4000年ぶりに帰還した大魔導士
4000年ぶりに帰還した大魔導士

ぽち
4000年ぶりに帰還した大魔導士 10話11話12話について読んでみたので感想を書いてみたよ

人気の韓国漫画「4000年ぶりに帰還した大魔導士」の10話11話12話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

前回 いまここ! 次回
9話 10話11話12話 13話


>>「4000年ぶりに帰還した大魔導士」全話のネタバレはこちら!

4000年ぶりに帰還した大魔導士|10話までのお話

ペルアンの誘いを断ったフレイは、デビットとの試合に勝った褒美としてジェーン教授との食事を楽しんでいました。

ジェーン教授との食事を終えたフレイは、イサベルにアカデミーで1番強いのは誰かと問いかけます。

フレイからの問いにイサベルは自身の叔母でありアカデミーの校長でもある「シリス・トリーズナイン」だと答えました。

フレイは自身が復活するまでの4000年の間に起きた事やトロウマン・リングスという集団について知る為、シリスに会う事を決めます。

4000年ぶりに帰還した大魔導士|10話のあらすじとネタバレ

1対1の魔法対決で負け、フレイへの復讐に燃えていたデビットでしたが、またもやフレイにやられて重症を負ってしまいます。

アカデミーの低レベルな授業を受ける毎日に退屈していたフレイにアレックス・ドリミドが声を掛けてきました。

可愛がっていたデビットの仕返しを計画していたアレックスでしたが、フレイのマジックミサイル一発でやられてしまいます。

アレックスがやられてしまい、アレックスの仲間達が一斉にフレイへと襲いかかりますが、全く相手になりませんでした。

授業が終わり暇で机に突っ伏していたフレイにイサベルが声を掛けてきます。

イサベルはフレイに聞いた助言通りに魔法の実験を行い、フレイの助言がとても画期的であったと称賛を送ってきます。

次は何を教えてくれるのかと期待の眼差しを向けてくるイサベルに対してフレイは、イサベルが熱心に聞いていた「闘争」を教えようかと提案します。

イサベルはフレイの危険が伴うという説明を無視し、二つ返事でフレイの修行についていく事を決めました。

4000年ぶりに帰還した大魔導士|11話のあらすじとネタバレ

待ち合わせ場所に現れたイサベルの荷物の多さにフレイは驚いてしまいます。

フレイは修行場所としてモンスター天国と呼ばれるイスパニア山脈を目指して出発しました。

イスパニア山脈へ向かう為、イサベルから聞いたワープ石という4000年前には無かった移動手段を使う事を決めますが問題が発生します。

ワープ石を使うにはお金が必要で、フレイだけでなくイサベルもお金を持っておらず、ワープ石を使う事が出来なかったのです。

お金の無いフレイとイサベルはワープ石での移動を諦め、とりあえず首都を目指す事にしました。

首都ではアカデミーの生徒なら無料で乗れる船が出向している事を知り、フレイ達は「コルテス号」に乗ることになりました。

しかしコルテス号は「血色略奪団」という海賊に狙われていました。

コルテス号は海賊から身を守る為、四成の魔術師が乗る護衛艦2隻と共に出港しました。

コルテス号が出港してしばらくすると、現れた海賊により引き連れていた護衛艦2隻が沈没してしまいました。

4000年ぶりに帰還した大魔導士|12話のあらすじとネタバレ

血色略奪団の船長は、コルテス号を襲うための切り札としてリッチ「ドゥラード」と契約していました。

リッチの放った魔法「アイススピア」によって四成魔術師が乗っている護衛艦2隻が一瞬で沈没してしまいます。

見事な手腕を見せるドゥラードの機嫌を取ろうとする船長でしたが、ドゥラードは自身の放った魔法は3つだったと答えます。

一瞬で2隻の船を沈没させたドゥラードでしたが、フレイの乗っている船だけ無事だった事であの船には何かあると船長に注意を促しました。

フレイの乗る船を襲ったドゥラードの魔法を防いだのはフレイでは無く、同じ船に乗っていた謎の人物でした。

海賊に襲われ護衛艦が一瞬で沈没した事に驚くイサベルにフレイは、自分以外の誰かが敵の攻撃を防いでコルテス号を守った事を教えます。

フレイはドゥラードの放った魔法に気付いていましたが、デミゴットに似た気配に一瞬パニックとなり動けずにいました。

護衛艦が一瞬で沈没し船上がパニックとなる中、血色略奪団が乗り込んできました。

感想と次回13話の徹底予想

ぽち
4000年ぶりに帰還した大魔導士 10話11話12話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

10ゴールドがどの程度の金額か不明ですが、貴族にも関わらず殆どお金を持っていない2人が心配になる展開でした。

コルテス号を襲う海賊「血色略奪団」でしたがフレイによってあっと言う間に倒され、海賊達の切り札であるドゥラードも善戦しますが簡単に倒されるだろうと思います。

ドゥラードの攻撃を防いだ謎の人物は、フレイの強さを見て接触してくるだろうと思うので、謎の人物がなぜコルテス号に乗っていたのかが注目ポイントになりそうです。

まとめ

「4000年ぶりに帰還した大魔導士」10話11話12話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

修行のためイサベルと共にイスパニア山脈を目指すフレイは、アカデミー生徒が無料で乗船出来るコルテス号に乗ります。

しかしフレイが乗ったコルテス号は、海賊「血色略奪団」に襲われてしまい護衛艦2隻もドゥラードの魔法によって一瞬で沈められてしまいました。

前回 いまここ! 次回
9話 10話11話12話 13話


>>「4000年ぶりに帰還した大魔導士」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事