怒りましたが、まだその感情が嫉妬だとは気づいていないようです。

火事の件をマリが解決するのは目立ち過ぎのような気がしますが…次回が楽しみです!

前回 いまここ! 次回
20話 21話22話23話 24話


>>「できるメイド様」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事