Retry〜再び最強の神仙へ〜
Retry〜再び最強の神仙へ〜

ぽち
Retry〜再び最強の神仙へ〜 の2話について読んでみたので感想を書いてみたよ

修仙界での修行に失敗して命を落としてしまった真田啓友。

目が覚めると自分が大学入学前の体に戻っていることに気が付きました。

真田啓友は2回目の人生は修行だけでなく自分の家族や好きだった女の子との関係をうまくやっていくのだと決意しました。

前回 いまここ! 次回
1話 2話 3話


>>「Retry〜再び最強の神仙へ〜」全話のネタバレはこちら!

Retry〜再び最強の神仙へ〜2話の見どころ

あくまで真田啓友は現在は大学生ですが、2回目の人生は修行を怠らないように常に修行者の自覚があるようです。

未来を変えるには自分の行動パターンを変えるだけではなくて、力が必要だと真田啓友は考えています。

2話の【ざっくり概要】

おばさんは真田啓友を家に迎えてくれました。

おばさんは歓迎してくれていますが、おじさんは真田啓友に対してあまりよく思っていないように思います。

そんなことも知らず真田啓友は、今自分にできることの基礎修行に明け暮れるのでした。

Retry〜再び最強の神仙へ〜|2話あらすじとネタバレ

真田啓友はおばさん達とマンションにたどり着きました。

このマンションからは学校に10分で行けると説明されます。

おばさんは真田啓友を自分の息子同様に扱うと言ってくれました。

真田啓友はマンションがすごく豪華な作りだったことからおばさんがものすごくお金持ちなのではないかと考えています。

しかしおばさんからしてみると本当のお金持ちは雲霧山の中に住んでいるそうです。

その中には本当に素晴らしい光景が広がっているのだと。

リビングに入るとおじさんが座っていたので挨拶をします。

おじさんはこちらに対していろんなことを根掘り葉掘りと聞いてきました。

おじさんは実は心の中で真田啓友のことを勉強ができるわけでもないただの世間知らずな少年だと考えていました。

おばさんは澄香と一緒に新生活に必要なものを買い揃えたほうがいいんじゃないかと勧めてきました。

澄香は食事を終えた後用事があるから1人で出かけてくれと真田啓友に冷たく言って退けます。

真田啓友は意外にもそれを簡単に受け入れました。

澄香もこれでは自分の方が期待していたみたいじゃないかと少し顔を赤らめてしまいました。

真田啓友が1人で街を歩きたかったのには理由がありました。

そして真田啓友は霊気が濃くなっている場所を探し求めて歩きまわっています。

真田啓友はいちど失敗したのでこの世界は力の論理で成り立っていると言うことを学んでいたのでした。

自分にできる事は修行であると。

あくまで自分の目的は仙功を大成して仙人の世界に行くことだと真田啓友は決意をしました。

八陽湖という霊気が濃くなっている場所にたどり着きます。

真田啓友はその近くに生えている木の根本で座禅を組んで修行をすることにしました。

最初の修行の選んだのは大道宗虚空練体決という名前の修行でした。

2話のポイント

今のところ、真田啓友が前世で修行失敗したのは自分の油断と基礎的な修行を始めるのが遅かったからだと考えているようです。

しかし失敗した理由の1つには自分の心に負けたと言うのもあります。

これから主人公の心の成長に期待したいと思います。

2話を読んだ感想と次回3話の徹底予想!

ぽち
Retry〜再び最強の神仙へ〜 の2話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
2話面白かったね〜^^さぁ〜次回3話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

2話は1話ほどのインパクトはなくて、ほとんど説明回だったように思いました。

真田啓友は修行の事しか頭にないようですが、一応大学に通うんですよね?

大学生と言う設定があるなら学校のこともやってほしいと思いました。

まとめ

漫画「Retry〜再び最強の神仙へ〜」の第2話のネタバレを紹介していきました。
真田啓友はたくさんある未来の中からまず基礎修行を始めると言う選択をしました。

今もっている力を全て使って基礎から始めればさらに高い力を得ることができると考えています。

大道宗の虚空練体決は一体どんな修練なのか。

前回 いまここ! 次回
1話 2話 3話


>>「Retry〜再び最強の神仙へ〜」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事