かりそめの公爵夫人
かりそめの公爵夫人

ぽち
かりそめの公爵夫人、5話について読んでみたので感想を書いてみたよ

【かりそめの公爵夫人】5話の感想、ちょっとネタバレ含めてしていきます。
ガスパルに金銭的援助を打ち切られたことで、豪遊のツケが払えなくなったイヴォナの父。
それを彼女に「自分のせいでしょ」と図星をつかれ逆上。
この2人の間に割って入ったトリスタンですが‥。
単純なガスパルと違い、抜け目ないトリスタンを論破するのはなかなか難しそうです。
冷静に対処しなくてはなりません。知能戦が始まります。

前回 いまここ! 次回
4話 5話 6話


>>「かりそめの公爵夫人」全話のネタバレはこちら!

かりそめの公爵夫人│5話の見どころ

短気な父をうまく誘導し、トリスタンと距離をとることに成功したイヴォナ。
彼女の目的は早く「キリダンの試薬」を作ること。
彼女はもはや完全無視しているのに、関係を保とうと奮闘するガスパルとトリスタン。彼らをスルーするイヴォナの華麗さに注目してください。

5話の【ざっくり概要】

婚約者であるイヴォナへの援助は切られたのに、トリスタンにはいつも以上の贈り物がありました。神獣を通じてそのことを知っているイヴォナは『なぜ?』と彼を問いつめます。

ガスパルと恋人同士なのは自分だからだ、とは言えない彼を『ガスパルからもっとたくさんの援助を受けるため、何か画策したのでは?』と追撃します。

これにトリスタンが反論できずにいると、イヴォナの言い分を信じた彼女の父は激怒し、彼を追い出します。
彼らから離れることに成功したイヴォナは、試薬作りのためキリダンの実を買いに街へ出かけます。

そこで偶然、デート中のガスパルとトリスタンに出会います。
意図せず2人に絡まれた彼女は、神獣ハスラートを呼び出し、力の差を見せつけるのでした。

かりそめの公爵夫人│5話あらすじとネタバレ

優しい顔や言葉で、今までずっとイヴォナをコントロールしてきたトリスタン。
一歩引いて考えれば、単純なガスパルを操っていたのも彼かもしれません。

イヴォナが『あなたもガスパルからの援助は切られたのか』とトリスタンに探りを入れると、答えはイエス。

しかし彼女は神獣の力を使い、彼のウソを暴きます。トリスタンは、いつも以上にたくさんの贈り物を受け取っていました。
今度は、彼女がウソをついて攻撃する番です。

『トリスタンは、たくさんの贈り物をもらうために何か企みをしてガスパルと親しくなった。
そしてこれが原因で、自分とガスパルはケンカをした』と父の前で悲しげに話すイヴォナ。
トリスタンは、ガスパルが自分の恋人であることも、イヴォナがガスパルの影であることも言えません。

これを言ってしまえば、強欲なイヴォナの父から金をゆすられることは目に見えています。

彼は必死に言い訳しますが、イヴォナの父は納得しません。

慌てる彼は何度も『ガスパルは‥』と爵位をつけないまま話します。
これを見逃さないイヴォナは、自分は男爵様としか呼んだことはないが『本当に二人は、特別な関係なのね』とつぶやきます。

この言葉でイヴォナの父は怒りが爆発し、トリスタンを追い出します。
彼女の作戦は大成功。
やっと自分のために時間が使えるようになりました。

次は試薬作りですが、自由に使えるお金がない彼女は、婚約指輪を売ってキリダンの実を買います。

男爵から貰ったとは思えないほど安い指輪だったことを知り、つくづくガスパルが彼女に無関心だったことを思い知らされます。

まだ試薬のことは知られていないはずなのに、なぜか流通量が少ないキリダンの実について思案していると、ガスパルとトリスタンのデート現場に遭遇します。

彼女は、彼ら二人に対しもはや嫌悪感しかありません。

しかし、彼女との関係を保ちたい彼らは、相変わらず上から目線で関係の修復を申し出てきます。

呆れた彼女は、高度な神獣を呼び出して二人を圧倒するのでした。

5話のポイント

これまで取り巻いていた環境から脱却するためには、彼女にとって世界のすべてであったガスパルやトリスタン(父親も?)と離れなくてはいけません。
彼らの言い分を聞いたり、同情したりすれば、また同じような結末を迎えかねません。
相手に依存し、顔色を伺い、自信をもてずにいたイヴォナはもういません。
このことを受け入れられない男たちと、まっすぐ目標に向かう彼女との対比が面白いです。

5話を読んだ感想と次回6話の徹底予想!

ぽち
かりそめの公爵夫人 5話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

これだけ頭の良い女性が、なぜこんなたいした能力もない輩に執着していたのか‥解せません。一度死を体験したことで、洗脳が解けて本当に良かったと思います。
もし生まれ変わりがなかったら、夫からもいとこからも卑下され、アゴで使われ、死よりも辛い一生だったのではないでしょうか。
次の6話は、早ければ次の展開に進むでしょうが、レベルの高い召喚獣を出したことで、ガスパルたちともう一悶着あるのではないかと思います。彼らが完全降伏してくれるのを願います。

まとめ

この記事では、漫画「かりそめの公爵夫人」の第5話のちょっとネタバレ含むを紹介してみました。
イヴォナが、完全に過去の自分や環境と決別したと分かる話でした。
今生きていることが幸せなら、それで良し。でも辛いと感じているなら何か変えなくてはいけません。他人を変えることは難しいけれど、自分は変わることができます。
そんな気づきや勇気をもらえる話でした。次も楽しみです。

前回 いまここ! 次回
4話 5話 6話


>>「かりそめの公爵夫人」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事