4000年ぶりに帰還した大魔導士
4000年ぶりに帰還した大魔導士

ぽち
4000年ぶりに帰還した大魔導士 22話23話24話について読んでみたので感想を書いてみたよ

人気の韓国漫画「4000年ぶりに帰還した大魔導士」の22話23話24話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

前回 いまここ! 次回
21話 22話23話24話 25話


>>「4000年ぶりに帰還した大魔導士」全話のネタバレはこちら!

4000年ぶりに帰還した大魔導士|22話までのお話

マナを取り込み終えて一休みしたフレイは、命を落とす危険があるので見ているようイサベルに言うと、カサジンの修行法「闘争」を開始しました。

気になっていたカサジンの修行法「闘争」を見れた事にイサベルは感動していました。

フレイの修行を見ていたイサベルは、フレイと同じように修行を始めますが、バランスが少し乱れただけでイサベルを激しい痛みが襲います。

あまりにも難しい修行を平然とこなすフレイにイサベルは驚いていました。

4000年ぶりに帰還した大魔導士|22話のあらすじとネタバレ

フレイがカサジンの「闘争」の修行を始めてから2週間が経過しました。

イサベルは全く動かずに命懸けの修行を続けるフレイを心配していました。

イサベルがフレイの元に戻ると「マナの可視化」という六成に上がる時に見られる特徴が、2週間という短期間でフレイに現れている事に驚きます。

修行を始めてから3週間が経過した頃、イサベルは何度も失敗を繰り返しながらし「闘争」の修行に挑戦していました。

イサベルは今までにない程の成長を得られる「闘争」という修行法に感心していました。

そんな時、フレイのはった結界が破られ神獣と呼ばれる幻の鳥「不死鳥」が侵入してきました。

危険だと叫ぶイサベルを無視して不死鳥に近付いたフレイは、あっさりと不死鳥に触れる事に成功しました。

不死鳥をよく見ると、不死鳥の心臓付近に大きな爪痕が残されていて、生きているのが奇跡的な程の傷を負っていました。

イサベルは神獣と呼ばれる不死鳥に深傷を負わす程強いモンスターとは何なのか考えていました。

4000年ぶりに帰還した大魔導士|23話のあらすじとネタバレ

フレイは穏やかな表情を浮かべながら不死鳥に触れると、自分の力を分け与えていきます。

フレイは不死鳥に力を分け与えながら、過去にあった別の不死鳥との記憶を思い出していました。

フレイのお陰で気力が回復して傷が治った不死鳥が飛び立っていくと、不死鳥の居た場所に不死鳥の羽が落ちていました。

不死鳥の羽は傷の治療や魔道具の製造に使えてとても高く売れる珍しい物で、助けられた不死鳥なりのフレイへの恩返しでした。

不死鳥が飛び立つと、フレイは再び修行へと戻ります。

修行を再開してから1週間が経過し、修行を再開してから何も口にしていないフレイは今にも倒れそうでしたが、イサベルにはフレイが神聖な仙人に見えていました。

無礼な振る舞いながら時折見せる冷静さと強さ、不死鳥に見せていた穏やかな表情を見せるフレイが長い年月を生きた賢者のようにイサベルには見えていました。

その時、身動き一つ見せていなかったフレイが突然立ち上がると、見事六成の力を手に入れる事に成功していました。

4000年ぶりに帰還した大魔導士|24話のあらすじとネタバレ

イサベルは六成となったフレイを見てもアカデミーの生徒が六成になったという前例の無い出来事に信じられない気持ちでした。

突然倒れそうになったフレイはイサベルに支えられると、修行後半の約2週間全く食事をしていなかった為、狩りに行く事にします。

フレイ達が狩りに行くため外に出ると、フレイの修行中に集まっていたモンスターが不死鳥によって全て倒されていました。

これを食べてシュハイザーのダンジョンへ向かおうとフレイが決めた時、遠くから人の悲鳴が聞こえ、フレイは悲鳴が聞こえた方へ飛んでいきました。

フレイが向かった先では、「ソーニャ」という女を襲うため潜伏していたドクロ斧団の一味が人質を使って悪趣味なゲームを行っていました。

ドクロ斧団の一員が人質に向かってナイフを投げましたが、人質の前でナイフが変な方向に飛んでいきました。

不審がるドクロ斧団の背後にフレイが突然現れると、ドクロ斧団の一味は驚きながらフレイに攻撃を仕掛けますが、フレイは一瞬で返り討ちにしました。

感想と次回25話の徹底予想

ぽち
4000年ぶりに帰還した大魔導士 22話23話24話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

修行を終え、現時点でも圧倒的な強さを誇っていたフレイが、どれ程強くなったのかが早く見たいです。

人質の声を聞いてドクロ斧団の元へやってきたフレイですが、ドクロ斧団はあっという間に倒されてしまい、フレイは予定通りシュハイザーのダンジョンへと向かうでしょう。

フレイが六成の腕が必要だと語っていたシュハイザーのダンジョンですが、一体どんな強敵が待ち構えているのでしょうか。

またイサベルはフレイに無事付いて行く事が出来るのかも気になります。

まとめ

「4000年ぶりに帰還した大魔導士」22話23話24話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

修行の途中にやってきた傷ついた不死鳥を治療しながら、当初の予定通り約1ヵ月でフレイは六成の力を手に入れました。

修行を終えシュハイザーのダンジョンへと向かおうとしたフレイでしたが、遠くから聞こえた悲鳴の元へ飛んでいくと、ドクロ斧団に遭遇しました。

前回 いまここ! 次回
21話 22話23話24話 25話


>>「4000年ぶりに帰還した大魔導士」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事