悪女の定義
悪女の定義

ぽち
悪女の定義 63話64話65話について読んでみたので感想を書いてみたよ

人気の韓国漫画「悪女の定義」の63話64話65話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

前回 いまここ! 次回
62話 63話64話65話 66話


>>「悪女の定義」全話のネタバレはこちら!

今すぐ漫画を読むなら!\無料トライアルは31日間!/
\600ポイントがもらえる!/
U-NEXT 公式サイト

月額2,189円かかりますが、1200円分のポイントが毎月もらえます。漫画はもちろん、ドラマや映画、アニメも見放題!

他にも「あらすじ」や「悪女の定義を無料で先読みする方法」や「評判・口コミ」ごご紹介しています!
あらすじ 先読み方法 口コミ・評判

悪女の定義│63話までのお話

芙美は恋人と友達に裏切られた日に、川で溺れて死んでしまいます。

芙美の魂は別の世界の悪女シャルティアナ(シャティ)に移り、シャティとして生きることになりました。

そんな中、シャティはレジーナ(皇后候補)に選ばれます。

シャティは皇帝と面会し、皇帝と皇太子の過去を知りました。

はっきりとした物言いをするシャティに、皇帝はシャティが皇后になってほしいと言います。

皇帝からシャティへ、皇帝の茶であるフェリオラ茶が贈られました。

悪女の定義│63話のあらすじとネタバレ

アイリーンの部屋へ出向いたシャティは、皇帝から贈られたアクセサリーを身に着けていました。

アイリーンはシャティを部屋へと案内し、侍女にお茶の用意を頼みます。

シャティはアイリーンに、皇帝から贈られたフェリオラ茶を差し出しました。

皇帝からフェリオラ茶を贈られていないアイリーンは沈黙します。

シャティは空気の読めないふりをして、一緒に飲みたいと言いました。

フェリオラ茶を飲んだアイリーンは素晴らしい香りだと評します。

しかし皇帝はシャティを支持しているわけではなく、あくまでシャティの功績を称えて贈ったのだと遠回しに言いました。

また、干ばつの解決策をどうやって思いついたのか、奴隷に会ったのも不思議な偶然だとケチをつけます。

シャティはアイリーンに、私への関心を一部でも帝国民に向けてはどうかと言いました。

そしてもっと楽しい話をしようと手を叩き、アイリーンにも皇帝から贈られたものを見せてほしいとねだりました。

悪女の定義│64話のあらすじとネタバレ

アイリーンはシャティの要求に応え、皇帝から贈られたアクセサリーを見せてくれました。

赤いルビーと精巧な黄金の装飾は、栗色の髪に緑の瞳のアイリーンにはとうてい似合わない品でした。

皇帝は遠回しにシャティを支持したのです。

シャティはアイリーンに贈られたアクセサリーを手に取り、胸に当てました。

ひどく無礼な行動ではありますが、その場の全員がシャティのほうが似合っていると認めざるを得ませんでした。

皇太子との夕食をしながら、シャティはそのときのことを思い出し微笑みました。

皇太子は、シャティと皇帝の面会が無事済んでよかったと言います。

夕食を終えた皇太子に、皇后がお呼びだと声がかかりました。

皇太子は皇后の寝殿へ行きます。

皇后は皇太子に、ラハディーンの前にシャティの功績を称えるという、公平性を損なう行動は慎むように言いました。

また皇后の重要な業務である穀倉管理について、シャティに西穀倉を任せるよう命じたのです。

悪女の定義│65話のあらすじとネタバレ

皇太子は、シャティに西穀倉を任せられないと言いました。

長い干ばつにより西部地域の穀物不足は深刻で、とても運営をおこなえる状態ではないからです。

2人のうちどちらかに西穀倉を任せれば、それこそ公平性を損なうと主張しました。

しかし皇后は聞き入れません。

皇太子は、皇后を無視してその場を去りました。

後日皇太子とアイリーンとシャティが集い、ラハディーンの内容について説明を受けました。

皇后の業務の中でも重要な、穀倉管理をおこないます。

各レジーナは8つの穀倉のうち1つずつ管理し、その結果をもって資質を評価されるのです。

皇太子は、アイリーンは東穀倉を、シャティは西穀倉を受け持つよう発表しました。

上機嫌なアイリーンと落ち込んだ皇太子を見て、シャティは皇太子が仕組んだものではないと思いました。

そして、最善を尽くすと言って了承します。

勝ち目なんてないと心配するばあやにシャティは、私を信じてと微笑んで見せました。

感想と次回予想

ぽち
悪女の定義 63話64話65話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

アイリーンにビシッと言ってやりましたね!

シャティへの関心を一部でも帝国民に向けてみてはどうか、というシャティの言葉はもっともです。

ラハディーンでは、シャティのほうが不利といえる西穀倉を任されます。

絶体絶命ですが、シャティは頼もしい反応です。

最善を尽くすという前向きな姿勢がかっこいいなと思いました。

次回、シャティは前世での経験を活かし何か策を打つでしょう。

西部地域の民を思う姿に、周囲は心を動かされるはずです。

まとめ

「悪女の定義」63話64話65話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

皇帝からの贈り物で、シャティはアイリーンをあっと言わせました。

しかしラハディーンの競合は、アイリーンが有利な状態で始まります。

西穀倉を任されたシャティは、何か策を講じることはできるのでしょうか。

前回 いまここ! 次回
62話 63話64話65話 66話


>>「悪女の定義」全話のネタバレはこちら!

今すぐ漫画を読むなら!\無料トライアルは31日間!/
\600ポイントがもらえる!/
U-NEXT 公式サイト

月額2,189円かかりますが、1200円分のポイントが毎月もらえます。漫画はもちろん、ドラマや映画、アニメも見放題!

他にも「あらすじ」や「悪女の定義を無料で先読みする方法」や「評判・口コミ」ごご紹介しています!
あらすじ 先読み方法 口コミ・評判
おすすめの記事