捨てられた皇妃

ぽち
捨てられた皇妃 37話38話39話について読んでみたので感想を書いてみたよ

人気の韓国漫画「捨てられた皇妃」の37話38話39話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

漫画アプリ「ピッコマ」に掲載されている「捨てられた皇妃」は韓国発の漫画で、画iNA氏、原作Yuna氏の翻訳版漫画です。

皇后として育てられたアリスティア。

しかし異世界からきた神秘的な少女、美優にすべてを奪われ処刑されてしまいます。

めざめると16歳から9歳に転生していて・・・!?

生まれかわったアリスティアは、自ら運命をきりひらき、幸せを手にすることができるのでしょうか!?

前回 いまここ! 次回
36話 37話38話39話 40話


>>「捨てられた皇妃」全話のネタバレはこちら!

捨てられた皇妃|36話までのお話

父からの手紙をよんで、ひとりで焦ることをやめたアリスティア。

皇帝の命により、護衛についてくれているシーモア卿に、剣術を教えてくれるよう頼むことにしました。

そこへカルセインがあらわれて、一緒に剣術を習うことになってしまって・・・!?

捨てられた皇妃|37話のあらすじとネタバレ

やる気満々のカルセインに、練習をつきあわされたあと、お茶をふるまうアリスティア。

のどがかわいたからと一気に飲んだカルセインは、すっぱいといって口から吐きだしてしまいます。

そして味覚がおかしい、好きでこんなの飲むとは変わっているなどと、いいたい放題です。

では飲まなければ良いでしょうといって、アリスティアは怒ってお茶を取りあげてしまいました。

カルセインは本当のことをいっただけなのに、怒ってしまったアリスティアをみて、シーモア卿に意見をもとめます。

すると、お茶の味ではなく、侯爵令嬢の心がこもっていることが嬉しいと答えました。

アリスティアがいれたお茶だとは知らなかったカルセインは、しまったと思ったようです。

怒ってしまったアリスティアに話しかけると、飲める、うまそう!といって無理してお茶を飲もうとします。

その姿をみたアリスティアは、お茶にお砂糖をいれて、もう一度すすめました。

さっきより飲みやすいといって、ゴクゴク飲むカルセイン。

一安心したアリスティアは、カルセインのことを、悪気はなく、自分の感情に正直な人なのだと思いました。

そして、それにつられて声をだして笑ってしまった自分を思い出し、悪くないなとも思うのでした。

一方ルブリスは、皇宮でリサ王国の使節団と会っています。

彼らは、皇后となるアリスティアがまだ若いことを理由に、自国の姫を皇妃にむかえてほしいというのです。

皇帝が健在であるのに、成人式すらあげていない自分の後継者問題を口にする使節団に、ルブリスはその勇気をたたえようとにらみ、冷たく笑うのでした。

捨てられた皇妃|38話のあらすじネタバレ

ルブリスのにらみをきかせた冷たい笑いに、使節団は青ざめて去っていきました。

リサ王国のねらいは、まだ幼いアリスティアをさしおいて、自国の姫を皇妃にし、先に後継者となる子を産ませることでした。

これで、献上品が多かった理由もうなずけます。

皇妃とは、皇后と同じで1人だけに与えられる座であり、皇后の補佐や、緊急時には代役をもつとめます。

ルブリスは、具合が悪いことをいいだせないほど、幼いアリスティアを思い浮かべていました。

そしてふと、アリスティアの身体を心配してしまった自分にとまどうのでした。

季節は冬から春になり、アリスティアのもとに、アレンディスから手紙が届きました。

春になったらアリスティアの好きな、「白くて温かみのある甘いもの」が届くようにしてあるというのです。

どんなプレゼントだろうと思いをめぐらせます。

それをきっかけに、アリスティアは、しおりと剣のお飾りを作ることを思いつきました。

そこへちょうどカルセインがやってきて、誰にあげるのかをたずねてきます。

遠征中の第2騎士団のみんなと、大切な友達に、無事を祈りながら作るのだと答えました。

それを聞いたカルセインは、当たり前のように、自分にもなにか作ってもらえると思っています。

それに対してアリスティアは、そこまでの間柄ではないとキッパリいいきりました。

塩対応にショックをうけたカルセインは、先に練習場にいってしまいます。

きがえたアリスティアが、あとから練習場にいくと誰もいません。

春の花びらが舞いちる中、先にランニングをはじめたアリスティアに、誰かがとつぜん抱きついてきました。

カルセインかと思ったそのとき、つかまえたと耳もとに聞こえてきた声は、なんとアレンディスのものだったのです・・・!

