お気の毒さま、今日から君は俺の妻

ぽち
お気の毒さま、今日から君は俺の妻 の5話について読んでみたので感想を書いてみたよ

Comic Berry’sにて掲載されている「お気の毒さま、今日から君は俺の妻」のネタバレを含む紹介になります。5話は「溺れるほど愛される新婚生活の始まり」です。龍一郎からの溢れる愛を澄花はどう受け止めるのでしょうか。

前回 いまここ! 次回
4話 5話 6話

>>「お気の毒さま、今日から君は俺の妻」全話のネタバレはこちら!

お気の毒さま、今日から君は俺の妻|5話の見どころ

前回の神前式を終え、今回は披露宴後のシーンからになります。披露宴そのものは描写されていませんが、龍一郎のタキシード姿がかっこよかったです。
無事挙式と披露宴を済ませたことで正式に龍一郎の妻となった澄花は、前回の龍一郎の「手に入れるまで先へは進まない」の宣言通りになります。

5話の【ざっくり概要】

神前式を済ませた澄花と龍一郎は、披露宴を執り行いました。緊張から解放された澄花ですが、披露宴後、龍一郎と食事をすることになりました。
結婚を決めてから今日まで食事をしたことがなかったため、澄花は龍一郎との会話に緊張してしまいます。話題が思いつかないのは龍一郎のことを知らないからだと思った澄花は龍一郎のことを知りたいと言うも拒絶されてしまうのでした。

お気の毒さま、今日から君は俺の妻|5話あらすじとネタバレ

前回白無垢での式を挙げた澄花と龍一郎は来賓がほぼ葛城家という中での披露宴を行いました。緊張から解放された澄花はドレスを脱ぎ、ソファにもたれかかりながら、披露宴で着たドレスを見つめます。
ハルが亡くなってから黒い服だけを着ていた澄花は、今回の結婚式で久しぶりに黒以外の服を身にまといました。もう、ハルのために黒い服を着ることはできないと思う澄花の元にタキシード姿の龍一郎が現れます。
澄花に甘い言葉をささやく龍一郎に対し、嫁として来賓の見送りをしなくてもよかったのか確認する澄花ですが、龍一郎からは自分の傍にいることだけが仕事だと言われてしまい、澄花はまるで私は人形のようだと感じてしまいます。
龍一郎もタキシードから着替え、二人は食事をすることにしました。結婚が決まり、披露宴を済ませる今日まで、二人で食事をしたことがないためか、澄花は緊張してしまいます。
緊張の理由が、澄花自身が龍一郎を知らなすぎることからだと思った澄花は、歩み寄るために名前で呼んでいいか確認し、龍一郎のことが知りたいと伝えました。
ところがそれを聞いた龍一郎は身上書を渡したからそれで充分であることを伝え、澄花を拒絶しました。
それでも今後共に暮らしていくのだからと澄花は諦めずに龍一郎に踏み込もうとします。そんな澄花を見た龍一郎は彼女の手を引き寄せ、キスをするのでした。
そのまま食事の会場をあとにし、龍一郎は澄花を抱きます。龍一郎は甘い言葉をささやきつつも、澄花に対して自分を愛さなくていいと伝えるのでした。
結婚式から4日経ち、澄花は出社準備をします。その4日間澄花は、龍一郎が仕事へ行く時間以外、身体を求められ続けていました。澄花自身その時間が苦痛になることがなかったため、自分をダメな女だと思いますが、そんな澄花を龍一郎は再度求めるのでした。
澄花は龍一郎に抱かれながらも、龍一郎の自分を愛さなくていいという言葉の意味を考えてしまうのでした。

5話のポイント

前回の白無垢と今回の披露宴のドレスで、澄花は黒以外の服を身に着け、今後もハルのために黒い服を着ることはできないと考えていましたね。澄花の中で結婚は喪服を脱ぐきっかけになりました。
4話で手に入れるまでは先へは進まないと言っていた龍一郎でしたが、結婚を済ませたことで正式に妻になったため、澄花を抱きました。澄花はハルとも経験がなかったようです。
また、ハルと龍一郎が同い年、澄花の8歳年上であることが龍一郎の身上書からわかりました。これも今後の物語に関わってくるのでしょうか。

5話を読んだ感想と次回6話の徹底予想!

ぽち
お気の毒さま、今日から君は俺の妻 の5話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
5話面白かったね〜^^さぁ〜次6話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

澄花は、ついに黒い服から脱しましたね。一度黒以外を着ると吹っ切れるのでしょうか。それとも龍一郎と結婚したことでハルのために喪服を着るということ自体をよろしくないと感じたのでしょうか。どちらにせよ澄花の会社の方々の反応が楽しみですし、澄花自身も様々な服を着られることを楽しめるといいなと思います。
また龍一郎の言葉の意味が気になりますが、澄花を綺麗だと言い、絵本の姫だと表現することからベタ惚れなのは間違いないですね。姫だと言いつつ、自分を王子ではなく騎士だと表現していることからも、澄花からの愛を求めていないことがわかります。
また、身上書のシーンでハルと同い年であることが判明しました。丸山夫妻に会ったことがないだけでハルの知り合いである可能性がまだありそうですね。
5話の最後で澄花は出社しようとしていたので、次回は澄花の会社の方々の反応が見られるのではないでしょうか。

まとめ

漫画「お気の毒さま、今日から君は俺の妻」の第5話のネタバレを紹介していきました。
いかがでしたでしょうか。龍一郎自身のことを知らない澄花にとってこの結婚生活は過ごしにくいのではないかと思いますが、お金と引き換えの結婚なので何も言えないでしょうし、夫婦の会話以外は楽しく過ごせているように見えますね。龍一郎は澄花のことをとても大切にしていることがよくわかりますし、澄花自身も龍一郎に興味を持ち始めているので、心まで許して澄花と契約結婚ではない夫婦になってほしいなと願うばかりです。

前回 いまここ! 次回
4話 5話 6話

>>「お気の毒さま、今日から君は俺の妻」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事