お気の毒さま、今日から君は俺の妻

Comic Berry’sにて掲載されている「お気の毒さま、今日から君は俺の妻」のネタバレを含む紹介です。
絵がとても綺麗なので大変読みやすく、年上の御曹司に愛されたい方にオススメの作品です。

お気の毒さま、今日から君は俺の妻|全話ネタバレ・感想まとめ!

ぽち
読みたい話数をクリックするとネタバレが見れるよ。
第1話 第2話 第3話
第4話 第5話 第6話
第7話 第8話 第9話
第10話 第11話 第12話
第13話 第14話 第15話
第16話 第17話 第18話
第19話 第20話 第21話
第22話 第23話 第24話
第25話 第26話 第27話
第28話 第29話 第30話

お気の毒さま、今日から君は俺の妻|あらすじネタバレ含む見どころ紹介

主人公の栫 澄花(かこい すみか)は、黒い服だけを着て笑うことのない様子から、会社ではタカトーコミュニケーションズの魔女と言われていました。

澄花は幼い頃、事故で両親を亡くし、心に負った傷を癒してくれた恋人のハルも、その後病気で亡くします。

そんな過去からハルのために喪服として黒い服を着て、ただ生きるだけの生活を送るようになりました。
そんなある日、会社の後輩に連れられて参加した取引先のパーティーで、葛城 龍一郎に出会います。

初めて会ったはずの澄花を知っている素振りをする龍一郎に疑問を抱きつつ、澄花はハルの両親の会社再生のために契約結婚を提案し、龍一郎もそれを受け入れるのでした。

澄花は愛されているだけで、自分を愛さなくていいと言われ続けます。

理由を言いたがらない龍一郎に、澄花自身もハルのことを隠している後ろめたさから追及できないまま、結婚生活を送ります。

二人での外食中、嫉妬してしまった龍一郎は澄花にケガを負わせてしまい、そのまま5日間連絡が取れなくなります。

連絡が取れなくなったことにより、龍一郎への愛を自覚した澄花は、龍一郎を探し出し、気持ちを打ち明けます。

向き合って話しをしたいと言う澄花に、龍一郎も根負けし、自分がハルの高校の同級生であったこと、澄花のことをハルから聞いていて、ハルのことだけ愛する澄花に対し、気持ちも求めてしまったと伝えました。

こうしてわだかまりの無くなった二人は、晴れて気持ちの通じ合った夫婦になることができました。

幸せいっぱいの二人でしたが、そこに龍一郎の祖母の問題が浮上します。
龍一郎の祖母、琴乃は龍一郎と夫の秀彦を混同しており、二人に厳しく当たります。

病が悪化し、先が長くない琴乃と、龍一郎のことを想う澄花は、琴乃の見舞いを申し出ます。

澄花の機転で無事秀彦とのことを思い出し、龍一郎を認識した琴乃は、穏やかに息を引き取り、葛城家も後悔なく琴乃を見送ることができました。

龍一郎の会社の新事業のため、二人は住まいを博多へ移します。澄花は捨て猫の「ふく」を拾ったことをきっかけに、弁当屋の娘の杏と幼馴染の風馬と知り合い、杏の家の弁当屋でアルバイトをすることになりました。

博多での新しい出会いを楽しむ澄花でしたが、新事業のレセプションパーティーで出会った、ギリシャで海運業を営む兄妹、ゼノンとパメラは何か企んでいるようで、澄花と龍一郎に近づきます。

お気の毒さま、今日から君は俺の妻|登場人物の紹介

栫 澄花(かこい すみか)
黒い服しか着ず、笑うことがなかったため、タカトーコミュニケーションズの魔女と呼ばれていました。
幼い頃に事故で両親を亡くし、そのショックで両親の事を忘れてしまいます。
その心の傷を癒してくれた恩人であり恋人のハルも7年前に病気で亡くしてしまいます。
ハルのことだけを想い、7年間喪服として黒い服を着ていましたが、龍一郎からの愛でハルの思い出に甘えることを卒業しました。

本人の自覚はあまりないですが、容姿端麗で、男性からの印象はとても良く、龍一郎がよく嫉妬しています。

葛城 龍一郎
KATSURAGIの副社長で、ハルの高校の同級生でした。
澄花のことはハルを通じて知り、澄花への見舞いの品や、話のネタも一緒に考えていたそうです。
病気で亡くなったハルの葬儀で涙する澄花に一目惚れをしてしまい、忘れようとするも、忘れることができず、7年間澄花を想い続けてきました。
女遊びの絶えない祖父によって、婚外子の母から産まれた龍一郎はその養子が祖父の秀彦によく似ていたことから、幼い頃琴乃からの厳しいしつけがありました。
そんな過去の経験から愛されることに自信がなくなってしまったのか、序盤では澄花からの愛を疑い、現在も澄花に対して少し束縛気味なところがあります。
結婚後、新会社の社長に就任し、博多での事業成功に尽力します。