捨てられた皇妃|39話のあらすじとネタバレ

耳もとでひびく、なつかしい声にふりむくと、そこには優しい笑顔のアレンディスが立っていました。

思わず会いたかったと抱きあう2人。

それをみたカルセインは、離れろ!と無理やり引きはがします。

その行動にも動じることなく、笑顔で自己紹介をするアレンディスが、カルセインはおもしろくありません。

そして、敬語をつかわずに名前で呼びあう2人をみて、自分に対する態度とちがうといって怒っています。

怒る理由がわからないアリスティアは、とりあえず失礼だから、挨拶をしてほしいといいました。

カルセインはしぶしぶ挨拶をしたあと、すぐに早く名前でよんでくれといってきます。

カルセインとよんであげると嬉しそうにしますが、敬語をつかうとがっくりしています。

そのようすがおもしろくて、吹きだしているアリスティアを、横目でみるアレンディス・・・。

カルセインはシーモア卿の方にいってグチっています。

久しぶりにもどってきたのだから、なにかプレゼントがほしいといわれて、アリスティアはなにがほしいのかをたずねました。

すると、アリスティアをティアという愛称でよびたいというのです。

愛称は家族や恋人に許すもので、友人同士ではあまりききません。

次期皇太子妃という立場があるため、迷ってしまいます。

アレンディスは、他人の前ではよばないし、自分のことも愛称でよんでほしい、というのでした。

ルブリスの口から、あれほど聞きたかったティアという3文字。

美優とルブリスがお互いを愛称で呼びあう姿を思い出し、涙ぐむアリスティア。

その涙をみて、心配したカルセインがやってきました。

さっき他人の前ではよばないといったのに、アレンディスは、さっそくティアとよび、カルセインをけん制します。

そして2人で話があるからといって、アリスティアを先に邸宅にもどしたのです。

アリスティアは使用人たちに、つぎつぎとお茶の指示をだしました。

アレンディスが帰ってきたことが嬉しくて、顔がほころんでしまいます。

一方、アレンディスとカルセインは険悪な雰囲気です。

カルセインは、いい奴ぶっている本性を見ぬいたといって、アレンディスを指さし、草頭よばわりするのでした。

口コミ・感想こっそり紹介

カルセインの前では、素をみせてしまうアリスティア。

ちょっと強引なところはありますが、素直なカルセインは、かたくななアリスティアの心の中に、上手にはいっていきそうですね。

また、今回ルブリスが皇妃という立場を「陽の当たらない座」ということを認識していることにおどろきました。

転生前はそれを知りながらも、なお陰湿にアリスティアをいびっていたかと思うと、今さらながらムカつきます。

しかし、アリスティアの体調を心配している姿をみると、少し見直す部分はありますね。

これからの、さらなる名誉挽回に期待します。

次回40話の徹底予想

ぽち
捨てられた皇妃 37話38話39話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

2人の、アリスティアをめぐる闘いが始まりました。

わかりやすい性格のカルセイン、闇をもつアレンディス・・・。

今はアレンディスに軍配があがっているようですが、これから2人の火花散るやり取りに注目です!

まとめ

「捨てられた皇妃」37話38話39話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

春になり、アレンディスが帰ってきました。

性格が正反対のカルセインとアレンディスは、もちろん気が合いません。

これからアリスティアをめぐって、2人の争いが巻き起こりそうです。

前回 いまここ! 次回
36話 37話38話39話 40話


>>「捨てられた皇妃」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事