ガラスの温室の公爵夫人
ガラスの温室の公爵夫人

ぽち
ガラスの温室の公爵夫人 4話5話6話について読んでみたので感想を書いてみたよ

人気の韓国漫画「ガラスの温室の公爵夫人」の4話5話6話をちょっとネタバレ含みながら紹介していきます。

前回 いまここ! 次回
3話 4話5話6話 7話


>>「ガラスの温室の公爵夫人」全話のネタバレはこちら!

ガラスの温室の公爵夫人|3話までのお話

愛されて育ってきた幼少時代。

母の死によって、レイナは絶望へと進んでいきます。

レイナに呪いがかけられているとされ、離れの屋敷に追いやられてしまいました。

さらにはレイナの大好きなおじいさまも、他界してしまいます。

そんなレイナの誕生日、父の帰宅を知り、喜ぶレイナでしたが、、。

会いに行くと父に冷たい言葉を浴びせられます。

ただ、許してほしかっただけなのに、、。

絶望したレイナの前に現れたのはエドハール。

彼はレイナの人生の光になりました。

そんなエドハールと結婚することが出来たレイナ。

次こそは幸せになれると思っていた人生に待ち受けていたのは、、。

ガラスの温室の公爵夫人|4話のあらすじとネタバレ

婚約者がいることを無視して結婚したためか、エドハールはレイナに冷たく接しました。

子供ができてからは、顔を見せることもなくなりました。

強引に結婚をすすめた自分を軽蔑しているのでは、と思うレイナ。

それでもこれからは、この子がいるから大丈夫、と大きなおなかを撫でながらレイナは思うのでした。

そして2カ月も早く、小さくて愛おしいエルは生まれました。

泣いてるエルを抱き上げようとした時です。

呪われた分際で、と言われたことをレイナは思い出します。

その言葉がトラウマで、エルに触れることが出来ません。

レイナが子供に全く触れないことを知ったエドハールは、そんな母親にヒスビリアンの後継者を任せることはできない、と言います。

またもや離れに住まわされたレイナは、呪われて汚れた手で、どうしてもエルを抱くことが出来なかったことを後悔しました。

やがてレイナの最期、言い残したことを聞かれます。

子供に一度だけ会いたい、とレイナは言いました。

怯えるわが子を見たとき、自分の人生を取り戻したいと強く願ったレイナ。

なんとエルを身ごもった時に戻ってきました。

次こそは自分とエルを守る、とレイナは誓いました。

ガラスの温室の公爵夫人|5話のあらすじとネタバレ

レイナは、今度こそエルを守るために、離婚などあらゆる方法を探りました。

そんな中、レイナの懐妊が噂され始めます。

懐妊を聞きつけ、帰宅するエドハール。

今度こそはエルは渡さない、と誓ったレイナは、エドハールの部屋を訪れます。

お腹の子に、ヒスビリアンの後継者として受け取るもの全てを与えてやってください、と言うレイナ。

私に何の得がある、と聞くエドハールに、私名義の北部鉱山を差し上げる、とレイナは言いました。

それと、出来る限りあなたと顔を合わせることがないようにしてください、とお願いするレイナ。

公爵夫人の義務を放り出すのか、と聞くエドハールに、公式の場は例外です、とレイナは答えます。

さらに、今も帝都で過ごしているのだから、いつもと同じではないのかと、、。

文書でも作っておくか、と言うエドハールに、レイナはうなずきます。

少しよろけたレイナ。

エドハールは、レイナを部屋まで連れて行って、医者を呼ぶように指示します。

大丈夫だと言うレイナに、お腹の中の後継者のためなので従ってほしい、とエドハールは言いました。

エドハールに物怖じしてしまうなんて、まだまだだ、とレイナは思うのでした。

ガラスの温室の公爵夫人|6話のあらすじとネタバレ

久々に外出することにしたレイナは、使用人にコートを持ってくるように指示しました。

持ってきたコートの縫い目がほつれていることに気づき、注意します。

気づかなかった、急ぎの仕事があるので戻って良いかと聞く使用人。

部屋を後にした使用人は、こっそり笑っているのでした。

温室に着いたレイナは、過去になかった新しい温室になっていることに気づきます。

その時、もう帰るの、と誰かの声が聞こえ振り返りますが、そこには誰もいませんでした。

部屋に戻ったレイナは、使用人が持ってきた果物を食べようとしました。

なんと果物に、ハエがたかっています。

すぐに執事を呼び、さらに使用人をすべて呼び出し、今日を持って使用人は解雇だと伝えました。

奥様にそんな権限はない、と使用人たちは意義を唱えます。

レイナは、私もヒスビリアンの主だし、逆らう使用人は要らないと言いました。

執事のドノヴァンにも、私はあなたも信用していないけれど、ヒスビリアンに対する忠誠心を信じているだけだと言います。

そんなレイナを、まるで別人のようだ、とドノヴァンは思いました。

もしかしたら新しい風が吹くかもしれないと、、。

ガラスの温室の公爵夫人|感想と次回7話の予想

ぽち
ガラスの温室の公爵夫人 4話5話6話について読んでみた感想と次回の予想を書いてみたよ

たま
面白かったね〜^^さぁ〜次話がどうなるのか勝手に予想!行ってみよー

前世では、呪われた手で自分の子供を抱けなかったレイナ。

そのことが心残りだったためか、エルを身ごもった時期に戻りました。

よっぽど子供のことが心残りだったんでしょう。

自分の手で抱きたいけど、汚らわしい手で子供を触れないと思うレイナ。

そんなレイナの葛藤に、胸が痛みました。

戻ってきたレイナは、今度こそ自分の子供を守ると誓います。

いつの時代も、子供への親の愛情は絶対だと思いました。

エルが生まれる前から、子供が幸せになれるように手を尽くすレイナ。

未来を知っているレイナだからこそ、違う未来に書き換えてほしいものです。

まとめ

「ガラスの温室の公爵夫人」4話5話6話のちょっとネタバレを入れながら紹介してみました!

呪われた手でわが子を最後まで抱くことが出来なかったレイナ。

心残りだったためか、また子供を見ごもった時期に戻ってきました。

今度こそ、自分と子供を守ると誓うレイナは、生まれる前から手を尽くします。

使用人からも虐げられるレイナでしたが、今度は負けていません。

次はレイナが何を改革していくのかが、今後の見どころです。

前回 いまここ! 次回
3話 4話5話6話 7話


>>「ガラスの温室の公爵夫人」全話のネタバレはこちら!

おすすめの記事