その脇役王子私がいただきます
その脇役王子私がいただきます

ぽち
その脇役王子私がいただきます 61話62話63話について読んでみたので感想を書いてみたよ

人気の韓国漫画「その脇役王子私がいただきます」の61話62話63話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

前回 いまここ! 次回
60話 61話62話63話 64話


>>「その脇役王子私がいただきます」全話のネタバレはこちら!

その脇役王子私がいただきます|60話までのお話

リヒトに無事に救出されたピオニエですが、ピオニエを救ったことで、リヒトの立場が悪くなることに、、。

それでもヘスティアたちは、リヒトの復権を望みますが、本人はプライドが壊されて復権をあきらめようとします。

それだけでなく、ピオニエとの結婚まで破談にしようと、、。

それを知ったピオニエは、リヒトの本心ではないと思い、リヒトのところへ行こうとします。

しかし、ピオニエの兄によって気づかされます。

今まで家族のことには無頓着だったけど、こんなにも、自分のことを大切に想ってくれている家族がいることに、、。

その脇役王子私がいただきます|61話のあらすじとネタバレ

本物のピオニエと兄の言葉に悩むピオニエに、あと2日もすればよくなる、と医者が言います。

良くなると帰らなければならないのに、まだ心の準備ができていない、とピオニエは思いました。

そんなピオニエに、マリーはアンディに気があるエマのことを話します。

アンディとマリーは付き合っているのか、とピオニエは聞きました。

ごまかすマリーに、でも好きなんでしょ、と言うピオニエ。

私みたいな女と付き合いたいわけないじゃないですか、とマリーは言いました。

そんなマリーをかわいく思い、ずっと一緒にいたい、帰りたくない、と泣き出すピオニエ。

熱があるのを隠して公爵家に行ってなければ、こんなことにならなかったと、、。

リヒトとピオニエは、お互い頭ではガルテンに帰るべきだと思っているけど、気持ちの整理がつきません。

そんなピオニエに、明日の夜から雨が降り続けるから、朝早く出発するぞ、と言う兄。

ピオニエは上の空で、リヒトをずっと待っています。

会いに来ないリヒトに、このまま別れるつもりなのか、とピオニエは思いました。

リヒトのバカ、とテラスで泣いていると、庭に切なそうにこっちを見上げるリヒトの姿を発見するのでした。

その脇役王子私がいただきます|62話のあらすじとネタバレ

明日の朝、国に帰るかもしれないことをリヒトに伝えるピオニエ。

国に帰すために破談にした、とリヒトは言いました。

リヒトもシュルテンに帰ると言います。

シュルテンは、姫の体が耐えられる場所じゃないと、、。

ガルテン国王も、自分が復権する可能性があるから婚約を承諾した、と続けます。

こうなった以上、姫を連れ戻そうとしても、俺には止められる理由がないと、、。

自分の立場を冷静に考えろ、と言うリヒトに、スリッパを投げつけるピオニエ。

そういうリヒトはそこで何しているのよ、とピオニエは泣きながら言いました。

話し合ってみよう、方法を探してみよう、そんなことは考えなかったのかと、、。

しかも兄に話したことによって、リヒトが自分を手放したと思っているようです。

それが姫を守る方法だから、と言うリヒトに、もう片方のスリッパも投げつけて言います。

どうにか別れずに済む方法を探すのが先じゃないかと、、。

一方ドロイス家では、今さら復讐をしようとしているのか、と聞かれるメロダ。

私はただ、おぞましさに耐えきれなかっただけです、と言うのでした。

その脇役王子私がいただきます|63話のあらすじとネタバレ

ミハエルは、皇室関係者を一人残らず調査しています。

フィッシャー卿を調査中に言いました。

お前たちが皇室に残ってこられたのは、功績が特別なわけではなく、今のところまだ裏切ってないからだと、、。

ミハエルも、彼らの支持があったから、今の自分が存在することはわかっています。

それも理解できますが、、問題はだんだん度を越して、皇命までもを左右しようとしていることです。

リヒトとピオニエの処罰を主張してきた人たちもそうです。

敵をあぶりだすと同時に皇室の秩序も正せそうだ、と二人は言いました。

ここにリヒトがいないことだけが気になる、と言うミハエル。

そこに、ガルテンが間もなく出発します、と訪ねてきました。

リヒトはと聞くと、相変わらずの様子です。

リヒトは、盲目的な英雄が一人の男になっていることにまだ気づいていない、とヘスティアは言いました。

一方のマリーも、姫と離れることに涙が止まりません。

アンディが泣きはらしたマリーを必死になだめます。

夕ご飯もまだのマリーに、なんか持ってくる、と部屋を後にするアンディ。

厨房で見たのは、なんとお酒におぼれるリヒトの姿でした。

感想と次回64話の予想

ぽち
その脇役王子私がいただきます 61話62話63話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

リヒトも本気でピオニエを愛しているようですが、自分の力で何ともできないことに、イラ立ちを憶えているようです。

二人の離れたくない気持ちが、切ないくらいに伝わってきます。

ヘスティアともうまくいかなくて、さらにはピオニエまで失ってしまうと、リヒトはどうなってしまうのでしょう、、。

以前のような時間をただ潰しているだけのリヒトに、戻ってしまうのでしょうか。

やはり幸せになれないリヒト、、。
何とか逆境に立ち向かっていってほしいものです。

まとめ

「その脇役王子私がいただきます」61話62話63話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

逆境に立たされたリヒトとピオニエ。

リヒトは諦めますが、ピオニエはまだ気持ちの整理がつかない様子です。

このまま本当にピオニエはガルテンに帰ってしまうのでしょうか。

リヒトはこのまま何もしないで、ピオニエをガルテンに帰すのか、今後の動きが気になります。

前回 いまここ! 次回
60話 61話62話63話 64話


>>「その脇役王子私がいただきます」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事