丸山 春樹(ハル)
澄花の親と、ハルの親が友人だったことから、澄花の両親が事故で亡くなったあと、澄花の面倒を丸山家で見ていました。
兄代わりとハルは思って澄花に接していましたが、澄花からの猛アタックで澄花と恋人になります。
龍一郎とは高校の同級生で、その穏やかで明るい性格から、龍一郎にとって唯一の親友になります。
高校卒業後、病気によって他界します。

ゼノン・カサヴェテス
ギリシャで海運業を営んでいて、博多市の観光協会がギリシャに訪れた際にコーディネーターをしたため、レセプションパーティーに招待されました。
海運業以外の事業も手広く行っており、世界中でギリシャレストランの経営もしているそうです。
16話では龍一郎の写真に酒をかけ、「龍一郎の未来に乾杯」と意味深なセリフを残しており、龍一郎のゆがむ顔をパメラに見せるとも言っています。
どうやら何かの目的があって澄花に近づいているようで、澄花のバイト先にも姿を現しました。

パメラ・カサヴェテス
ゼノンの妹で、コーディネーターやモデルもしているそうです。
キロプスのコイヌールと言われたこともあるサファイヤ色の瞳には澄花も弱いようでした。
その美貌から数々の男性を虜にしており、ゼノンとの会話から龍一郎のことも狙っているような様子が見て取れます。

お気の毒さま、今日から君は俺の妻|感想

序盤は、両親や初恋の人を亡くした澄花の過去の重さと、澄花を知る素振りを見せつつも本心がわからない龍一郎にモヤモヤしてしまいますが、真実が分かった時はとてもスッキリしました。

想いが通じ合うまで、焦らされているような感じがありますが、本当の夫婦になれたあとの二人のセリフは本当にまっすぐ相手を想っている言葉ばかりで、こんな風に言われたい、愛されたいと思ってしまいます。

ただ生きているだけだった澄花が、ハルに告白し続けていた頃の積極的な澄花に戻れたことや、祖母に自分を認識してもらえなかった龍一郎が、龍一郎として見送れたことで、お互いがお互いを救う、かけがえのない存在になっていると感じました。

丸山夫妻や龍一郎の家族も二人のおかげで問題が解決していったので、この結婚は二人だけのものではなく、周りの人々にも良い影響を与えるものだったと思います。
最新話では、博多に住まいを移した二人が新しい出会いを経て、トラブルに巻き込まれていきます。

猫の「ふく」、高校生の男女、龍一郎の商売敵候補のゼノンとパメラによって、更に二人の絆は深まるでしょう。

お気の毒さま、今日から君は俺の妻|作者紹介

原作者:あさぎ千夜春
恋愛小説やTL小説、漫画原作と多くの小説を世に出している小説家です。
本作以外では「初めましてこんにちは、離婚してください」や「お前はおれのモノだろ?」が代表作です。

作画:孝野とりこ
恋愛漫画やTLコミックスの作画を担当している漫画家です。
本作以外では「強引ドクターの溺愛処方箋」の作画と
自身のコミックスでは「あなたは特別な王子様~暴走するストーカー女~」が代表作です。

お気の毒さま、今日から君は俺の妻|を無料で読む方法は?

ぽち
スマホで気軽に読める方法は無いのかなぁ

「お気の毒さま、今日から君は俺の妻」を無料で読む方法は電子書籍配信サービスです。

LINEマンガ

「LINEマンガ」に登録すると、一日1話だけ読むことが出来ます。
途中まで無料で読むことが出来ますよ。
LINEマンガ

まんが王国

無料ではありませんが、月額コースに申し込むとポイントが付与されるのでお得に読むことが可能です!
ポイントを使えば一気に読むことが出来るので、早く読みたい方にはこちらがおすすめ!
まんが王国

まとめ

本作は小説サイト、ベリーズカフェにて掲載されていた原作のコミカライズになります。漫画版は2021年12月に完結しており、最終巻は2022年2月発売です。小説版にはなかったエピソードも盛り込まれているため、すでに小説を読んだことがある方にもオススメしたい作品です。

おすすめの記事