その脇役王子私がいただきます
その脇役王子私がいただきます

ぽち
その脇役王子私がいただきます 22話23話24話について読んでみたので感想を書いてみたよ

人気の韓国漫画「その脇役王子私がいただきます」の22話23話24話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

 

前回 いまここ! 次回
21話 22話23話24話 25話


>>「その脇役王子私がいただきます」全話のネタバレはこちら!

その脇役王子私がいただきます|21話までのお話

ピオニエは、リヒトに可愛いと言わせたくていろいろ策を練ります。

そんなピオニエに次第に心を開いていくリヒト。

今まで言ったら怒っていたような内容も、話せるようになってきました。

だんだん近づいていく二人の距離、、。

そんな中、ヘスティアにデボンが手紙を出します。

リヒトが婚約したという内容の、、。

偵察隊員がリヒトの元にやってきました。

内容を聞いて驚くリヒト。

一体、何を言われたのでしょうか。

さらには、ヘスティアは動きを見せるのかが見所です。

その脇役王子私がいただきます|22話のあらすじとネタバレ

デボンにキレるリヒト。

非公式の婚約であるという点は明示したと言います。

一方のピオニエは、のんきにリヒトが最近読んだものを読みます。

ガルテンの話になり、行ってみたいと言う侍女たち。

その後、リヒトに首都に行く話を持ち掛けられるピオニエ。

どうやら婚約の話が皇帝の耳に入ったようです。

呼ばれたのは、用務があるのと、姫に会うためだと言います。

反逆者と婚約した姫を直接会ってみてみたいのだろうと言うリヒト。

不安げなピオニエを見て、自分が婚約者を困らせていると思ったリヒトは、自分に腹を立てます。

気が乗らなければ断る理由を考えろ、と言うリヒトの言葉を遮り、行きたいです、と言うピオニエ。

さらには何かあっても必ず私が守ります、とピオニエは言いました。

こんな小さい手で守るだと、と言うリヒト。

出発は5日後で、忙しくなるからティータイムも中断で、食事も自室でとるように伝え、去っていきます。

本来ならピオニエに対して癪に障るのに、今回はかわいいと思ってしまった、とリヒトは思うのでした。

その脇役王子私がいただきます|23話のあらすじとネタバレ

数日間旅の支度に追われ、リヒトと顔を合わせることもできなかったピオニエ。

そんな二人が馬車の中で10日間、旅することになりました。

ピオニエは、嬉しそうにリヒトが読んだ本と同じものを読んだ話をします。

それでもつれないリヒト。

次はゲームをしようとリヒトを誘います。

この5日間、旅の支度に追われて眠れていないと言うリヒトは、そんな余裕があるかと言います。

ピオニエは、リヒトと何して遊ぶか5日間考えていたとは、口が裂けても言えません。

そういえばやつれたリヒトを見て、反逆罪で追い出された皇室に行くのはどんな気持ちだろうと考えるのでした。

ピオニエの視線が痛くて、そのゲームはどうやるんだと聞くリヒト。

目が覚めたからゲームをすると言ってくれます。

初めてはしゃぐ殿下を見たと言う家来たち。

どんなゲームをしているのか気になる様子。

二人はというと、今はあてものクイズをしていたようです。

連敗続きのリヒトが、やっとピオニエに勝ち罰ゲームを実行します。

自分と同じように滑稽な髪形に仕上げようとするリヒト。

覚悟しろ、と言って髪を結ぼうとしたリヒトは、ピオニエとの距離がぐっと縮まるのでした。

その脇役王子私がいただきます|24話のあらすじとネタバレ

ピオニエは、髪を結ぶのにリヒトに触れられて照れます。

調子が狂うリヒト。

馬車から下りたピオニエは、初めての野営でテンションがあがります。

近くにリヒトの姿がないことに気づき、居場所を聞きました。

リヒトは今日、夜の見張り番だったようです。

リヒトを捜しに行くピオニエ。

何も食べていないリヒトのために、ピオニエは食事を持ってきたようです。

姫を一人で出歩かせるとは、と怒るリヒト。

遠くもないし、ちょっと寄っただけだから落ち着いてください、とピオニエは言いました。

こんな危険な場所でよくそんなのんきなことが言えるな、とさらに怒るリヒト。

ピオニエは、どうして夜の見張り番だと言ってくれなかったのか聞きました。

ただでさえ疲れているのに徹夜しないといけない人に、遊びにつきあわせてしまったと反省しています。

リヒトは、あのゲームをしようと言ったのは俺で、時間が忘れるほど楽しかった、と言います。

だから気にする必要はない、途中で風邪でも引いたら置いていくから自分の心配をしろと、、。

そんなリヒトに、今夜寝る前にせめて大公の疲れを癒したいんです、とピオニエは言いました。

感想と次回25話の予想

ぽち
その脇役王子私がいただきます 22話23話24話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

リヒトのツンデレぶりが炸裂していますね。

ピオニエを気遣っているけど、うまく言葉で言い表せれないリヒト。

そんなリヒトの言葉に、ピオニエを思いやる気持ちが見え隠れしています。

ピオニエも、リヒトに照れている姿がとても可愛かったです。

やっと恋愛スイッチが入ったのでしょうか。

リヒトを常に思いやるピオニエ。

そんな真っ直ぐな気持ちに、リヒトも心を動かされているようですね。

初めて過ごす長い夜の時間。

ピオニエは一体どうやって、リヒトを癒してあげるのでしょうか。

まとめ

「その脇役王子私がいただきます」22話23話24話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

反逆者として追放された皇室に、婚約者を連れていくことになったリヒト。

旅の途中、ピオニエとリヒトはさらに心を通わせたように見えます。

真っ直ぐにぶつかるピオニエに、心を開いていくかのように見えるリヒト。

かつて愛したヘスティアの前で、リヒトはどうピオニエを紹介するのでしょうか。

前回 いまここ! 次回
21話 22話23話24話 25話


>>「その脇役王子私がいただきます」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事