ある日、お姫様になってしまった件について
ある日、お姫様になってしまった件について

ぽち
ある日、お姫様になってしまった件について 94話95話96話について読んでみたので感想を書いてみたよ

人気の韓国漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」の94話95話96話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

前回 いまここ! 次回
93話 94話95話96話 97話


>>「ある日、お姫様になってしまった件について」全話のネタバレはこちら!

ある日、お姫様になってしまった件について|93話までのお話

先帝とジェニットは、皇宮に住むことになります。

アタナシアは、ジェニットを盾にする先帝にイラ立ちが募りました。

先帝がいたので、ジェニットに挨拶できなかったことが気にかかり、ジェニットを訪ねるのですが、気まずい雰囲気に、、。

先帝である父は、すべて話してくれたけど、姫様は何の話してくれない、と言うジェニット。

さらにはルーカスが、アタナシアのリボンから呪いを感じ取るのでした。
クロードにかかっている同じ波動の呪いを、、。

ある日、お姫様になってしまった件について|94話のあらすじとネタバレ

お前のパパに広がっている呪いは、魔力の弱い先帝にできるものではない、とルーカスは言います。

起き上がることさえできないことや、呪いの痕跡を消そうとするほど魔力が強い、おかしいと思わないか、と、、。

魔力は生まれ持ったものだから、禁じられた呪術とかじゃない限り強くならない、と言うルーカス。

まだ確かじゃないけど、リボンに残ってた魔力にアエテルニタスの魔力が混ざっていた、とルーカスは続けます。

さらに、俺が塔でずっと眠っていたら魔力が消えていた、先帝が俺の魔力を盗んでお前のパパに呪いをかけたと、、。

時期が合わないというアタナシアに、アエテルニタスが俺の魔力を盗んで先帝が引き継いだ、と言いました。

一方のジェニットは、眠れなくてアナスタシウスに会いに行くことにしました。

ノックをしても返事がなく、中から声が、、。

聞こえてくる口調が、アナスタシウスとは違う人みたいに感じるジェニット。

そこに突然アナスタシウスが、、。

ジェニットは、今話していたのは本当に紳士様、と思うのでした。

その時、アタナシアの嘘で人を陥れる人の言葉を信じるのは難しいと思います、と言われたことを思い出すのでした。

ある日、お姫様になってしまった件について|95話のあらすじとネタバレ

アタナシアは、アエテルニタスの狙いをルーカスに尋ねます。

アエテルニタスは、オベリアの歴史上最強の皇帝です。

先帝がルーカスとアエテルニタスの力を持つなんて、最悪だと考えるアタナシア。

ジェニットは、このことについて知っているのかと思いました。

アナスタシウスが、ジェニットを入宮した理由は1つです。

すでに廃位した皇帝より、ジェニットが皇位につく方が反発が少ないからです。

自分の幸せと安全を追い求めた結果だと思ったアタナシアは、涙が溢れてきます。

最初からジェニットに伝えていれば、こんなことにならなかったんではないかと、、。

世界樹の実でも手に入れたらパパを治療できるかな、といきなり言うアタナシア。

治るかもしれないけど、前例がないからか確信できない、とルーカスは返します。

さらには、俺が行った時も、世界樹の実はすでになかったと言うルーカス。

アタナシアがさらに落ち込むのを見て、実はないけど、と言って、世界樹の枝を出しました。

いきなり枝を掴むアタナシア。

なんと世界樹に飛ばされるのでした。

ある日、お姫様になってしまった件について|96話のあらすじとネタバレ

おい、しっかりしろ、とルーカスの声で我に返るアタナシア。

私、パパを治せる、とアタナシアが言います。

世界樹でパパの記憶が戻る保証はないし、意識のないパパから魔力を誘導する方法もない、とルーカスは言います。

私が直接世界樹を使えば大丈夫というアタナシア。

どうしてわかるか聞くルーカスに、世界樹に会った時に聞いたと、アタナシアは言いました。

その方法を使えば、お前が死ぬかもしれないことも言ってくれたか聞きます。

そこまでしてなぜ、家族を助けないといけないのか分からないルーカス。

皇帝さえ捨てれば、今すぐ先帝でもアエテルニタスでも倒すことが出来るのに、と思います。

お前の望みはだいたい叶えてやれるけど、今回は失敗したら、オベリアは皇帝と姫をなくす、と言いました。

そうすれば先帝とアエテルニタスがやりたい放題になるけどいいのか、と聞くルーカス。

アタナシアは、その晩夢を見ます。

全てオベリアが燃えてなくなる夢を、、。

アタナシアの前には、陛下の空席を狙うものが姿を見せ始めました。

彼らが先帝の下に集えば、大事件に起きるに違いなく、アタナシアの悩みはつきないのでした。

感想と次回97話の予想

ぽち
ある日、お姫様になってしまった件について 94話95話96話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

ついにクロードを助ける方法を見つけたアタナシア。

しかし前例がないため、アタナシアが死んでしまう可能性があります。

そんなアタナシアのことが、いつしか心配でたまらないルーカス。

ルーカスは、自分のアタナシアへの感情に気づき始めているようです。

自分を犠牲にしてまで、守りたいものの意味が分からないルーカスですが、アタナシアは失いたくありません。

ルーカスがこの先どうするのかが、運命の分かれ道になりそうですね。

まとめ

「ある日、お姫様になってしまった件について」94話95話96話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

明るみになるアエテルニタスの存在。

クロードを救う方法も見つかりますが、アタナシアが死ぬかもしれません。

さらに窮地に立たされるアタナシア。

そんなアタナシアを、ルーカスは支えます。

アタナシアは無事に、クロードを救うことが出来るのでしょうか。

前回 いまここ! 次回
93話 94話95話96話 97話


>>「ある日、お姫様になってしまった件について」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事