悪女の定義
悪女の定義

ぽち
悪女の定義 60話61話62話について読んでみたので感想を書いてみたよ

人気の韓国漫画「悪女の定義」の60話61話62話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

前回 いまここ! 次回
59話 60話61話62話 63話


>>「悪女の定義」全話のネタバレはこちら!

今すぐ漫画を読むなら!\無料トライアルは31日間!/
\600ポイントがもらえる!/
U-NEXT 公式サイト

月額2,189円かかりますが、1200円分のポイントが毎月もらえます。漫画はもちろん、ドラマや映画、アニメも見放題!

他にも「あらすじ」や「悪女の定義を無料で先読みする方法」や「評判・口コミ」ごご紹介しています!
あらすじ 先読み方法 口コミ・評判

悪女の定義│60話までのお話

芙美は恋人と友達に裏切られた日に、川で溺れて死んでしまいます。

芙美の魂は別の世界の悪女シャルティアナ(シャティ)に移り、シャティとして生きることになりました。

そんな中、シャティはレジーナ(皇后候補)に選ばれます。

シャティが避暑に行っている間、ライバルのアイリーンは貴族派や皇后と親交を持っていました。

シャティは、アイリーンの行動の裏には皇太子がいるのではと疑います。

そんな中、突然皇太子がシャティのもとを訪れました。

悪女の定義│60話のあらすじとネタバレ

皇太子はシャティと少し歩きたいと言い、侍女たちについてこないよう指示しました。

シャティは何か特別な話があるのかと緊張しますが、皇太子の口からは雑談ばかりです。

さらに皇太子は、2人でいるときは気安く接してもよいと言いました。

シャティは緊張を解きます。

バラの庭園まで歩くと、シャティは以前皇太子が言った言葉を口にしました。

シャティのことは信じていないが、尊重はしているという台詞です。

シャティは自分も皇太子に対し同じ気持ちだと伝え、私たちはお互いの味方ではないことをはっきりさせようと提案しました。

シャティは、皇太子の目的は以前と同じままかを問います。

いまでもカイロンを没落させようという思いを抱いているのか気になったのです。

皇太子の答えは、帝国の繁栄と平和という肯定的な目的は変わらないというものでした。

シャティは自分の目的も同じだと答えました。

2人は互いの安寧と成功を祈る儀式をおこないました。

悪女の定義│61話のあらすじとネタバレ

今日は皇帝とレジーナの面会日です。

シャティはこのチャンスを活かし、皇帝を味方につけたいと思っていました。

皇帝に挨拶し席につくと、皇帝は最近のシャティの功績を褒め称え始めます。

そして、シャティが幼いころから皇后にふさわしいと思っていたと言うのです。

シャティは、いままで徹底して傍観しているだけだった皇帝の言葉が信じられません。

シャティの気持ちを察した皇帝は、以前のシャティの行動を見て誤解していたのだと言いました。

たしかに以前のシャティは悪女だったので、いまなら皇帝は自分の支持者になってくれるのではとシャティは期待します。

しかし皇帝は、これからも努力するようにと言うだけでした。

シャティは、レジーナとして争う身であり覚悟はできていると伝えた後、カイロンの家門が脅かされないか心配だと伝えます。

皇帝は、カイロン公家はこれまで国のために尽くしてくれたが、私のせいで皇太子は深い傷を負ったのだと言いました。

悪女の定義│62話のあらすじとネタバレ

皇帝は、次期皇帝として皇太子を幼いころから育ててきましたが、第7皇子が生まれると、カイロン公爵と同じく彼のほうが皇帝にふさわしいと思うようになりました。

第7皇子が亡くなった後も、皇帝は皇太子と第7皇子を比べ続けたといいます。

皇太子が冷淡な人間になったのは、すべて自分のせいだと言うのです。

シャティは、立派に育っている皇太子を信じていない皇帝に苛立ちました。

シャティは皇帝に、皇太子はもっとつらいことがあっても打ち勝つことのできる方だと言いました。

皇帝は、やはりシャティが皇后になってほしいと言うだけでした。

面会を終え部屋に戻ると、皇帝からの賜りものがありました。

ダイヤモンドのネックレスと、フェリオラ茶という貴重な茶です。

一方アイリーンには、ルビーのアクセサリーのみが贈られたようでした。

シャティは、皇帝がシャティを積極的に支持しているように話を膨らませるため、アイリーンにフェリオラ茶を分けてあげることにしました。

感想と次回予想

ぽち
悪女の定義 60話61話62話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

皇太子とシャティは、お互いを信用できないながらも根底の願いは一緒というところにグッときました。

そしていよいよ皇帝と対面したシャティは、皇帝に対してもはっきりとした物言いをします。

誰に対しても変わらぬ真摯な態度のシャティに、読んでいてかっこいいなと思いました。

次回はアイリーンとの神経戦でしょう。

皇帝からの贈り物を活かし、シャティの巧みな話術でアイリーンを追い詰めるのではないでしょうか。

まとめ

「悪女の定義」60話61話62話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

シャティと皇太子はお互いの目的を確認し、安寧と成功を祈りあいました。

皇帝との面会で思うような結果が得られなかったシャティですが、状況を最大限に活かしアイリーンに対抗します。

反撃スタートのシャティの活躍に期待です。

前回 いまここ! 次回
59話 60話61話62話 63話


>>「悪女の定義」全話のネタバレはこちら!

今すぐ漫画を読むなら!\無料トライアルは31日間!/
\600ポイントがもらえる!/
U-NEXT 公式サイト

月額2,189円かかりますが、1200円分のポイントが毎月もらえます。漫画はもちろん、ドラマや映画、アニメも見放題!

他にも「あらすじ」や「悪女の定義を無料で先読みする方法」や「評判・口コミ」ごご紹介しています!
あらすじ 先読み方法 口コミ・評判
おすすめの記事