4000年ぶりに帰還した大魔導士
4000年ぶりに帰還した大魔導士

ぽち
4000年ぶりに帰還した大魔導士 7話8話9話について読んでみたので感想を書いてみたよ

人気の韓国漫画「4000年ぶりに帰還した大魔導士」の7話8話9話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

前回 いまここ! 次回
6話 7話8話9話 10話


>>「4000年ぶりに帰還した大魔導士」全話のネタバレはこちら!

4000年ぶりに帰還した大魔導士|7話までのお話

解答不可能と思われる問題を次々と正解していくフレイに動揺するケビン教授は、退室するフレイを引き留める事が出来ませんでした。

同じクラスのイサベルと一緒に食事をする事になったフレイは、イサベルから生まれ変わる前の自分である「ルーカス・トロウマン」が自分の目標だと告げられます。

イサベルからケビン教授の最後問題「カサジンの3つの修行法」に対する回答の「闘争」の修行法について聞かれ、フレイは自身の経験による答えだと告げ、その場を後にします。

4000年ぶりに帰還した大魔導士|7話のあらすじとネタバレ

1対1の実践形式での魔法対決の授業についてジェーン教授が説明する中、仲良さげにイサベルと話しているフレイに対し、デビットは敵意を向けていました。

1戦目の対戦者と告げられデビットとフレイがステージに上がり、話しかけてくるデビットを無視したフレイは、教官であるジェーン教授を口説き始めます。

デビットとの対決に買ったら食事をするとジェーン教授と約束したフレイは、デビットと向き合い試合が始まりました。

試合開始直後、一成の魔法しか使用が許されていない対決で上位の魔法であるストーンレイジをデビットが発動します。

イサベルがルール違反だと抗議しますが、その抗議はジェーン教授により却下されました。

ストーンレイジはストーンハザード本家の継承者だけが使える秘伝魔法で、条件が揃えば一成の魔法でも使用出来るとデビットが説明します。

ストーンレイジを発動させたデビットに対しフレイは、生前のフレイが唯一使えた魔法であるマジックミサイルを発動させると、デビットを一撃で倒してしまいました。

4000年ぶりに帰還した大魔導士|8話のあらすじとネタバレ

フレイが一撃でデビット倒すという誰も予想しなかった展開にクラスメイト達は驚きのあまり言葉が出せずにいました。

フレイの一撃によって喉を潰され戦意喪失のデビットでしたが、フレイは試合前にデビットが語っていた計画を再現するようにデビットの片足を折ってしまいます。

イサベルはデビットに対するフレイの過剰攻撃を止めるようにジェーン教授に訴えますが、魔法士の道はそんなに甘くないとイサベルの訴えを退けます。

フレイは完全に戦意を無くしたデビットに対し、追い討ちをかけるように残っている足を折り試合を終了させました。

デビットとの試合後、アカデミーではフレイがどうやってデビットを倒す程の実力を手に入れたのかと密かに噂されていました。

そんなフレイに同じアカデミーの4年生「ドウマン・ミロスト」から声を掛けられ「トロウマン・リングスに入れ」と言われます。

フレイがドウマンの誘いを断るとトロウマン・リングスの総責任者「ペルアン・ジュン」が話し掛けてきました。

4000年ぶりに帰還した大魔導士|9話のあらすじとネタバレ

ペルアンからトロウマン・リングスに誘われるフレイでしたが、誘いを断りその場を去っていきます。

ペルアンは自身の誘いを断りその場を去っていくフレイをじっと見つめていました。

デビットとの試合に勝利した褒美としてジェーン教授と食事をするフレイでしたが、その場になぜかイサベルも同席していました。

ジェーン教授との食事を終え、フレイが自分を地獄に落としたデミゴットについて考えを巡らせているとイサベルが近づいてきました。

フレイがイサベルにアカデミーで1番強い人物は誰かと聞くと、イサベルは誇らしげに自分の叔母だと答えます。

イサベルの叔母はアカデミーの校長である「シリス・トリーズナイン」であり帝国から氷結という称号を与えられた六成魔道士でした。

フレイはアカデミーを守っている高度な魔法、自身の過去と関係のありそうなトロウマン・リングスという集団について知る為、シリス・トリーズナインに会う事を決めます。

焦らずに今できることを確実にするのが1番の近道だとフレイは決意を新たにしました。

感想と次回10話の徹底予想

ぽち
4000年ぶりに帰還した大魔導士 7話8話9話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

フレイが4000年前の知識で今まで嫌がらせをしてきた人達をギャフンと言わせる展開は、スカッとしてとても面白いです。

4000年後の世界で自分やカサジンの功績が残っている事に違和感を覚えたフレイは、イサベルの叔母であるシリスに会いに行きますが、有益な情報は得られないだろうと思います。

トロウマン・リングスの総責任者であるペルアンであれば何か重要な事を知っていそうなので、ペルアンがどんな行動をとるのかがポイントになりそうです。

まとめ

「4000年ぶりに帰還した大魔導士」7話8話9話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

デビットとの魔法対決を圧倒的な強さを見せつけて勝利したフレイは、ご褒美のジェーン教授との食事に向かいます。

ジェーン教授との食事を終えたフレイは、4000年後の今の世界に対する自身の感じた違和感の正体を探るため、イサベルの叔母であるシリスに会う事を決めました。

前回 いまここ! 次回
6話 7話8話9話 10話


>>「4000年ぶりに帰還した大魔導士」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事