Retry〜再び最強の神仙へ〜
Retry〜再び最強の神仙へ〜

ぽち
retry〜再び最強の神仙へ 43話44話45話について読んでみたので感想を書いてみたよ

人気の韓国漫画「retry〜再び最強の神仙へ」の43話44話45話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

前回 いまここ! 次回
42話 43話44話45話 46話


>>「retry〜再び最強の神仙へ」全話のネタバレはこちら!

retry〜再び最強の神仙へ〜|42話までの内容

紆余曲折があってたくさんの人数で池を訪れることになってしまった真田啓友。

池に待っていたのは呉橋先生の兄弟子たち。

兄弟子たちと言い合いになっている途中で突然池から蛇が現れた。

蛇は兄弟子たちをあっという間に吹き飛ばしてしまう位の強い力を持っていました。

桂先生も蛇に対抗しようと自分の寿命を縮めて位の技を使ったのですが、大したダメージを与えられませんでした。

先生たちが絶望する中、真田啓友だけが立ち上がりました。

retry〜再び最強の神仙へ〜|43話のネタバレ

真田啓友があまりにも強いので周りの者たちは本当にあれは人間なのかと疑っているようです。

雅は真田啓友戦っている姿を見て再び惚れ直してしまうのでした。

張もその様子を見て驚いていました。

いったいそれほどの強さがありながらなぜ普段は隠しているのかと。

他の者たちがそんなことを考えている中で、真田啓友だけは全く別のことを考えていました。

さっき使った技は、真田啓友が力を集中してやっとの思いで作り上げたもの。

しかしそれは自分の望んでいる力とは程遠いものだったようです。

自分の師匠が同じ技を使ったら太陽を真っ二つにしてしまう位の威力になってしまうでしょう。

真田啓友はこの世界で再び修行を行って、それだけの力が使えるようになるにはあと何年かかるだろうと遠い目をしているのでした。

それはそうと、蛇は倒されてしまってひとまず無事が確定したので桂先生は素直に頭を下げてお礼を言ってきました。

張は池のモンスターを倒したんだから、自分にも薬を得る権利はあると引き下がらないようです。

retry〜再び最強の神仙へ〜|44話のネタバレ

真田啓友は張とお互いの目的をハッキリさせることにしました。

真田啓友は張の目的がおじいさんを長生きさせるためと言う事は分かっていたようです。

そのために必要なアイテムはここにはないと説明するのでした。

この池にある神薬は魂を集める作用があるようです。

つまりこれを口にすることで、かえって寿命を縮めてしまう効果すらあったのでした。

桂先生はその説明を聞いて納得をしました。

張も自分のおじいさんを長生きさせる薬はもう手に入らないと思ってがっかりしています。

真田啓友はここにはないが、延命効果のある神丹を自分が持っているのだと教えました。

その辺にいた怪我をしているウサギにこの薬を与えると、ものすごく元気にぴょんぴょんとしています。

真田啓友は薬を1粒飲むことで、10日寿命が延びるのだと説明します。

そして今手元にはそれが100つぶ入ったビンを持っています。

この薬を全て飲めば2年から3年は長生きすることができるでしょう。

張はこの薬をいくらでもいいから買いたいと言い出しました。

真田啓友はこの薬に1粒1億円と言うとんでもない金額をつけるのでした。

retry〜再び最強の神仙へ〜|45話のネタバレ

張は真田啓友が湖の麓まで近づいた後、何とかして薬を横取りできないかと画策しているようです。

桂先生は心の中で横暴なことを考えている張に対して心から失望していました。

このままでは張の一族が長く続く事はないだろうとさえ思っていました。

真田啓友はこの湖の麓でしばらく修行を続けるそうです。

先に自分が倒したモンスターから作った丹薬を雅たちに食べさせました。

真田啓友は池の底に沈んでいた結晶を配合して結界を作ることに成功しました。

この結界は天と地にあるすべての陰気を吸収できるものなのです。

そしてこの結界の中で自分が生成した丹薬を飲み込みます。

すると今までに襲われたことのないような激しい動悸がやってきました。

おどろきながらもこの状態はあまり悪くないものだと考えます。

このチャンスに今まで使ったことのない法文をやってみようと決意した真田啓友。

そしてこの法文を見事に成功させました。

真田啓友はこのままこの場所で3ヶ月以上修行を続けているようです。

感想と次回予想

ぽち
retry〜再び最強の神仙へ 43話44話45話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

これはさすがに張は言われているほどそんなに悪くないじゃないかなと思ってしまいますよね。

薬1粒に1億円と言うのはあまりにも横暴すぎます。

主人公ってこんな人間だったっけと思ってしまいました。

何とか辻褄を合わせるために張をものすごい悪人のキャラクターにしようとしている素振りが伺えます。

そもそもそんな高価な薬を持ち歩いているんなら、オークションに参加できるような金額を前もって用意することができたと思うんですけどね。

まとめ

「retry〜再び最強の神仙へ」43話44話45話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

池のモンスターをあっさりと倒してしまった真田啓友。

しかし池には張が求めているようなアイテムはなかった。

そこで真田啓友はおじいさんが長生きできる薬を自分が行ってあげようと言い出す。

その金額は1粒1億円、総額で100億円。

果たして張はこの金額にオーケーを出すのであろうか。

前回 いまここ! 次回
42話 43話44話45話 46話


>>「retry〜再び最強の神仙へ」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事