捨てられた皇妃
捨てられた皇妃

ぽち
捨てられた皇妃 31話32話33話について読んでみたので感想を書いてみたよ

「捨てられた皇妃」31話32話33話のネタバレと感想をまとめてみました!

漫画アプリ「ピッコマ」に掲載されている「捨てられた皇妃」は韓国発の漫画で、画iNA氏、原作Yuna氏の翻訳版漫画です。

皇后として育てられたアリスティア。

しかし異世界からきた神秘的な少女、美優にすべてを奪われ処刑されてしまいます。

めざめると16歳から9歳に転生していて・・・!?

生まれかわったアリスティアは、自ら運命を切りひらき、幸せを手にすることができるのでしょうか!?

それでは「捨てられた皇妃」31話32話33話のネタバレと感想をご紹介します!

前回 いまここ! 次回
30話 31話32話33話 34話


>>「捨てられた皇妃」全話のネタバレはこちら!

捨てられた皇妃|30話までのお話

ラス侯爵の次男、カルセインとの新しい出会いがありました。

やんちゃでわんぱくなカルセインは、アレンディスとは正反対です。

剣術の練習で困ったことがあれば、いつでも訪ねてくるように、という言葉を信じて、ラス邸に向かったアリスティア。

しかし、モニーク家の娘だと知ると、カルセインの態度は、急に冷たくなってしまったのでした。

捨てられた皇妃|31話のあらすじとネタバレ

剣術のけいこに、アドバイスを求めるアリスティアを、冷たく突きはなすカルセイン。

そのうえ、イヤミまでいわれてがまんできず、アリスティアは帰ろうとします。

すると、剣術を習得するまえに、体をきたえるよういわれました。

それにヒントを得たアリスティアは、邸宅に帰ると、体力と筋力アップのトレーニングを開始したのです。

メイドたちは、体の弱いアリスティアが、急に訓練量をふやしたことに心配しているようです。

カルセインへの強い反発の気持ちで、限度をこえた練習に打ち込むアリスティア。

手足に砂袋をつけて走りこみ、うでがマヒするまで剣をふります。

これで改善するとは思っていませんが、やめることはできません。

アリスティアには、もうあまり時間がのこされていないからです。

そのころカルセインは、アリスティアを冷たく追い返したことを、後悔していました。

邸宅に訪ねてくるお客が、アリスティアではないかと、ソワソワしているようです。

一方アリスティアは、朝から休むことなく訓練を続けていました、

リナに止められても、もう少しだけやるといってききません。

皇室から自分を切り離すためには、剣術で自立するしかないと焦っていたのです。

そこへ、心配して訪ねてきたカルセインが現れ、今すぐやめろと剣を取りあげました。

それに対してアリスティアは、関係ないのでお引き取りくださいといって、意思の強い目でにらむのでした。

捨てられた皇妃|32話のあらすじネタバレ

その場を去ろうとしたアリスティアは、ふっと意識が遠のいてしまいます。

倒れそうになる身体を抱きとめたカルセインは、アリスティアの高熱に気づきました。

リナに医者をよばせて、自分が部屋に運ぶことにします。

意識がもどったアリスティアは、自分の体の弱さに、どうしたらいいのかと無力感をおぼえました。

カルセインは、無理な訓練はすぐやめるよう忠告します。

そして、体が弱いのになぜ剣術なんかやるのかを聞いてきました。

それには答えず、なぜこの前、自分を突きはなしたのかを聞くアリスティア。

カルセインはいいました。

未来には皇后になるのだから、剣術を習得しても、どうせやめてしまうだろう、と。

中途半端なきもちで、大好きな剣術を学んでほしくない、という思いが伝わってきます。

関節もいためてしまうし、剣術をやめることをすすめるカルセインに、アリスティアはいいました。

いくら厳しくても、無理だといわれても、絶対にやりぬいてみせる!

