その脇役王子私がいただきます
その脇役王子私がいただきます

ぽち
その脇役王子私がいただきます 52話53話54話について読んでみたので感想を書いてみたよ

人気の韓国漫画「その脇役王子私がいただきます」の52話53話54話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

前回 いまここ! 次回
51話 52話53話54話 55話


>>「その脇役王子私がいただきます」全話のネタバレはこちら!

その脇役王子私がいただきます|51話までのお話

ついに復権を決意するリヒトは、ピオニエのことを何があっても守り続けると一人誓います。

ピオニエの方も、社交界のバラであるホープマン公爵のバラ園に行くことに、、。

そこで待ち受けるピオニエの試練。

悪口の宝庫である婦人たちの質問にいかに答えれるか、、。

ピオニエはヘスティアの指示通り、よく見てよく聞いて、答える質問は選ぶのよ、と言う言葉を思い出します。

そしてピオニエの婚約者の話になり、話題をうまく変えるピオニエ。

そんなピオニエを、ホープマン公爵は気に入ってくれたようです。

一方のリヒトは、怪しい人を追います。

そこにいたのは何と、デボンでした。

その脇役王子私がいただきます|52話のあらすじとネタバレ

デボンと剣を交わしている時に、後ろです、と言うデボン。

何とデボンも、怪しい人物を追ってきたとのことです。

放たれたのは殺傷能力のない毒矢。

誰の指示か毒矢を放った騎士に問いただします。

私は末端なので分からない、と言う騎士。

そこへ魔法伝令が来ました。

ニヤッと笑う騎士に問い詰めたところ、どうやらリヒトの足止めをすることが狙いだったようです。

急いで城へ戻るリヒト。

そこには、の前でたくさんの騎士たちが倒れているのでした。

一方のピオニエは、手に持っていたグラスを落として割ってしまいます。

体調が悪いのかと気遣うヘスティア。

どうやら熱があるみたいです。

冷や汗が出てくるピオニエ。

帰り支度を急ぎます。

それでもリヒトのことを気遣うピオニエに、今は自分の体のことだけを考えて、と言うヘスティア。

馬車に乗り込む二人。

そこに何やら不審な音が、、。

いきなり血まみれの男たちが、ピオニエたちの馬車の中に現れるのでした。

その脇役王子私がいただきます|53話のあらすじとネタバレ

ピオニエは、どうやらどこかへ連れていかれているようです、

目が覚めると目の前には知らない黒ずくめの男たちが、、。

近寄らないで、とピオニエが叫んだ時に、新たな黒ずくめの男が登場します。

お前は皇后側じゃなかったのか、と言う男に、マックスと呼ばれている男は、容赦なく仲間を蹴り飛ばしました。

傍で叫ぶピオニエを見た瞬間、人質であるピオニエの姿を確認します。

俺の手がお前を殺すことを拒んでいる、と言うマックス。

ポカーンとするピオニエは、ヘスティアの居場所を聞きました。

皇后は北東、姫は北西へ、太陽が沈むまでにリヒト大公に救われなかった者が死ぬ、と言います。

病状が悪化しているピオニエに、俺も苦しそうな姿を見ているのは辛い、と言うマックス。

ピオニエは、もしかしたら味方につけられるチャンスかも、と思います。

どうやらどマックスも、昔は王政騎士を夢見ていたそうです。

戦争で村がなくなったのをきっかけに、お金のために刺客になったようです。

それ以上の謝礼を渡すから協力してほしい、と頼むピオニエ。

協力は無理だが、お前の命だけは必ず保証する方法があるって言ったらどうする、とマックスは言うのでした。

その脇役王子私がいただきます|54話のあらすじとネタバレ

マックスは、俺の女になるならお前を助けてやれる、と言います。

人を殺せない、と言うピオニエに、大公も騎士だったってことは、人を殺しているのだから同じだ、と言うマックス。

実はマックスの村は、遠征帰りの騎士団によって燃やされたのです。

でも、騎士も悪い人ばかりじゃない、あなたも悪い人に見えないからここから出られるように協力して、とまた言いました。

俺の提案は、と言うマックスに、それは受け入れられない、とピオニエは言います。

命がかかっているのにそんなこと言っている場合か、と言うマックス。

マックスは、いくら婚約者でも皇后の命を捨てるわけがない、これが依頼者が望んでいた展開じゃないか、と言いました。

目つきが変わってきたマックス。

ピオニエに、お前が生きる道は俺の女になることだけだ、と言います。

さらに大公が来ているように見えるか、と外を指さします。

ピオニエに昔話をしながらダンスを一緒にさせるマックス。

ピオニエは、足をくじいて倒れてしまいました。

意識を失ったピオニエに、襲いかかろうとするマックス。

その時、そろそろ処分するぞ、と他の刺客が来るのでした。

感想と次回55話の予想

ぽち
その脇役王子私がいただきます 52話53話54話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

ピオニエが人質に取られてしまいました。

通常であれば、皇后陛下を救うべきリヒト。

ピオニエは、その気持ちを痛いほど理解している様子です。

刺客のくせにピオニエにとっても親切なマックス。

ピオニエに負けないくらい、かなりユニークな人物ですね。

しかし、最後人が変わった様子のマックス。

よっぽど辛い過去だったのでしょうね。

その気持ちを、前向きに乗り越えてほしいと思います。

ピオニエの人柄に触れて、思いとどまってくれるといいのですが、、。

一方のリヒトは、本当にピオニエを助けに来ないのでしょうか。

まとめ

「その脇役王子私がいただきます」52話53話54話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

ヘスティアの命か、ピオニエの命かを選択せざるおえないリヒト。

通常であれば、迷わずヘスティアを選ぶべきです。

でも、リヒトにとってピオニエは特別な存在になってるのは間違いなさそうです。

リヒトがどう動くかが、次回の鍵を握りそうですね。

前回 いまここ! 次回
51話 52話53話54話 55話


>>「その脇役王子私がいただきます」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事