その迫力に圧倒されたカルセインは、そこまでする理由をたずねました。

するとアリスティアは、まっすぐな瞳で、騎士になりたいといったのです。

一方皇宮では、仕事中のルブリスが窓の外をみていました。

リサ王国の使節団が、支援を求めにやってきたようです。

しかしルブリスは、大荷物をかかえてきた使節団を、不審に思うのでした。

そして、アリスティアの部屋には、混乱したカルセインがいます。

皇后が騎士にもなれるのか?と頭を悩ませているようです。

そんなカルセインに、アリスティアは断言しました。

私は皇后にはならず、父のあとを継ぐつもりなのです!

捨てられた皇妃|33話のあらすじとネタバレ

アリスティアはルブリスから逃げるために、固く決意しました。

新たな未来をきりひらくために、騎士となって爵位をつぎ、モニーク侯爵となることを!

しかし体力がないため、先がみえなくて焦ってしまう、と思わず叫んでしまいます。

そこで、アリスティアはハッとしました。

誰にも話したことのない胸のうちを、なぜ打ち明けてしまったのだろうと。

もう二度と面倒をかけることもないからといって、カルセインに対し、冷たく帰ることをうながすアリスティア。

そして、公爵家のためにも、もっと貴族らしい言動をした方がいいと助言してあげました。

それを聞いて、ぶち切れて帰るカルセインは、それでもアリスティアが気になるようすです。

数日後、皇帝ミルカンから手紙で呼びだされたアリスティアは、皇宮をおとずれました。

アリスティアの姿をみた貴族たちが、なにやらヒソヒソと話しています。

ミルカンはアリスティアに、邸宅に護衛の騎士はいるのか、とたずねました。

遠征にいってしまったので誰もいないと答えると、近衛騎士を派遣するというのです。

皇族を守る近衛騎士の護衛など、皇家から離れようとしているアリスティアにとっては、足かせでしかありません。

その気持ちをみすかすように、ミルカンは約束しました。

今後この件に関して、見返りを求めることはしない、と。

ここまでいわれてしまうと、アリスティアは断ることができませんでした。

どうやら熱があがってきたようで、くらくらしてきました。

そこへ、ミルカンに呼ばれたルブリスがやってきたのです。

口コミ・感想こっそり紹介

カルセインに父の後をつぐと宣言したアリスティア、とてもかっこよかったです。

おかげで、年上のはずのカルセインが、子供っぽくみえてしまいました。

でも、突き放したことを反省しているカルセインは、きっと剣術を教えてくれるはずです。

アリスティアも素直になって一緒に訓練できればいいのですが・・・。

少し関係がこじれてしまったので、この展開はちょっと先になってしまうかもしれませんね。

ミルカンが近衛騎士を護衛につけたのは、どんな意図があるのでしょうか。

ケイルアンがいない今、皇宮にいた貴族たちの、アリスティアに対する思惑も気になるところです。

次回34話の徹底予想

ぽち
捨てられた皇妃 31話32話33話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

具合が悪くて立っているのも辛いのに、ルブリスと会ってしまったアリスティア。

倒れてしまったアリスティアを、ルブリスが優しく介抱する、という展開はおそらくありえませんね。

しかし、この頃のルブリスをみていると、冷たくあしらうだけではないような気がします。

ルブリスの優しさに期待したいところですね。

まとめ

今回は漫画「捨てられた皇妃」31話32話33話のネタバレ、感想をご紹介しました。

カルセインに、無茶な訓練をやめるようにいわれたアリスティアは、誰にも打ち明けたことのない胸のうちを告白してしまいます。

父のあとを継ぐという決意を聞いたカルセインは、これからどうするのでしょうか。

そしてアリスティアは、具合が悪いなか、おとずれた皇宮で、またルブリスと顔を合わせてしまうのでした。

前回 いまここ! 次回
30話 31話32話33話 34話


>>「捨てられた皇妃」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事